WEBMARKSマーケター養成スクール利用規約

株式会社WEBMARKS(以下「当社」という。)が提供するwebマーケティングスクール(以下「本サービス」といいます。)の利用に関して、以下の通り利用規約(以下「本規約」といいます。)を定めます。本サービスの利用をお申込みいただく際は、事前に本規約を十分ご理解いただいた上でお申込み下さい。本サービスの申込を行った時点で本規約の内容を全て承諾したものとみなします。

第1条(適用)

1 本規約は、当社が運営・実施する本サービスの全ての受講者(以下「受講者」といいます。)に適用されるものとします。受講者は、本規約に同意した上で本サービスの申込みを行うものとします。

2 本サービスの内容は、別途当社が案内又は配布する資料等の詳細、カリキュラム等の通りとし、本サービスの内容に追加等の変更が生じた場合は、当社は受講者に対し速やかに通知するものとします。なお、当該通知をもって、これにかかる変更は、当社と受講者との間の受講契約に適用されるものとします。

3 本サービスに関し、本規約のほか、ご利用にあたってのルール等、各種の定め(以下「個別規定」といいます。)をすることがあり、個別規定は本規約の一部を構成するものとします。また、本規約の規定が個別規定と矛盾する場合には、個別規定において特段の定めがない限り、個別規定の定めが優先して適用されるものとします。

第2条(本サービスの内容)

当社は本サービスにおいて、あらゆる分野に関し、講座、並びに講座を受講する利用者のコミュニケーションをはじめ、受講者にとって効率的かつ効果的なWebマーケティングスクール(Webマーケター養成講座)を提供します。受講者は、本サービスを通じて、講座のコンテンツを視聴・閲覧するほか、講座で設けられているSNS、イベント等への参加、あるいは確認テスト・課題への回答等により様々な学習サービスを受けることができます。ただし、受講者の学習の効果を保証するものではありません。

第3条(申込及び登録)

1 受講者は、本サービスの利用申込を当社所定の方法により行うものとします。

2 前項の申込手続の不備、誤記、遅延等、若しくは本規約又は申込書の記入事項等について、受講者による不知、誤認等があった場合、これらから生じる受講者の不利益は受講者の責任とし、当社は一切責任を負わないものとします。

3 当社は、当社が定める所定の手続及び基準に従って、本サービスの利用申込に対し、利用料金の支払確認、その他利用の可否を判断し、利用を認める場合にはその旨及び本サービスの利用に必要となるID、パスワード等を申込者に通知し、これにより本サービスの受講契約が成立するものとします。ただし、当社は以下の事由に該当する申込者に対し、利用を承諾しない場合があります。なお、当該判断事由について開示義務を負わないものとします。

・利用申込に関連して当社に提供された登録情報の全部又は一部に虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
・申込者が、当社の提供するサービスの利用に関して、利用停止措置その他サービス利用に関する違反を行ったことがある場合
・過去当社に対する代金の未払い等があった場合
・未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであって、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
・反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これらに準ずる者を意味します。)であるか、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等、反社会的勢力等との間で何らかの交流又は関与があると当社が判断した場合
・その他、本サービスの受講者として不適当であると当社が判断する場合

4 受講者は、登録内容に変更があった場合は、速やかに当社に通知するものとします。なお、受講者が当該通知を怠ったことにより、本サービスの利用に支障が生じるなど、その他いかなる不利益を被ったとしても、当社は何ら責任を負わないものとします。また、受講者がこれらの通知を怠ったために、当社からの通知又は送付された書類等が延着し又は到達しなかった場合には、当社は通常到達すべき時に到達したものとみなすことができるものとします。

5 受講者は、本サービスの利用に必要となるID、パスワード等の情報を自らの責任で厳重に保管するものとします。

6 受講者による本サービスの利用に関する権利は一身専属的に帰属するものとし、受講者は本サービスを他人に利用させてはならず、また、本サービスの利用に必要となるID、パスワード等の情報についても他人に開示、提供等してはならないものとします。

第4条(利用期間及び利用可能時間)

1 本サービスの利用期間は、受講者が購入したコースの開催期間とします。

2 受講者が利用期間において中途解約を行った場合であっても、次条の料金の返金は行いません。また、受講者が利用料金の支払いを遅滞した場合、受講者は年14.6%の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。ただし、受講開始から1ヶ月間は事前に示した条件に該当する場合のみ返金可能とします。

