Webライティング

取扱注意!Webライティング能力検定のメリットとデメリットを解説

Webライティング検定のイラスト

Webライターという仕事が広く知られ、仕事の獲得に役立つとされるようになったのがWebライティング能力検定です。

ただし、このWebライティング能力検定の効果には賛否両論があり、初心者ライターが受けるべきかを思い悩むケースも少なくありません。

この記事では、そもそもWebライティング技能検定がどんなものなのかを解説し、メリットとデメリットをわかりやすく紹介していきます。

メリットとデメリットをしっかりと把握することで、Webライティング技能検定をより有効に活用できるでしょう。

結論を述べると、Webライティング能力検定が仕事に直結するわけではない!

そもそもWebライティング検定ってどんなもの?

Webライティング技能検定の勉強

検定を主催する日本Webライティング協会のホームページでは、次のようにWebライティング能力検定の効果を表現しています。

ビジネスにおけるウェブライティングから、SNSの投稿や個人日記にいたるまでジャンルを問わず、信頼性の高い文章を書くことができれば、大きな恩恵を受けることができます。

Webライティング能力検定®より引用

Webライティングに必要なスキルにはさまざまな要素がありますが、なかでも信憑性の高い文章を書くことに特化しているのがWebライティング能力検定の大きな特徴と言えます。

Webライティング能力検定のメリットとデメリットを徹底比較!

Webライティング能力検定を受けるライター

ここからは、Webライティング能力検定のメリットとデメリットを解説していきます。

Webライティング能力検定には、確かなメリットがあります。

ただし、受講するだけで成果を獲得できるわけではないという点には注意が必要です。

メリット:Webライティングに関する知識を学べる

Webライティング能力検定は、Webライティングの知識を学べる絶好の機会です。

日本Webライティングが主催していることもあり、間違えのない情報を学びたい初心者ライターであれば必要な知識を身につけられます。

セミナー形式でWebライティングの基本を、一から学べる場はそう多くないため、仕事を始める前にベースを固めたいという方には特におすすめです。

デメリット:具体的な対策を学べるわけではない

基本的な知識を身につけられるWebライティング能力検定ですが、具体的な対策を学べるわけではありません。

Webライティングに必要なSEOの考え方や、間違えのない情報の集め方を知ることができるものの、多くのユーザーを惹きつける方法を提供してくれる場ではありません。

また、自分のブログで伝えたい情報を発信しているライターが主催する、刺激的なセミナーとはタイプがかなり異なる点には注意が必要です。

すでに自分でブログを運営している方や、フリーランスとしての活動を開始している方にとっては少し物足りない内容に感じられてしまうかもしれません。

WEBライティングに必須!SEOの基本を確認したい方はこちらをチェック

SEO対策に効果的な文章の書き方とは?6つのポイントをご紹介

デメリット:仕事に直結するわけではない

ライター初心者のなかには、Webライティング能力検定を仕事を獲得するために受講する方もいますが、残念ながら受講したことがアピールポイントになることはあまりありません。

Webライターには日本語検定ビジネス著作権検定といった、信頼に直結する検定もいくつかあります。

しかし、Webライティング能力検定が、SEOの基本的なスキルを提供する検定であることが知られているため、クライアントの信頼感に繋がりにくいものであることは理解しておきましょう。

Webライターになる秘訣を知りたい方はこちらをチェック!

【初心者必見】フリーランスのライターを目指すあなたへ!

Webライティング検定が提案するスキルが正しいとは限らない…

転職エージェント大手のマイナビクリエイターでは、ライターが備えておくべきスキルを次のように表現しています。

個人のブログから企業や公的機関が運営する大規模サイトまで、Webにはありとあらゆるスタイルのコンテンツがあります。そのクリエイティブにおいてライティングを担うのがいうまでもなくWebライターの役割です。

Webライターが自身の価値を高めるために身に付けるべきスキルとはより引用

Webライティング能力検定では、信憑性のある文章がクライアントの信用に繋がると表現していますが、WebライターにはWebライティングに関する、さらに広い理解が求められます。

Webライティング能力検定で確かな情報源を選ぶ能力を獲得し、仕事をこなしていくなかでクライアントの要望に忠実に応えるスキルを身につけるという2つのステップが必要となります。

まとめ

Webライティング能力検定はSEOの基礎を学び、確かな情報の集め方を学べる絶好の機会です。

ただし、Webライティング能力検定を受講したことが、クライアントへのアピールポイントになることは少ないと理解しておきましょう。

あくまでもWebライティング能力検定は、ライターの基礎となる知識を身につける場です。

ライター初心者が受講する場合には、SEOの基礎と確かな情報の集め方を知ることを目的とし、クライアントが手がけるコンテンツをより魅力的にするために活用する意識が求められることを理解しておきましょう。

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST