WEBMARKS公式無料オンライン講座!たった3ヶ月でプロのWebマーケターになる方法!

突然ですが、あなたにはこんなお悩みがありませんか?

 

思い切ってIT業界に就職したい

今の仕事にやりがいを感じない

今後のキャリアについて考えると不安

場所や時間にとらわれずに収入を得るスキルを身に付けたい

将来的には独立して、自分で食べていける力を身に付けたい

将来食べるのに困らないスキルを身に付けたい

 

Webでのマーケティングができる人材を求める企業の声も高まり、今それにともなって、Webマーケターになりたいという人が急速に増えてきています

IT化の波ですね。

ただ、ちゃんとしたプロのWebマーケターになるためには、最低でも1年くらい勉強しないといけないんじゃないの?

と思われている人もいると思います。

が、しかし

全然そんなことはありません!!

Webマーケターという職業は、実は3ヶ月でもみっちり勉強すればそれなりの知識を持つマーケターになることは可能なんです

なぜWebマーケターになるのは3ヶ月で可能なの?

1ヶ月なんかでプロのWebマーケターになんてなれるわけがない!嘘だ!

と、思う人もいるかもしれません。

確かに、いきなり企業からバリバリ案件を獲得できるようなマーケターになるには、SEOや広告の知識の他にも入れるべき知識はたくさんあります。

なのでもちろん0から始めていきなり、というのは難しいかもしれません。

しかし、Webマーケターという職業はまだまだ世の中的には振興ジャンルです。

なのでいわゆる他の「専門職」とのハードルの高さで言えば、Webマーケターはとてもハードルが低いと言えます

年収1000万円を狙いに行こうと思えば、一般的にその年収を狙えると言われる医者や弁護士、会計士になるよりは、Webマーケターになる方が明らかに勉強時間も難易度も低いと言えます。

もし、1ヶ月でSEOの基礎について無料でみっちり学べるとしたら、あなたはどうしますか?

もしあなたがこれからWebマーケターになりたいなと思っているなら、『SEO』というジャンルはほぼ必須ジャンルになります。

それは世界一の企業「Google」が定めているマーケティング手法だからです。

しかし、そんなマーケティング『SEO』を、

たった1ヶ月で基礎知識をすべてマスターできる

としたら、あなたはどうしますか?

 

しかも、クライアントを10社以上抱える現役のマーケターから直接実質無料で指導してもらえるとしたら・・・・?

こんなチャンスは二度とないと言っても過言ではないと思います。

信じられない

怪しい・・

と言う気持ちはちょっと脇に置いておいて、まずはその方法だけ聞いておくだけでも価値になると思いませんか?

\無料相談特典がついてくる!/

なぜWebマーケターが注目されているのか?市場との関係

そもそもなぜ、このWebマーケターが今注目されているのでしょうか?

ひとことで言うと、需要が伸びているのに供給(人材)が不足しているからです。

インターネット広告市場がテレビ広告市場を抜きました

インターネット広告市場は、2000年頃から急速に成長をし始めました。

以下は2000年から2018年までのインターネット広告市場の推移ですが、規模が爆発的に増えていることが分かるでしょう。

引用:2018年のインターネット広告媒体費は1兆4480億円に。モバイル+動画広告の伸びに注目|電通報

また、2019年には、ついにインターネット広告の市場がテレビ広告市場を抜きました

テレビ・WEB広告のデータ

引用:2019年 日本の広告費|電通

インターネット広告は従来のテレビ広告とは違い、狙ったターゲットにピンポイントで広告を届けられます。また、その広告が実際にどれくらいの効果を出してくれているのかを正確に計測することも可能です

今は若い人を中心に「テレビ離れ」が進んでおり、テレビを見るよりネットを見る時間の方が長いという人が増えてきています。

そういった背景から、今後もインターネット広告市場が伸びていくことは間違い無いでしょう。

ここで注目されているのがWebマーケターという職業です

先ほど触れたように、インターネット広告は従来の広告よりも多角的なアプローチが可能です。一方で、広告の打ち方は多種多様で、最適なアプローチをするのは難しいといえます。

また、インターネット広告は比較的安価なので、戦略も立てずに広告を出稿してしまい、広告費をかけにもかかわらず全く効果が得られないというケースも多いです。

そういったリスクを回避するために、広告やマーケティングの効果を最大化し、広告主の利益に貢献するWebマーケターが注目されています。

Webマーケターの年収

Webマーケターの需要が高まってきていることもあり、平均年収は他の業種と比べても高い傾向にあります。

出典:doda

2015年8月に行なったdoda社の調査によると、Webマーケターの平均年収は541万円となっており

サラリーマンの平均年収441万円(2018年国税庁調べ)よりちょうど100万円高いことがわかります

Webマーケター(会社員)の平均年収

20代:300~450万円

30代:450~600万円

40代:600~800万円 

Webマーケターはまだまだ人材不足!?

Webマーケターの年収が、一般職種と比べて100万円ほど高い理由の一つに人材不足が挙げられます。

みなさんは『Webマーケター』と聞いて、実際にどんな仕事をするのか具体的にイメージできるでしょうか?

おそらくほとんどの人が「なんだかよくわからない」という印象を抱くと思います。

つまり、それほどWebマーケターという職業は一般的には認知が広まっていないということです。

Webマーケターはエンジニア以上に馴染みがない分、目指そうとしている人もまだまだ少ないです。こういった状況は、Webマーケターを目指す人にとってチャンスだと捉えられます。

\無料相談特典がついてくる!/

Webマーケターは初心者からでもなれる?

