30代・実務未経験者がWebマーケターへ転職するためには?

webマーケター

30代になり、「転職を考えた際に未経験でWeb業界に転職は可能だろうか」「未経験で転職を成功させるためにしておくべきことはなんだろう」と考えたことはありませんか。

この記事では、筆者が未経験でWeb業界で働くために行った、実際の学習方法を説明します。

海外サイトが実際に計測したデータをもとに分析したため、30代未経験でWeb業界へ転職するためにやるべきこと、具体的な方法も紹介します。最後まで読んで、30代未経験からWeb業界への転職を成功させましょう。

30代の未経験Webマーケターでもニーズはある

30代未経験でもWebマーケターの需要は存在します。未経験で求められることはWebマーケティングの知識だけではなく、これまでに培った社会人としての経験やスキルです。

今回は大きく分けて「ロジカルシンキング力(論理的思考力)」「Officeソフト(Word・Excel・PowerPoint)スキル」「コミュニケーション力」の3つを紹介します。紹介する3つのスキルを持ち合わせている方はWeb業界に転職できる可能性が高いです。

ロジカルシンキング力(論理的思考力)

ロジカルシンキングとは、物事を体系的に整理し、矛盾なく筋道を立て、理論に当てはめて、筋道が正しいのか実行・検証することです。

Webマーケティングは、課題の発見、仮説立案、施策実行、改善、再度実行とPDCAをスピーディーに回し続ける必要があります。

顧客がWebサイトを通じて達成したい目的をどのようにしたら達成できるのかをデータや計測した数値から分析して施策を実行します。

ロジカルシンキングは、普段のWebマーケティング以外の業務で行っているでしょう。

例えば、営業職の仕事で、もともとは商品に興味を持っていなかった顧客に対して商品を販売するために顧客一人一人にあった営業トークを考えます。

営業トークにより、顧客は興味のなかった商品を購入することになります。興味のなかった商品を販売する流れを考えることもロジカルシンキングの1つです。

そのため、Webマーケティングの専門知識はなくとも、普段行っている業務での考えをアピールすることが大切です。

普段から課題の分析が得意な人にとっては、Webマーケティングは向いているかもしれません。

Officeソフト(Word・Excel・PowerPoint)スキル

Webマーケティングは、施策の実行後にデータをまとめて分析をします。実行後のデータをいかに必要な形にまとめられるかで分析作業の効率が変わってきます。

また、施策の実行結果を顧客に伝えるため、分析したデータで資料を作成します。その際に、Officeソフトのスキルが必須です。

例えば、Excelで関数を駆使してデータをまとめられるスキルや、顧客に伝わりやすい資料をPowerPointで作成できるスキルはWeb業界で重宝されます。

コミュニケーション力

Web業界にいると、パソコンの前で作業することが増えてパソコンとの格闘がメインになると考える未経験者の方がいますが、マーケティングは1人で完結する仕事ではありません。

複数の人とチームを組み、1顧客の課題を解決します。そのため、チームメンバーとの円滑なコミュニケーションや顧客への施策の説明ができる人材が求められます。

30代未経験・Webマーケターへ転職するデメリット

どの業界にも未経験で転職を行うことでデメリットは存在します。なかでもWeb業界にあてはまるデメリットが下記3つです。

  • 業界の変化が速い
  • 年収が下がる可能性がある
  • 常に数字で成果が求められる

詳しく3つのデメリットを説明します。

業界の変化が速い

Webマーケティングはまだできたばかりの業界です。そのため常に新しい技術やツールが登場します。

半年前まで、使っていたツールがバージョンアップにより使えなくなり、新しいツールを導入することは日常茶飯事です。

また、顧客から最新の情報を聞きたいと要望があることもあり、常にインプットをしていかなければ、信頼を失うことにつながります。

新しい情報のインプットとアウトプットが好きな方に向いている業界です。

年収が下がる可能性がある

Web業界だけではなく、全ての業界で共通していますが、未経験者での転職は給与が下がる可能性があります。

現在と同じ水準で給与を頂きたいと考えるなら、予め現在の仕事でWeb業界で必要になるスキルをつけてアピールをしましょう。
もちろん、すぐに給与が上がるわけではありませんが、現段階での水準に早く近づけます。

しかし、給与面だけではなく、仕事場の雰囲気や、実務にどれだけ関われるのか、将来自分がやりたいと考えている業務に携わることができるのかといった環境を重視して転職を考えた方が生涯の賃金は上がる可能性が高いです。

