育成プログラム

Webマーケティング業界の将来性と動向を解説【2021年版】

webマーケティングの将来性

WEBMARKSのWebマーケター養成スクールの講義で度々「Webマーケはまだまだ熱い」という話題になります。これは、現役マーケターである弊社代表・鈴木の現場感に基づくだけでなく、実際にWebマーケティング業界の動向やデータを踏まえて話していることです。

本記事では、Webマーケティングが将来性がある業界と言われる理由、領域別のトレンド、Webマーケターの年収・働き方の実態に迫ります。

Webマーケティング業界は、すでにWebマーケターとして活躍している人はもちろん、Webマーケティング未経験者にもとても希望のある業界です。これからWebマーケターを目指す方はWebマーケティング職に未経験からなるには?3つの方法を解説も併せてお読みください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングは将来性が期待される業界

webマーケティングは期待される業界Webマーケティングが将来性ある業界だという理由は、市場の拡大にあります。実際に矢野経済研究所や電通による調査でも、市場規模は右肩上がりで、成長業界であることが明らかになっています。

右肩上がりということは、企業がWebマーケティングに予算をかけているのと同時に需要が年々高まっていることを意味しています。

Webマーケティングは今後も市場の拡大が見込まれる

Webマーケティングは年々成長している市場です。電通の調査でも、インターネット広告市場は右肩上がりに成長しており、2019年には2兆円超の規模へと成長していることが発表されました。

市場拡大の要因は、スマートフォンの普及であることは想像に難くありませんが、その他にも検索連動型広告やインフィード広告、動画広告など広告の種類も多様化していることが挙げられます。

また、SEO市場においても、年々成長を続けてきました。インターネット広告費と比較すると売上規模を算出するのが難しい領域ですが、オプトグループのクロスフィニティによると2014〜2018年で毎年10%前後の成長があったと発表されています。

2015年のデバイス別検索数でスマートフォンがPCを抜き、スマートフォン向けサービスに関連して予算を投下する企業が増えているためです。

インターネット広告費は右肩上がり

ここ数年、広告市場は拡大傾向でしたが、2020年の新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴い、2011年の東日本大震災以来のマイナス成長となりました。

インターネット広告費出典:「2020年日本の広告費」|電通 ※掲載データから作成

広告市場全体はマイナス成長であったにも関わらず、インターネット広告については前年比106%と右肩上がりのトレンドのままでした。また、マスコミ四媒体と言われる、新聞、ラジオ、雑誌、テレビの合計広告費とほぼ同規模まで成長したとのデータがあります。

Webマーケターの需要も高まっている

どの業界でも同じですが、市場の拡大と共に高まるのが人材の確保です。Webマーケティングも市場成長により、Webマーケターの需要が高まるのは必至です。

Webマーケティング業界は、未経験であっても、的確なステップを踏めば挑戦できる業界なので、気になる方はWEBMARKSにお問い合わせください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティング領域別の成長性

領域別の成長性Webマーケティングは成長著しい業界です。領域別にも動向が異なります。背景には、スマートフォンの普及、それに伴うプラットフォームの盛り上がり、技術の進化などさまざまな要因があります。

近年のトレンドや将来性も踏まえて、解説します。Webマーケターとしてどの領域を主軸とするのか、イメージしながら読んでください。

YouTubeやSNSマーケティングは伸び盛り

Webマーケティングの中で将来性のある領域といえば、YouTubeやSNSは外せません。プラットフォームの盛り上がりと連動して、企業が動画広告やSNS広告に予算を投下していることが理由です。

「共感マーケティング」というマーケティング手法にも象徴されるように、誰が、どの企業が、発信している情報なのか重視される時代となりました。YouTubeやSNSから消費を促す傾向は今後も続くと考えられています。

SEOは需要も高いが難易度も高い

Webマーケティングといえば、Web広告と並列してSEOを想起する人も多いでしょう。人々が検索エンジンを使って、情報を検索する限り、SEOは必要とされる領域です。つまり、検索エンジンが普及した時代から現在、未来において、SEOの需要は常にあると考えられます。

ただし、Webマーケティングの他の領域と比較すると、以前から需要があり、対策され、知見も広まった現在、難易度が上がっていることは否めません。

とはいうものの、検索エンジンで上位表示されると集客や売上に大きな効果をもたらすので、衰退することはありません。どの企業も力を入れて取り組んでいる領域です。

インターネット広告は変わらず右肩上がり

電通の最新データでもインターネット広告は右肩上がりで成長していました。新型コロナウイルス感染症拡大の年であっても、成長し続けるインターネット広告のパワーに驚きと確信を感じた人も多いのではないでしょうか。

Webマーケティングスクールにおいても、インターネット広告に特化したプログラムを組んでいるところもあり、注目度の高さを感じます。

Webマーケターの平均年収相場

webマーケターの平均年収Webマーケティング業界は将来性があり、熱い業界だと理解したところで、気になるのがWebマーケターの年収です。

Webマーケターは全体平均と比較すると年収が高い傾向です。また、フリーランスとして独立すると会社員より格段に収入が高くなります。年収相場の実態と、年収を引き上げていくコツについて解説します。

年齢別の平均年収とは

dodaの平均年収検索機能を用いて、マーケティング職の年収をまとめました。

20代:389万円
30代:521万円
40代:613万円

同じ機能を用いて、全体の年収をまとめたところ、下記のようになりました。

20代:348万円
30代:444万円
40代:510万円

Webマーケティング職においては、他の職種より高い傾向にあるといえます。

フリーランスWebマーケターは実力次第

一方で、フリーランスのWebマーケターの場合は事情が異なります。フリーランスの場合、案件ベースで仕事を獲得していくため、案件量を増やせば必然的に収入も上がります。

また、実績が上がれば、時間単価も上がります。そのため、案件量×時間単価で考えると、実質的には青天井となります。

フリーランスWebマーケターの年収が実力次第と言われている理由がここにあります。

フリーランスのメリット・デメリットについては下記の記事も参考にしてください。

ワークライフバランスを取ることも可能

フリーランスのWebマーケターと話すと、一定数「時間も収入も自分でコントロールできる」という点を魅力に挙げる人がいます。フリーランスは自分で案件を受注するため、仕事に割く時間を自分で調整することができるのです。

また、近年はリモート勤務で受注できる案件も増加しており、ワークライフバランスを取りやすい職種の1つです。

企業に勤務していたWebマーケターが独立する背景には、収入・時間・働き方などでフリーランスに魅力があるためです。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

まとめ:Webマーケティング業界は将来性あり!

Webマーケティング業界は市場が拡大しており、将来性のある業界です。SEOやインターネット広告だけでなく、SNSなど周辺領域にも盛り上がりを見せているのは言うまでもありません。

Webマーケターは企業はもちろん、フリーランスとしても働くことのできる職種です。実績を積み重ねれば、活躍の場が広がるだけでなく、収入も上げていくことができます。

市場の成長と共に、人材の需要も高いので、興味を持っている方はWebマーケターに向けて行動を起こしましょう。

Webマーケター養成スクールへのお問い合わせはこちら
お問い合わせお待ちしています。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/