SEO(上位表示対策)

【重要】あなたのSEOリライトは合ってる?意味のある方法で改善!

SEOに効果的なリライトの方法とは?

「SEO対策でリライトをするのが大切と聞いたので何となくやっているけど正しいかどうか分からない」「SEOに効果のあるリライト方法が知りたい」

今回は、そんな疑問をお持ちのあなたに向けて、SEOに効果のあるリライト方法の手順について、具体的に紹介していきます。

何となくでリライトをしているというそこのあなた、そのリライト方法、SEOにとって意味がありますか?

リライトしてSEOに逆効果なパターンはこれ

SEOにおける注意点

「SEO対策を行う上でリライトは大事」そう聞いたことがあっても、具体的な方法を知らない、何となくで記事をリライトして終わりという方は多いです。

ただ、適切なステップを踏まず、何となくでリライトしていると、SEO的に逆効果になってしまうことがあります。

ここでは、リライトをしたにもかかわらず、SEOに逆効果になってしまう、よくありがちなパターンを紹介します。

あなたのしているリライトは、以下の間違ったパターンに当てはまっていませんか?

検索キーワードと記事の内容が離れてしまう

「検索キーワードと記事の内容が離れてしまう」というパターンは、過去に書いた記事が何となく気になるからリライトした、という場合に多いです。

文章や内容が気になるからといってむやみに変更してしまうと、検索キーワードとの乖離が生まれ、結果として、検索順位が下がってしまいます。

具体的には、元々入っていたキーワードを書き換えてしまったり、内容をがらりと変えることで、検索したユーザーの意図にそぐわない記事になりがちです。

ユーザーが読みにくい文章になってしまう

「ユーザーが読みにくい文章になってしまう」というパターンは、上とは逆に、SEOを意識し過ぎるあまりに起こってしまうことがあります。

SEOを意識してキーワードを盛り込んだり、見出しやタイトルを変更するのは良いのですが、ユーザーの利便性を下げてしまっては元も子もありません。

Googleは、検索エンジンよりも、ユーザーの利便性を考えたコンテンツを評価すると、公式にも発表しています。

基本方針
検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

(参考:WEBマスター向けガイドライン

検索エンジンを過剰に意識したリライトは、かえってSEO的にも逆効果となるのです。

Googleのガイドラインに違反してしまう

Googleのガイドラインに違反してしまう」というパターンも、SEOを意識するあまりに起こってしまいがちな失敗です。

検索キーワードとの関連性を高めようと、キーワードを詰め込み過ぎたり、不自然な場所にキーワードを含めたりすると、Googleのガイドラインに違反してしまいます。

Googleのガイドラインに違反したページは順位が下げられるほか、Googleからペナルティを課せられ、検索結果から除外されてしまうことさえあります

また、上位表示されているページをそのままコピーしたコピーコンテンツも、Googleのガイドライン違反となるので、十分注意が必要です。

Googleのガイドラインについて詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:ガイドライン遵守こそSEO対策の王道である理由

SEOに効果的なリライト方法を紹介

SEO対策と虫メガネ

「SEOに逆効果になってしまうリライト方法は分かった。じゃあ、具体的にはどんな方法でリライトすればいいの?」と疑問を持たれた方も多いのではないでしょうか?