常に数字で成果が求められる

Webマーケティング職は、データを分析して、集客を行ったり、売り上げを上げる責任者です。

施策から目的である売り上げまでの過程が全て数字として算出されます。それだけに成果がはっきりと分かり、成果のあがらないマーケターは顧客の信頼を失います

反対に、数字で成果が分かるため会社での評価は従来の企業に比べて評価基準が分かりやすい良さもあります。

30代未経験・Webマーケターへ転職するメリット

未経験で転職を行うことのデメリットも存在しますが、デメリットを上回るWeb業界だからこそ存在する3つのメリットが下記です。

  • 専門スキルが身につく
  • 学歴・業種・業態関係なくスキルが役立つ
  • テレワーク等の現代にあった働き方ができる

詳しく3つのメリットを説明します。

転職を考えている方はデメリットとメリットを見比べて冷静に転職を行うべきか考えてください。

専門スキルが身につく

最新のスキルをお金を頂きながら身につけることが可能です。

昨今ではSEO対策やデジタル広告、SNS広告、YouTube広告など新しい集客方法が日夜進歩しています。

Web業界にいないと触れることもなかったスキルに触れることができ、さらに実務に必要な優先度の高いスキルから学べます。

実務に即してスキルが身につくため世間で注目を浴びているが実際の業務とは結びついていないスキルの判断もつくようになります。

その結果、日に日にスキルアップを感じることができ、無駄な学習コストを割くことにもつながります。

学歴・業種・業態関係なくスキルが役立つ

Webマーケティング職のスキルは他の業界・業態でも活かせます。

例えば、集客に力を入れたい企業のマーケティング担当になった場合を集客をするためには何を行えば良いのかといったWeb以外のオフラインのマーケティングもできるスキルを身につけことができます。

Webマーケティングスキルは、マーケティングのスキルであるためオフライン・オンライン関係なく共通してスキルが役立ちます。

また、Web業界が新しいこともあり、学歴がない方でも学歴が必要な職種である医師や税理士等と同等の給与を手にすることも可能です。

テレワーク等の現代にあった働き方ができる

昨今話題でもある、テレワークもWebマーケティング職なら可能です。Webマーケティングの業務は、インターネット上で完結する仕事が多く、さらに顧客との打ち合わせもオンラインツールで可能です。

そのため、地方に移住したい方や地元に帰っても仕事を続けたい方など各々にあった場所での働き方が可能です。

また、Webマーケターの人材不足により副業でも案件の獲得が見込めます。Webマーケティングのスキルを持ち合わせることで複数の企業で仕事を行うことができ、マーケターとして多くの経験を積めるようになっています。

Webマーケターの仕事の種類

一口にWebマーケティングと括ってもマーケターの仕事は多数存在します。その中でも今回は大きく分けて「SEOコンサル」「SNS運用」「広告運用」の3つを紹介します。

SEOコンサル

Webマーケティング職と聞くと多くの方が思い浮かべることが「SEO」ではないでしょうか。

SEOとは、GoogleやYahooといった検索エンジンにおいて狙ったキーワードでWebページを上位表示させることです。

SEOコンサルは、顧客の上位表示したいキーワードを確認して、上位表示できる施策のアドバイスを行う仕事をしています。

しかし、SEOコンサルを名乗る方の活動内容は人それぞれで、アドバイスのみを行うだけの方もいれば、上位表示させる施策を一緒に行う方もいます。

SEOコンサルに資格は必要ありませんが、顧客が求める形で、顧客目線に立てるコンサルが今後求められると考えられます。

SNS運用

SNS運用とは、自社・顧客の集客やブランディングのためにSNSアカウントを開設・運用することです。

企業の認知度を上げたり、新商品の宣伝を行ったり、ファンと交流を活発にしたりすることなどが昨今のSNSアカウントに求められることが多いです。

WebマーケターのSNS運用は上記の理解をして、いかに予算をかけずに運用が行えるか、新企画で新規ユーザーを獲得できるかが業務の1つです。

広告運用

広告運用のマーケターは、上流過程では、広告枠にどんな広告をいくらの予算で入稿するといった戦略・戦術を顧客と話して決めることを仕事としています。

下流過程では広告配信の設定や準備、入稿を行います。

広告配信は配信しただけで完結するのではなく、得られたデータを分析して、次回の広告運用でさらに良い結果を出すための施策を考えます。

Web広告は、現段階で大きく分けて7つ種類があります。

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • SNS広告
  • 動画広告
  • ネイティブ広告
  • メール広告
  • アフィリエイト広告