「Webマーケター」という名前を聞いた時に、こんなイメージはないでしょうか?

  • なんだか難しそう
  • どんな仕事をするのかよくわからない
  • 自分にできるか自信がない

確かに、「マーケティング」という言葉は難しく聞こえますし、事実Webマーケターになるのは簡単なことではありません。

しかし、今Webマーケティング市場は成長段階にあり、経験者であれば引く手数多です。

人材が不足しているため、多くの未経験求人が出ています。

今からでも知識や経験を積み重ねれば、十分Webマーケターになることは可能です。

Webマーケターの6つの特徴

Webマーケターは他の業種と比べて需要があり、年収も高いことは先ほど紹介しましたが、それ以外にもいくつかメリットがあります。

Webマーケターは「Web」を主戦場とした仕事なので、オンラインで完結する業務が多くなります。その分、リモートワークへ移行しやすいです。

実際に私の知り合いには、フルリモート・フルフレックスで働いている人もたくさんいます。

これからの時代、リモートワークはより一般化していくことが予測されます。リモートワークを導入している会社のWebマーケター求人も、今後さらに増えるでしょう。

在宅で通勤の手間なく、また旅行をしながらでも仕事ができます

また、Webマーケターとして就職した場合、そこで培ったスキルを応用すれば、副業で案件を受注していくことも可能です。

個人がWebマーケティング案件を受注できるプラットフォームや、仕事を紹介してくれる代理店(エージェント)も存在するため、高単価の案件を受注していくこともできるでしょう。

働き方は年々多様化しており、スキルさえ身に付ければ、人生の自由度は着実に上がっていきます

\無料相談特典がついてくる!/

未経験・初心者からWebマーケターになる方法は?

Webマーケターという職業は、需要の伸びに対して、まだまだ認知度の低い職種です。

そのため、十分な知識やマーケティングスキルを持っているWebマーケターは不足しています。

知識やスキルをしっかり身につければ、未経験からでもWebマーケターになることは可能です。

特に20代であれば、未経験でもWebマーケターとして就職、あるいは独立できる可能性は十分にあります。

もっとも確実なのはスクールに通うこと

未経験からWebマーケターを目指す場合、次のような方法があります。

  1. 独学で勉強する
  2. 自分でサイトを立ち上げてみる
  3. 就職する
  4. スクールで学ぶ

ただ、もっとも確実な方法はスクールに通って勉強し、体系的に知識を身につけることです。

理屈はプログラミングを学ぶのと同じです。

独学で学ぶのでも良いですが、効率が悪く、挫折する可能性が高くなります。また、独学で実践的な経験やスキルを身に付けるのは難しいです。

例えば、Webサイトを立ち上げたとしても、月に5,000円以上の収入を得られる人は全体の5%と言われているくらいハードルは高いです。

就職して1からスキルを身につける方法もありますが、未経験からいきなりWebマーケターとして就職するのはハードルが高いでしょう。未経験のWebマーケターを雇う場合、企業は育成から行わなければいけないからです。

また、運よく就職できたとしても、スキルのないうちは不利な条件で働かなければならない可能性もあります。

1からスタートする人は特に、「スクールなどで体系的に知識を身につけてから就職する」というステップを歩むのが最も再現性が高いでしょう。

WEBMARKS限定の公式LINEでWebマーケターになる方法を7日間で伝授します!

WEBMARKSには、より多くの優秀なWebマーケターを育てたいという思いがあります。その理由は、ここまで説明したようにWebマーケターという選択肢は、人生をより豊にするからです。

WEBMARKS公式LINEでは、7日間で未経験からでもプロのマーケターになる方法を伝授させていただきます!

\無料相談特典がついてくる!/

今すぐ無料カウンセリングを受けたいと言う方は!!

これからWebマーケターになることは決定済みで、どうやってWebマーケターになればいいのか早めに知りたい!と言う方は、無料面談も実施しております。

まず、LINEにご登録いただいた上で、下記フォームにお申し込みください。

\プロのマーケターになる方法がわかる!/

\11/15(日)に募集締め切り!/

この無料カウンセリングでは、現役のWebマーケティンググループの代表が、現在のあなたのお悩みにもお答えします!

お申し込みまでの流れ3ステップ!

今回、無料カウンセリングに関しては、10名を超えた時点で一度締め切らせていただきます!

また、12月からSEOマーケター養成講座をスタートさせるため、募集期間は10/31(土)までとなります。

無料カウンセリングをご希望の方はお早めにお申し込みください!

\11/15(日)に募集締め切り!/

今がチャンス!Webマーケターの需要は急増中!

需要が増えれば共有もそれに伴って増えていきます。事実、エンジニアになる人は2008年の79万人から増えてきており、ここ10年間で30万人も増加しています。

出典:総務省「労働力調査」

それに伴い、厚生労働省の調査によると、2013年から2018年にかけてで、有効求人倍率が1.3倍から2.61倍に跳ね上がっています。これからもエンジニアやマーケターの需要はまだまだ伸び続けるため、しばらくはまだ人材不足は続くと思われますが、何れにしても人が増えている分、競争は激しくなるのは自明です。

これは当然、エンジニアに限ったことではなく、Webマーケターにも起こり得ることと言えます。今はまだあまり認知されていないWebマーケターという職業も、これからの市場の拡大に伴って増えることが予測されます。

Webマーケターになりたいと思っているのであれば、今がチャンスです。

ぜひこのチャンスを逃さないように、まずは情報を受け取ってみてくださいね!

\無料相談特典がついてくる!/

\11/15(日)に募集締め切り!/