ここでは、SEOに効果があり、検索結果の順位を上げることができる、正しいリライトの方法を紹介していきます。

すぐに取り入れて実践できるように、具体的に手順を説明していますので、あなたのブログ記事をリライトする際の参考にしてください。

上位表示できていない記事を選定する

SEO対策のためのリライトの基本は、上位表示できていない記事を選定することです。

リライトは、記事を上位表示させるために行うべきであり、闇雲にリライトを行うと、上位表示出来ていた記事の順位を下げてしまう可能性もあります。

上位表示できていない記事を選定する場合、具体的には、Googleサーチコンソールを使って、記事の検索順位をチェックしましょう。

リライトする際のページ選定

特に検索順位が11~30位くらい(検索結果2~3ページ目)の記事は、ある程度の評価を受けているが、今一つという記事なので、リライトの効果が出やすいです。

何でもかんでも気になる記事をリライトするのではなく、データに基づいた、リライトする意味のある記事を選定しましょう

タイトルや見出しにキーワードを適切に含む

検索結果で上位表示できていない記事によくありがちなのが、タイトルや見出しに、キーワードが適切に含まれていないということです。

タイトルや見出しは、検索エンジンのクローラーがページの情報を認識する際に、まず最初に参照するポイントなので、狙っているキーワードは必ず含む必要があります。

リライトの際のSEOキーワードチェック

具体的には、上記のようになるべく左詰めで狙っているキーワードを配置して、検索キーワードとの関連性をアピールしましょう。

キーワードの含み方について詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:SEOの効果を高めるキーワードの入れ方は?こだわるべき理由を解説

競合サイトや関連キーワードを参考にする

競合サイト関連キーワードを参考にして、検索順位の上がらないページのコンテンツを充実させましょう。

なぜなら、Googleの検索エンジンは、網羅性の高いコンテンツを評価する傾向があるからです。

リライトするページに使用するべき内容は、具体的には以下のようなものが挙げられます。

  • 関連キーワード
    上位表示のために関連キーワードをチェック
  • サジェストワード
    リライトで大事なサジェストワードチェック
  • 競合上位サイトの見出し
    キーワード 競合上位 見出し

関連キーワードやサジェストワードは、ユーザーが、対策しているメインのキーワードと合わせて調べる可能性の高いキーワードです。

また、検索上位に表示されているということは、ユーザーに求められている情報であるといえます。

これらの情報を追加して、ユーザーのニーズを満たすことのできるページ作成を心がけましょう。

ユーザーのニーズについて詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:【ニーズリサーチ】悩みを理解して解決に導く!ブログ成功の秘訣とは

リライトした日付を記載する

記事のリライトを行ったら、リライトした日付を記載しましょう。

なぜなら、リライトした日付を記載しておくことで、検索エンジンやユーザーに情報の鮮度をアピールすることができるからです。

具体的な方法としては、ワードプレスを使用している場合、公開日時を変更することで、記事の日付を更新することができます

リライトする際には更新日時を記入

上記の方法で更新日時を記載することで、検索結果上の日付が更新されるので、検索結果からページの更新日時が分かるようになるので効果的です。

同じ内容のページであれば、ユーザーは更新日時が若い方を選択する可能性が高いので、更新日時は忘れず記載しておきましょう。

SEOを意識したリライトは行った後が大事

リライト後のSEO効果チェック

リライトは行ってからが大事で、リライトしっぱなしにならないように、以下のポイントを定期的にチェックしておきましょう。

  • ユーザーの滞在時間が伸びているか
  • ユーザーの離脱率が下がっているか
  • PV数が増えているか
  • 検索結果の順位が上がっているか

これらのデータは、Googleサーチコンソール、及びGoogleアナリティクスを利用して、チェックすることができます。

ただし、チェックするのはある程度、リライトから時間を置いてからにしましょう。

なぜなら、リライトの効果が検索エンジンに認識され、検索結果に反映されるまでには、ある程度の時間がかかるからです。

時間をおいてデータをチェックし、リライトの効果が適切に現れてるかどうか確認して、効果が薄いようであれば、上記で説明したリライトを繰り返し行いましょう

まとめ:適切なリライトを行いSEO効果を高めよう

今回は、SEOに効果のあるリライト方法の手順について、具体的に紹介しました。

本記事の内容は、以下の通りです。

  • リライトする方法が間違っていると、かえってSEO的に逆効果になってしまう場合がある
  • 適切な記事を選定し、適切な方法でリライトすることが大切
  • リライトして終わりではなくリライト後の記事のチェックを行う

上記のように、手当たり次第にリライトするのではなく、リライトするべき記事を見定め、検索エンジンに適した形でリライトすることが大切です。

何となくでリライトをしていたという方、具体的な方法が分からなかったという方は、こちらの記事を参考にSEOに効果のあるリライトをしてください。

SEOに効果的な記事の書き方について知りたい方は、こちら。

関連記事:たったの3つだけ?WebライティングでSEOを効率化する法則

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST