Twitter広告の動画について徹底解説!メリットや広告出稿の手順も説明

Twitter
Twitter広告動画のアイキャッチ画像

「Twitter広告で動画を出稿したいけど手順が分からない。」「Twitter広告で動画を出稿する際のメリットを知りたい。」

そんな方に向けて、Twitter広告の動画出稿の方法やメリット、Twitter広告を動画で出稿する際のコツについて解説します。

この記事を読めば、Twitter広告で動画を出稿するメリットやコツが分かります。

Twitter広告の動画について

Twitter広告動画についての画像Twitter広告で動画を出稿する際には出稿の手順とTwitter広告にアップロード可能な動画の規定を理解しておく必要があります。ここでは動画出稿の手順と動画の規定について解説します。

Twitter広告の動画出稿手順

Twitter広告の動画出稿の手順はその他の広告出稿の手順と変わりません。

まずは、Twitter広告の公式ホームページにアクセスします。

アクセス後にクリエイティブボタンをクリックし、広告の作成をしていきます。

Twitter広告クリエイティブの画像その後の広告作成の手順は以下の通りです。

  1. クリエイティブ内のメディアボタンをクリック
  2. メディアボタン内のメディアアップロードボタンをクリック
  3. コンピューター内の動画ファイルを選択
  4. メディアのアップロードが自動的に開始し、アップロード完了

Twitter広告で動画をアップロードする手順は以上となります。

Twitter広告動画の規定に関して

Twitter広告の動画規定は以下の通りです。

  • <ツイート本文>:280文字
  • <ファイルサイズ>:1GB
  • <動画の長さ>:推奨15秒以内(最長2分20秒)
  • <ファイル形式>:MP4またはMOV

この規定を守ればTwitter広告として動画を利用することが可能となります。

規定に関しては厳しいものではなく、比較的利用しやすいという点がTwitter広告の動画の特徴となります。

Twitter広告動画のメリット

Twitter広告動画のメリット解説画像Twitterの動画広告は簡単にアップロードでき、規定も厳しいものではありません。それではTwitterの動画広告を出すメリットにはどのようなものがあるのか紹介します。

若年層にリーチ可能

Twitterは多くのユーザーに利用されており、日本国内で4,500万人以上が使っています。

その中でも若年層の利用者が非常に多く、20代のユーザーは特に情報収集としてTwitterを利用している傾向にあります。

  • Twitterの利用は10代・20代で50%前後
  • 学生のTwitterの利用率は85%前後

若年層の方は日常から動画に接しているということもあり、Twitter広告を動画で出稿することについては若年層の関心を引きつけるという点で有効となります。

2次拡散が期待できる

Twitter広告で動画を利用する2つ目の理由は2次拡散が期待できるという点です。Twitterは様々なフォロワーがおり、フォロワーが良いと思ったツイートはリツイートされる可能性があります。

リツイートされ、多くの方の目に止まるとまたそこから3次拡散、4次拡散と広がりを見せ、大きな効果を上げる可能性があります。

Twitter広告の費用は最初のアプローチのみ発生しますが、2次拡散以降に関しては広告費用が発生しません。魅力的な動画コンテンツを作成すれば拡散の可能性が高まる点は非常に魅力的です。

リーチ力が高い

Twitter広告で動画発信する3つ目の理由はリーチ能力の高さです。Twitter広告はターゲティングを行う際に、趣味や関心に合わせてターゲットの絞り込みが可能となります。

そのため、あなたが出稿する広告が見込み客でないユーザーにリーチすることはありません。このリーチ力の高さがTwitter広告の動画を利用するメリットの1つです。

また、Twitter広告はキーワードに応じたターゲティングができます。

キーワード:英会話

➡英会話のキーワードを含んだツイートをしたユーザーのみにアプローチ可能

あなたがリーチしたいターゲットを明確にした上でターゲティングするようにしましょう。

Twitter広告のメリットに関する記事はこちらを確認

Twitter広告とは?広告の特徴やメリット・デメリットをまとめて解説

Twitter広告動画出稿のコツ

Twitter広告動画の特徴解説画像Twitter広告で動画出稿する際には押さえておかなければならない点が複数あります。そこでここでは動画広告を出す際の注意点を解説します。

動画広告の尺を6秒におさめる

Twitterを見ていた際に動画が流れてきた際に長い動画であれば観てくれない可能性が高いです。Twitterはタイムラインをスクロールするため、6秒以内で相手に内容を伝えられる動画が良いとされています。

尺の短い広告であればユーザーの不快感を招きにくく、6秒という短い時間であればコンテンツが洗練されるというメリットもあります。

Twitterで動画広告を出稿する際は、6秒以内におさめるようにしましょう。

字幕を活用する

Twitterを利用するユーザーはスマホやタブレットを利用する方が非常に多いです。

スマホなどの場合は特に野外でTwitterを見る方が多く、動画の音声が出せないというシチュエーションがあります。

そのため、動画には字幕をつけるようにしましょう。字幕をつけておけば動画の内容は相手に伝わります。

動画以外の広告種類も把握する

Twitter広告で動画出稿する際の注意点の最後は動画以外の広告種類も把握するということです。動画はTwitter広告の種類の1つです。

それ以外の広告種類があるということを理解すれば、動画広告が最も効果的な方法か検討することができます。

Twitter広告の種類は大きく3つあります。

  1. プロモアカウント:おすすめユーザー欄に表示。アカウント認知に有効
  2. プロモツイート:タイムラインにツイート形式で表示。サイト誘導に利用
  3. プロモトレンド:トレンド枠の一番上に表示。新規ユーザーの獲得に有効

それぞれの広告種類で目的やターゲティングが異なるため、特徴を把握するようにしましょう。動画広告はプロモツイートとして、商品紹介の場面で活用される場面が最も多いです。

それぞれの特徴を理解し、その後どこにどんな方法で広告出稿するのが有効なのか検討し、動画広告が最も有効と考えた場合に動画広告を選択するようにしましょう。

Twitter広告の運用に関連する記事はこちらを確認

Twitter広告で収入を得ることは可能?広告運用のポイントを紹介!

まとめ

Twitter広告動画のまとめ画像Twitterの動画広告について解説してきました。Twitter広告の動画投下は手順も簡単で、広告規定も厳しくありません。

Twitter広告のメリットは下記の通りです。

  • 若年層にリーチ可能
  • 2次拡散が期待できる
  • リーチ力が高い

Twitter広告のメリットを最大限に活かすために、動画の尺は6秒以内を目指すこと、字幕を活用すること、動画以外の広告も活用するという点を意識するようにしましょう。

この記事がTwitter広告の動画について気になっている方の参考になれば幸いです。

この記事を書いた人
kiyohitotanaka4311@
kiyohitotanaka4311@
元アフィリエイター、現ライターの活動をしております田中と申します!フリーランスとしてノマド生活をしており、日本はもちろん、世界各国を放浪しています。ライターをしながら、ディレクターとしての仕事とマーケティングの仕事にも力を入れています。趣味はモンストとサッカー観戦。
このライターの記事を見る
TOP