SEO(上位表示対策)

SEOの効果を高めるキーワードの入れ方は?こだわるべき理由を解説

SEOを図を用いて解説

SEO対策に最も効果があると言われているのが、適切なキーワードの入れ方を実践することです。

一昔前まではシェアされることや、リンクされることに重きが置かれていましたが、最近のSEO対策は適切なキーワードの入れ方がなされている、質の高いコンテンツを作成することが重要とされています。

この記事では、適切なキーワードの入れ方を実践するためのテクニックを解説していきます。

SEO対策に活かせる!キーワードの入れ方のポイント

チェックリスト

SEOの効果を高めるキーワードの入れ方にはいくつかのポイントがあります。今回は質の高いコンテンツとみなされるためのフレームとなる、「タイトル」「見出し」「本文」「ディスクリプション」へのキーワードの入れ方を解説していきます。

タイトル

SEOに関する仕事をしている方には当たり前と感じられるかもしれませんが、キーワードの入れ方を最適化するための1つ目のポイントがタイトルです。

WEBコンテンツの質を高めるためには、訴求力があると考えれるキーワードをタイトルのはじめに配置することがなにより重要です。

訴求力があると考えれるキーワードをタイトルの始めに配置することで、検索エンジンにWEB運営者の意図を正しく反映させ、検索結果に反映させることでユーザーにもわかりやすく、魅力的なコンテンツとして訴求することができます。

SEO・対策を訴求したい場合の例

タイトル:SEO対策をわかりやすく解説!抑えておくべきポイントを紹介 など

見出し

WEB運営者の意図を検索エンジンに理解させ、検索結果に反映させるための2つ目のポイントが見出しです。見出しのキーワードの入れ方をこだわることには、タイトルと同様の効果があるとされています。

また、ユーザーをコンテンツに誘致したあとは、本の目次のように、なにが書かれているサイトなのかをわかりやすく伝えることができるため、結果的に質の高いWEBページと認識されます。

SEO・対策を訴求したい場合の例

見出し1、SEO対策の意味をわかりやすく解説

見出し2、SEO対策に効率的な方法とは?

見出し3、SEO対策に必要な知識を3つ解説 など

本文

本文も、SEO対策に効果のあるキーワードの入れ方を実践するための大きなポイントです。一昔前までは、全体の文章の数%を訴求したいキーワードで埋めるというテクニックもありましたが、最近のSEO対策では自然に盛り込むことに重きが置かれています。

SEO・対策を訴求したい場合の例

本文:SEOはSearch Engine Optimizationの頭文字をとったものであり、検索エンジン最適化という意味があります。また、SEO対策に効果的な方法には… など

ディスクリプション

検索結果を確認したユーザーが、タイトルの次に確認するのがディスクリプションです。ディスクリプションは90〜120文字ほどが適切で、ユーザーがコンテンツに目を通すメリットを簡潔に伝えます。

このディスクリプションのキーワードの入れ方にもルールがあり、自然な文章の中で1〜2回ほど、訴求したいキーワードを登場させることでSEOの効果を高められます。

SEO・対策を訴求したい場合の例

SEOとはSearch Engine Optimization の略であり、検索エンジンの最適化を意味する単語として用いられています。この記事では、WEBの運営を行なう担当者が知っておくべき、SEO対策のポイントをわかりやすく紹介しています。 など

SEOを最適化!キーワードの入れ方にこだわる理由

Googleマークを虫眼鏡で拡大

タイトル・見出し・本文・ディスクリプションに対してSEO最適化するためには、正しいキーワードの入れ方を実践することが重要なポイントです。

しかし、正しいキーワードを入れることがなぜ、SEOの効果を高めることにつながるのでしょうか?ここからは、キーワードの入れ方にこだわるべき理由を解説していきます。

検索エンジンにWEB運営者の意図を理解させる

正しいキーワードの入れ方にこだわるべき理由の1つ目が、検索エンジンにWEB運営者の意図を理解させることです。

すでに必要な情報をインターネットで検索するという行為が当たり前になってはいますが、ユーザーが希望した情報を反映するのは検索エンジンロボットです。

そして、このロボットはタイトルや見出しに登場するキーワードをもとに、ユーザーが必要としている情報かどうかを判断しています。このような仕組みがあるため、タイトルや見出しに正しいキーワードの入れ方を実践することが重要なのです。

ユーザーの離脱率を下げる

ユーザーの離脱率を下げることも、キーワードの入れ方にこだわるべき理由の1つです。

特に見出しに正しくキーワードを盛り込むことで、WEBに誘致したユーザーが書かれている内容を理解しやすくなり、ページから離脱することを防ぐことにつながります。

すでに上位に表示されるWEBコンテンツを確認してみると、見出しに正しいキーワードの入れ方がされていながら、記載されている情報がわかりやすくなっているはずです。

本筋から離れないコンテンツを作れる

本筋から離れないコンテンツを作れることも、正しいキーワードの入れ方を意識しなければいけない理由の1つです。特にSEO初心者は必要な文字数を満たすことを意識するあまり、ユーザーに訴求したい情報をおろそかにしてしまいがちです。

しかし、コンテンツを作成しながら、どのくらいの頻度で訴求したいキーワードが出現しているかを意識することで、ユーザーに伝えたい情報から逸脱しないコンテンツに仕上げることが可能になります。

まとめ

木に書かれたキーワードの文字

最近のSEO対策は適切なキーワードの入れ方がなされている、質の高いコンテンツを作成することに重きが置かれています。

そして、タイトルや見出し、本文、ディスクリプションの4つに訴求したいキーワードを盛り込むことで、検索結果に反映されやすく、多くのユーザーが訪れる仕組みを構築することができます。

さらに、キーワードの入れ方にこだわることで、コンテンツの価値をユーザーにわかりやすく伝えられ、離脱率を下げるという効果も期待できます。

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST