WEB制作(WordPress)

【超簡単!】WordPressウィジェット設定で重いサイトを高速化

WordPressウィジェット最適化の見出し

WordPressでサイトを運営している人には、何かと便利な「ウィジェット」。知識がなくても、かんたんにSNSボタンや人気記事を配置できるので、ついつい配置数が増えてしまいがちです。

しかし、ウィジェットが、あなたのWordPressサイトを重くしている可能性があります

teru
teru
今回は、ウィジェットを最適化することで、利便性を保ちつつ、サイト表示速度を改善する方法をご紹介します。

WordPressサイトを重くする理由

WordPressウィジェット最適化の見出し

あなたのサイトが重くてお困りであれば、サイト内で処理している情報量を減らすことで、表示速度を改善できる可能性があります。ページ内で読み込む画像や、プログラムを減らすということです。

ウィジェット内で、SNSボタン、人気記事などを表示させるには、処理する情報量がどうしても多くなります。ウィジェットが多ければ、その分だけ情報量が増え、WordPressは重くなってしまいます

ウィジェットの数を減らすことで、処理する情報が減り、サイト表示速度が早くなります。特に理由がなく入れているウィジェットは、削除してしまいましょう。

ウィジェットの貢献度をツールで計測する

WordPressウィジェット最適化の見出し

ウィジェット数を減らしたほうがいいのは理解できたけど、どれが不要なウィジェットか判断できないという方は、ツールでウィジェットの貢献度を計測してみましょう。

ウィジェットのクリック率を調べて、その結果をもとに削除するかどうかを判断します。

今回は2つのツールをご紹介します。

ヒートマップを使って調べる

ヒートマップとは、サイトの訪問者がページ内で、どこをどれくらい読んだか、どこをクリックしたかを、ビジュアルで分析してくれるツールです。

WordPressでおすすめのヒートマップは「UserHeat」です。

WordPressウィジェット計測用ヒートマップツール
UserHeatのいいところ
  • 無料で使える
  • 分析の種類が豊富
  • スマホの分析もできる
  • 使い方がカンタン
UserHeatのキャプチャ画像

「クリックエリア分析」を使えば、サイト訪問者が、どこをクリックしたかが視覚的にわります。ウィジェットが、どれくらいクリックされているか確認し、サイトに貢献できているかを判断しましょう。

UserHeatの導入手順は、公式サイトから確認できます。

Googleアナリティクスを使って調べる

サイトの訪問者の動きをより詳しく知りたいときは、Googleアナリティクスを使います。

Googleアナリティクスは、Googleが提供する無料のアクセス解析ツールです。サイト訪問者数、サイトへの流入経路、サイト滞在時間など、あらゆるデータを計測することができます。

Googleアナリティクスについては、過去の記事でご紹介していますので、以下を参考にしてください。

Googleアナリティクス解析でできること=アクセス10倍?
【アクセス10倍?】Googleアナリティクス解析でできること!Googleアナリティクス解析は意外に扱いづらく難しいものです。メニュー項目も多いし、何から解析したらいいかわからない、といった方も多いはず。そこで、「Googleアナリティクス解析でできること」について詳しく解説していきます。...
アクセス解析のイメージ
Googleアナリティクスの指標を理解しよう!基本の7つを解説!PV、セッション、直帰率・・・。アクセス解析の用語に慣れるのは初心者にとっては一苦労。しかし、アクセス解析において指標の理解は必須。今回はWebサイト運営者ならマスターしたい「Googleアナリティクス」の指標をわかりやすくご説明していきます。...