3 受講者が利用期間開始日の1営業日前までに当社の指定する方法にて解約する旨の通知を当社に対して行った場合は、受講者は本サービスを解約できるものとします。なおこの場合、当社は受講者に対し、すでに当社に対して入金された料金の返金を行います。また、返金の際の振込手数料は受講者が負担するものとします。ただし、受講者が当社の提供する素材やサービスを受領又は初回ログインを実施する等した日以降は、前項にかかわらず解約はできないものとし、次条の利用料金の返金は一切行わないものとします。

4 受講者は、本サービスの利用期間内に限り、本規約の目的の範囲内でかつ本規約に違反しない範囲内で、当社の定める方法に従い、本サービスを利用することができます。本サービスの利用可能時間は、以下の通りとします。

(1)コンテンツの閲覧・・・24時間(メンテナンス時間を除く)
(2)面談、レクチャー等(以下、「メンター指導時間」といいます。)・・・コースごとに別途定められた時間内

第5条(利用料金及び支払方法)

1 受講者が本サービスを利用する場合、当社に所定の利用料金を支払うものとします。サービスの利用料金及びその支払方法は、別途当社が定め、当社のウェブサイト上に表示するものとします。

2 本サービスは、受講者本人のアカウントに対してのみ使用が許諾されます。本サービスのコース変更、追加購入などの処理及び手続に関しましては、別途当社が定めるものとします。

3 お支払方法は、銀行振込、クレジットカードその他当社が指定する方法となります。なお、銀行振込の場合の振込手数料は受講者の負担とします。

第6条(禁止事項・注意事項)

1 受講者は、方法・理由の如何を問わず、次の各号に掲げる行為を一切行ってはなりません。また、受講者が本サービスを通じて得た情報や本サービス内容に基づき損害を被った場合においても、当社に故意又は過失がない限り、一切責任を負わないものとします。さらに、当社は、受講生間での勧誘、チャット及び交流等により生じるトラブル、紛争等について一切責任を負わないものとします。

(1)本サービスを複製又は第三者へ転売・転貸・譲渡すること。
(2)本サービスにつき、第三者に対し、その内容の全部又は一部を伝達・公表・公開すること。
(3)本サービスにつき、その内容を想像できるような表現を使い、インターネットや言語などの伝達手段を用いて公開すること。
(4)本サービスの内容を引用するなどの方法で第三者に開示し当社に不利益な行為を行うこと。
(5)本サービス・本サービスを提供するウェブサイト(以下「当サイト」といいます。)の名称を明記して、あるいはこれらが特定できるような手段・方法を用いて、本サービスの風評を害するような情報をインターネットや言語などの伝達手段を用いて公表すること。
(6)本サービスの内容等、本サービスに含まれる著作権、商標権その他の知的財産権を侵害する行為を行うこと。
(7)当社のサービスの運営を妨害するおそれのある行為を行うこと。
(8)前各号に掲げる行為のほか、サービスに不利益を与える一切の行為。

2 受講者は、当社が、本サービスに関する講義の録音・録画をすること及びそれを本サービス内で使用することに関しあらかじめ同意するものとし、当該録音・録画に関しての一切の権利が当社に帰属するものとします。

第7条(本サービスの提供の停止等)

1 当社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、受講者に事前に通知することなく本サービスの全部又は一部の提供を停止又は中断することができるものとします。なお、各サービスの停止による直接又は間接に生じた利用者又は第三者の損失や損害について、当社は、その内容の如何に係わらず一切の責任を負わないものとします。

(1)各サービスの稼動状態を良好に保つため、弊社のシステム保守、点検、修理などを行う場合。
(2)火災、停電による各サービスの提供ができなくなった場合。
(3)天変地異などにより、各サービスの提供ができなくなった場合。
(4)その他、運用上または技術上、各サービス提供の一時的な停止を必要とした場合。
(5)運用上また技術上、各サービスの提供が不可能と判断した場合。