それぞれの広告で集客できるターゲットは異なるため、広告運用のマーケターは広告の特徴を理解して施策を打つことが求められます。

30代未経験でWebマーケターになる学習内容

30代未経験でWebマーケターに転職をしたい方へ、はじめに何から学べば良いのか6つ紹介します。
業種・職種未経験から挑戦する場合、まずは業界の概要を掴むことをおすすめします。

  • 資格の取得でWebマーケティングを体系的に学ぶ
  • SEOの学習
  • コピーライティングの学習
  • コンテンツマーケティングの学習
  • リスティング広告の学習
  • SNSの学習

1つ1つにおすすめの書籍も載せているため、ぜひ書籍も一読してみてください。

資格の取得でWebマーケティングを体系的に学ぶ

Webマーケティング職を行う上で資格は必須ではありません。

しかし、資格獲得の勉強を行うことでWebマーケティングの基本を体系的に学ぶことができます。

Webマーケティングの各施策を解説した専門書は多いですが、Webマーケティングを行う目的を学べる書籍は多くはありません。

Webマーケティング職に就くからには施策ごとのテクニカルな部分の理解も必須ですが、まずはWebマーケティングとはなにかを学ぶことから始めましょう。

Webマーケターのおすすめの資格は下記2つです。

  • ウェブ解析士
  • Webアナリスト

ウェブ解析士は、KPIの立て方、Web用語、流入解析、Web解析レポートの作成方法などの業務に近い資格です。
ウェブ解析士

Webアナリストは、Webサイトのアクセス解析のデータ・市場動向・トレンド等、さまざまなマーケティング情報を分析し、成果につなげるための知識と考え方を学ぶことができる資格です。
Webアナリスト

SEOの学習

Webマーケティングと聞いて思い浮かべる言葉に「SEO」が出てくるかと思われます。分からないことが出てきたときにユーザーはPC・スマホのGoogleで調べて悩みを解決します。

その際に上位に表示されることが何よりも重要です。

どのようにしたら、検索上位に表示されて、ユーザーが見てくれるのかを理解しましょう。

SEOを学ぶためおすすめの書籍
成果を出し続けるための 王道SEO対策 実践講座

コピーライティングの学習

コピーライティングは「イメージ広告のコピーライティング」と「ダイレクトレスポンス広告のコピーライティング」で大きく分けて2種類あります。

コピーライティングと聞いて思い浮かべるのがイメージ広告のコピーライティングです。
宮崎駿監督のもののけ姫の「生きろ。」や24時間テレビの「愛は地球を救う」がまさにイメージ広告のコピーライティングです。

しかし、Webマーケティングで求められるコピーライティングはダイレクトレスポンス広告のコピーライティングです。

ダイレクトレスポンス広告のコピーライティングは、多くの人に興味を持ってもらう広告ではなく、ある特定の本当に興味のあるお客様に対し、呼びかける広告です。

クラウドワークス等でコピーライティングの案件も多数あります。案件を獲得して学習することをおすすめします。

コピーライティングを学ぶためおすすめの書籍
10倍売れるWebコピーライティング

コンテンツマーケティングの学習

コンテンツマーケティングとは、顧客の興味がある情報を提供、自身では気づけなかった課題を明確化、課題を解決するための方法を伝え購買にいたるマーケティングの手法です。

初めから商品・サービスを伝えて売り込むのではありません。

顧客が自身の課題に自力でたどり着いたと考えてもらうことが大切で、課題を解決したいために商品の購入に至ったと考える流れを作ることが大切です。

Content marketing is a strategic marketing approach focused on creating and distributing valuable, relevant, and consistent content to attract and retain a clearly-defined audience — and, ultimately, to drive profitable customer action.

参考:「What Is Content Marketing?

