WEBMARKS代表の鈴木の1日のスケジュールを公開

こんばんは。WEBMARKSの鈴木です。

今日はWebマーケターという職業をイメージしていただくために、僕の1日の過ごし方について、簡単に紹介したいと思います。

もちろん毎日こういうスケジュールで動いているわけではありませんが、参考程度に見ていただければ幸いです。

Webマーケターとしての1日

それでは、普段のWEBMARKS代表、フリーランスマーケター鈴木の1日の例を出して見ました。

朝6時半起床

朝はだいたい6時半くらいに起きます。

家が海辺に近いので、朝サーフィンをしないときはそのまま散歩したりすることもたまにあります。

8:00~10:00 サーフィン

僕が住んでいる湘南地域では、サーフィンが盛んに行われています。

僕も例に漏れずサーフィンが大好きで、1週間のうちの半分は朝サーフィンに出かけるほどです。

サーフィン自体がとても楽しく、朝のリフレッシュに最適であるということもあるのですが

それともう一つ、サーフィンをやっている方で経営者の方や事業家の方って結構多いんですよね。

なので、そういったコネクションを作るきっかけとしてもサーフィンを活用しています。

10:00~12:00 メールチェック

サーフィンを終えて家に帰ってきたら、クライアントや見込み顧客からのメールをチェックし、返信します。

12:00~13:30 休憩・昼食など

その後昼食、お昼休憩などをとります。

お昼ご飯を食べながらそのまま仕事をしたりするときもあるので、そういう場合は近くの海辺沿いのカフェなどで食事をしつつ、業務や打ち合わせなどを行います。

13:30~15:00 クライアント対応

お昼過ぎくらいからは大抵クライアントとの打ち合わせを入れてあるので、そちらに時間を使います。

 

15:00~16:00 散歩

時間がある時は15時過ぎくらいに海沿いを散歩したりします。

歩いていると思考が整理されて、仕事にも活かされることが多いんですね。

流石に時間がない時はできないですが、リフレッシュとして散歩やランニングはとってもオススメです。

16:00~18:00 ミーティングなど

昼過ぎくらいからまたミーティングを行います。

多い時には1日に10件以上打ち合わせが入るときもあるので、1日中ずっと打ち合わせをしている日もたまにあります。

それだけお仕事をいただけるというのは大変ありがたいことなんですが、話しすぎて口がパサパサになることもあります。(笑)

18:00~20:00 休憩・夕食など

18時過ぎくらいから休憩と夕食を済ませます。

あと時間がある時は毎週水曜日に温泉に行って、そこで作業することも多いです。

僕が住んでいる地域が湘南なので、箱根の温泉が近くにあるのでしょっちゅう足を運んでいます。

20:00~22:00 マーケティング本・読書

夜寝る前は本を読んだりしてなるべくインプットをするようにしています。

マーケティング業界は情報の移り変わりも激しく、常に新しい情報は入れ続けないといけません。

そのため、インプットは欠かせないんですね。

もとから本を読むのは好きで、SEOの本は200冊以上読んでるので、全然苦ではないので大丈夫ですが。

 

1日の流れとしてはだいたいこんな感じです。

もちろん最初からこんなに悠々自適な感じで仕事ができているわけではありませんでした。

最初はクライアントの依頼通り、成果を出すために必死で勉強しながら進めて行った時期もありましたし、時には営業をかけまくって何百通もメールを送りまくったことだってありました。

ただ、その甲斐あって今はある程度任せられることは人に任せつつ、自分は営業活動やクライアントとの打ち合わせをメインの業務として進めることができるようになってきました。

まだまだこれからなので、もっと頑張っていく予定ですが、一応今の僕のマーケターとしてのスケジュール感をお伝えさせていただきました。

今からフリーランスマーケターになれば、いきなりこんな生活!という意味ではないですが、参考としてこういうライフスタイルもあるよ、ということで参考にしていただければ幸いです。

それでは、今度は

Webマーケターになる本当のメリットとデメリットを、現役Webマーケ会社の代表が語る

Webマーケターにあなたがなりたい理由を改めて考えよう

こちらの上の記事のチェックと、下のアンケートフォームへの回答をお願いしますね!

下記アンケートフォームにご回答いただけた方は、私鈴木自身が直接あなたと面談を無料でさせていただきますので、ぜひともご応募ください!

これからの仕事の悩み、不安、Webマーケターになるための方法について、なんでも聞いてください。

ではでは!