2 当社は、前項の理由により各サービスの一時停止を行った場合において、各サービスの継続的な提供が困難だと判断した場合、次条の規定に係わらず利用者等に対して事前に通知をすることなく各サービスを終了することができるものとします。ただし、事前に想定できる場合には、本サイトへ掲載、または受講者の電子メールもしくは当社が定めるチャットツール等の方法により、受講者に通知するよう努めるものとします。

第8条(本サービス内容の変更等)

(1)当社は、受講者に通知することなく、本サービスの内容を変更することができるものとし、これによって直接又は間接に生じた利用者又は第三者の損失や損害について、当社は、その内容の如何に係わらず一切の責任を負わないものとします。

(2)当社は、受講者に対し14日前までに通知を行うことにより各サービスを終了することができるものとします。なお、各サービスの終了によって直接又は間接に生じた利用者又は第三者の損失や損害について、当社は、その内容の如何に係わらず一切の責任を負わないものとします。

(3)前項の各サービス終了の通知について、当社は、受講者に対してチャットツール(グループ)内での掲示をもって行うものとします。

第9条(利用制限及び登録抹消)

1 当社は、受講者が以下のいずれかに該当する場合には、事前の通知、受講者に対して、本サービスの全部又は一部の利用を制限し、又は受講者としての登録を抹消することができるものとします。

(1)本規約のいずれかの条項に違反した場合
(2)登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
(3)当社に対する債務不履行又は不法行為があった場合
(4)当社からの連絡に対し、90日以上返答がない場合
(5)反社会的勢力等であった場合
(6)申込者が、当社の提供するサービスの利用に関して、利用停止措置その他サービス利用に関する違反を行ったことがある場合
(7)その他、当社が本サービスの利用を適当でないと合理的に判断した場合

2 当社は、本条に基づき当社が行った行為により受講者に生じた損害について一切責任を負わないものとします。

第10条(保証の否認及び免責事項)

1 当社は、本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておらず、一切の責任を負いません。ただし、本サービスに関する当社と受講者との間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、この免責規定は適用されません。

2 本サービスの利用にあたっては、自己の費用と責任で本サービスを利用するために必要となるパソコン、スマートフォン等の端末、インターネット回線、ソフトウェアその他の設備を用意するものとします。受講者のインターネット回線の状況、パソコン環境、その他予期せぬ理由により、コンテンツの中断、速度低下、障害、停止、または利用不能等の事態等が発生した場合も、これによって利用者に生じた損害について当社は一切責任を負いません。

3 前項ただし書に定める場合であっても、当社は、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為により受講者に生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当社または受講者が損害発生につき予見し、または予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。また、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害の賠償は、受講者から当該損害が発生した月に受領した利用料の額を上限とします。

4 当社は、本サービスに関して、受講者と第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切責任を負いません。

第11条(利用規約の変更)

当社は、必要と判断した場合には、その効力発生時期を定め、かつ、規約の変更内容及び効力発生時期について受講者にチャットツール(グループ)内で掲示する等周知することにより、いつでも本規約を変更することができるものとします。なお、本規約の変更後、本サービスを利用した場合には、当該受講者は変更後の規約に同意したものとみなします。

第12条(個人情報の取扱い)

当社は、本サービスの利用に関して取得する個人情報について、別途当サイト上に掲示する「Privacy Policy」(https://webmarks.jp/privacypolicy/)に基づき適切に取り扱うものとします。

第13条(連絡・通知)

受講者と当社又は本サービス提供者との間の連絡手段は、電子メール又は当社が定めるチャットツールを用いる方法によるものとします。

第14条(権利義務の譲渡の禁止)

受講者は、当社の書面による承諾なく、本サービスの受講契約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務を第三者に譲渡し、又は担保に供することはできないものとします。

第15条(秘密保持)

1 受講者は、本サービスに関して当社から提供を受けた一切の情報を秘密とし第三者に開示、漏洩又は提供してはならないものとします。ただし、当社から提供を受ける前に既に自ら保有していた情報、公開情報はこの限りでないものとします。

2 当社から提供された資料及び情報について、受講者は厳重に管理の上、受講者のみで取り扱い、複製あるいは第三者に貸与、譲渡等してはならないものとします。

第16条(準拠法・裁判管轄)

本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。また、本サービスに関して紛争が生じた場合には、当社の本店所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。