コンテンツマーケティングを学ぶためおすすめの書籍
Webコンテンツマーケティング_サイトを成功に導く現場の教科書

リスティング広告の学習

リスティング広告とは、検索結果に連動して表示される広告です。対象キーワードに対し広告を表示させることができます。検索しているため表示される広告はクリックがされやすいです。

リスティング広告は1円から始められるため、学習もかねて自身ではじめることをおすすめします。

リスティング広告を学ぶためおすすめの書籍
いちばんやさしいリスティング広告の教本

SNSの学習

近年、各個人メディアを持つことが当たり前となっていますが、メディアの1つにSNSがあります。
現在の若者はGoogleで検索してお店を探すのではなく、SNSで検索をかけてお店を探すことが増えています。

また、インスタグラムでは、商品を購入することもできるようになっています。
SNSはWebマーケティング職で活躍するために切っても切り離せない存在になっています。

実際にアカウントを開設して、フォロワーを集める仕組みを構築できるとWebマーケティング職で即戦力として活躍できます。

SNSを学ぶためおすすめの書籍
僕らはSNSでモノを買う

30代未経験・Webマーケターになるためには

学習方法ですが、大きく分けて「独学」「スクール」の2つが存在します。Webマーケティングは誰でも独学でインプットとアウトプットができることが魅力です。

独学で学び、成果に結びつかない場合にスクールに通うのがおすすめです。短期的に成果を作り転職を考えてる方もスクールで学ぶのが良いでしょう。

独学

30代業種未経験で求められることは実績です。実績をもっているかで転職できる成功確率は変わります。

そのために、Webマーケティング知識のインプットとアウトプットを独自に行う必要があります。

幸いなことに現在は各個人でもWebマーケティングのアウトプットを行うことができます。企業の規模と比較をすると個人で行うため小規模ですが、実績作りはできます。

自身でWebサイトの立ち上げを行い、コンテンツを作成します。

コンテンツの作成による、Webサイトへのアクセス数の分析を行い、PV数を増やしていきます。その間に少額でもリスティング広告を運用して広告でのアクセス数も分析を行います。

また、SNSアカウントの開設・運用を行いましょう。

アウトプットを繰り返すことで自分の得意な領域が分かり、転職先を選ぶ際にも1つの指標になります。

セミナーや講演会に独自で参加することで、インプットの幅も広がります。積極的に参加することをおすすめします。

オンラインスクール

独学では、勉強方法が合っているのか不安な方はオンラインスクールに通いましょう。スクールの最大のメリットは分からないことをすぐに聞けるためつまずくことなく成長ができます。
簡単にスクールのメリット・デメリットをお伝えします。

スクールのメリット

  • 不明点がすぐに解決できる
  • Web業界の実情が掴める
  • 短期間で学ぶことができる
  • 現場で役立つスキルが身につく
  • スクール生同士で仲間ができ、転職した際に社外につながりを持てる

スクールのデメリット

  • 費用がかかる
  • 現場に出たことがない講師が存在する
  • 自走力を失うことある

実際に独学でつまずいた際にスクールを活用することがおすすめですが、短期間で実力をつけて転職を行いたい方はメリット・デメリットを踏まえて検討してみてください。

WEBMARKSではスクールの無料の相談も行っております。

Webマーケティングのスクールでお悩みの方はぜひ、WEBMARKSにご相談ください。

【おすすめ】Webマーケティングスクール!未経験・初心者から3ヶ月でWebマーケター!

7. まとめ:30代の未経験からでもWebマーケターになれます

30代の未経験でWebマーケターを目指している方これまで培ったスキルや経験を活かすことが転職の成功への近道です。
下記スキルをお持ちですとなお良いです。

  • ロジカルシンキング力(論理的思考力)
  • Officeソフト(Word・Excel・PowerPoint)スキル
  • コミュニケーション力

未経験での転職はデメリットも存在しますが、デメリットを上回るメリットがWeb業界にはあります。

30代未経験・Webマーケターへ転職するメリット
  • 専門スキルが身につく
  • 学歴・業種・業態関係なくスキルが役立つ
  • テレワーク等の現代にあった働き方ができる

短期間でWeb業界に転職したい方はぜひ、スクールで学ぶことをおすすめします。

スクールのメリット
  • 不明点がすぐに解決できる
  • Web業界の実情が掴める
  • 短期間で学ぶことができる
  • 現場で役立つスキルが身につく
  • スクール生同士で仲間ができ、転職した際に社外につながりを持てる

Webマーケティングのスクールでお悩みの方はぜひ、WEBMARKSにご相談ください。

【おすすめ】Webマーケティングスクール!未経験・初心者から3ヶ月でWebマーケター!

この記事を書いた人
Yuma Ichino
Yuma Ichino
福祉、IT会社を経て、同時並行していたEC物販より独立。IT会社では常駐先にてシステム導入から、情報システム部の人材として、幅広く他部署とのやりとりを担当。EC物販では、IT会社で培ったITの知識と営業より、新規顧客の獲得に従事。WEBMARKS『オンラインWebマーケター育成プログラム』第1期生。
このライターの記事を見る
TOP