ウィジェットを最適化する

WordPressウィジェット最適化の見出し

サイトを運営する上で、どうしても外したくないウィジェットについては、設定や設置場所を最適化してあげましょう。

処理数を減らしたり、処理するタイミングを遅らせることで、サイト表示速度を改善することができます。

今回は、大きく3つに分けて、ウィジェットの最適化方法をご紹介します。

1.人気記事系のウィジェットを最適化する

人気記事系のウィジェットは、サイト内の回遊率(サイト内をあちこち行き来してもらうこと)を上げる効果があります。

しかし、複雑な処理が必要なので、サイトが重くなる原因になります。処理を軽くするために、以下を見直しましょう。

  • 表示数を5件以下にする
  • データ保存期間の上限を設定する
  • データキャッシュを有効化する

この記事では、人気記事系の有名プラグイン「WordPress Popular Posts」を例に設定します。

WordPressの管理画面から「設定」→「WordPress Popular Posts」を選択。

WordPressウィジェット設定

「ツール」をクリック。

WordPressウィジェット設定

「データ」という項目がありますので、上記画像の赤枠の通りに設定してください。データ保存期間は、30日で設定しました。

2.SNS系ウィジェットを最適化する

TwitterやFacebookなどのSNSボタンも、読み込みに時間がかかりますので、最適化してあげます。

いいねのカウントをやめる

SNSシェアカウントは、各サービスに高頻度でアクセスするため、サイトが重い原因になります。「いいね」のようなシェアカウントはやめて、リンクのみにしましょう。各プラグインやテーマ標準で装備されている項目から設定できます。

タイトル下にSNSウィジェットを置かない

タイトル下は、ファーストビューと呼ばれるエリアにあたり、ページの最初に表示される部分です。

ファーストビューの表示速度は、サイト表示速度に大きく関係していると、Googleが公式に発表しています。以下、公式からの引用です。

ページ読み込みを速くするため、スクロールせずに見えるページ範囲のコンテンツの表示に必要なデータ(HTML マークアップ、画像、CSS、JavaScript)のサイズを制限します。

スクロールせずに見える範囲のコンテンツのサイズを削減する  | PageSpeed Insights | Google Developers

ファーストビューをできるだけ早く表示させるために、タイトル下にSNSウィジェットを配置することは避けるべきです。SNSウィジェットは記事終わりに移動させましょう。

3.トップページのウィジェットを最適化する

サイトのトップページは、特にアクセスが集中します。できるだけ軽くしておくために、ウィジェットを最適化します。

トップページのウィジェットは、「フッターのみ、SNSボタンは配置しない」のがオススメです。

トップページのウィジェットを減らすことは、ユーザービリティの観点からも効果的です。

そもそもウィジェットは、ユーザーに選択肢を提供することで、回遊してもらための工夫です。しかし、トップページにウィジェットが多すぎると、選択肢が増えて、ユーザーを迷わせることになります。その結果、「見づらいサイト」が出来上がってしまうのです。

トップページはできるだけ導線をわかりやすくし、個別記事のウィジェットから回遊率を上げるほうが、サイト表示速度的にも、ユーザービリティ的にも効果的です。

まとめ

WordPressウィジェット最適化の見出し

ウィジェットは処理する情報量が多いので、サイト表示を重くする原因になります。今回ご紹介した最適化方法をまとめると下記のようになります。

  • 不要なウィジェットは削除する
  • 判断に迷うウィジェットは、ツールで貢献度を測定する
  • 必要なウィジェットは、設定や設置場所を修正して、処理を軽くする

重くなってしまったWordPressサイトを改善する方法は、他にもたくさんあります。以下の記事に具体的な方法がまとまっていますので、あわせて読んでみてください。

【Google Speed Update】サイト表示速度を上げるために必要な施策サイトの表示速度を向上させる方法には多くの方法があります。しかし、全て対応するには膨大な時間と手間がかかります。まずは、この記事でお伝えすることから取り組みを始めてみましょう。...
ABOUT ME
テル(webmarksライター)
テル(webmarksライター)
WEBエンジニア / プランナー。食品メーカーで営業、WEBディレクターを経験。人手不足により、サイト制作や広告運用など、幅広く兼務するうちに、ECサイト運営スキルを一通り身につける。Amazon出店時には、10ヶ月で月商7桁達成。2019年に独立。人にキャリアを考えてもらう「キャリアブレスト」の企画も行っている。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST