【店舗オーナー必読】MEOアルゴリズムと対策方法を分かりやすく解説

育成プログラム
SEOと画像の関係

店舗向けのウェブマーケティング施策として、最近に特に注目されているのが、MEO(Map Engine Optimization)。そして、その掲載順位の基準になっているのがMEOアルゴリズムです。

ここでは、Googleが公式に発表しているMEOアルゴリズムを分かりやすくご紹介するとともに、一歩進んだ具体的な対策方法をご案内します。

ぜひMEOアルゴリズムについて詳しい知識や具体的な対策方法を知って、今後の店舗への集客に活かして頂ければと思います。

MEOアルゴリズムとは?

アルゴリズムのイメージ「MEOアルゴリズム」というと「MEO」や「アルゴリズム」という言葉に馴染みのない方には分かりづらい用語ですよね。

「MEOアルゴリズム」とは、簡単にいうと「Google マップでの検索結果の順位を決める基準」のことです。この章では「MEO」や「アルゴリズム」について、さらに詳しくご案内していきます。

MEOとは?

MEOとはMap Engine Optimizationの略称で「マップエンジン最適化」や「ローカルSEO」とも呼ばれています。一般的にGoogleの検索結果上部に表示される「Google マップの検索順位向上を目指した最適化施策全般」のことを指します。

MEOスクリーンキャプチャ

アルゴリズムとは?

あまり聞き慣れない「アルゴリズム」という言葉。Wikipediaでは下記のように説明されています。

 

アルゴリズム(英: algorithm)とは、「計算可能」なことを計算する、形式的な(formalな)手続きのこと、あるいはそれを形式的に表現したもの(ここでいう「計算」とは、英語で calculation よりも複雑な場合を含むような computation を含んでいる。

 

もう少し噛み砕くと、アルゴリズムとは何かを導き出すための計算手順や仕組みのことです。つまり、MEOにおけるアルゴリズムとは「Google マップ上の検索結果を導き出すためにGoogleが用いる計算手順や仕組み」といえます。

MEOとSEOにおけるアルゴリズムの違い

SEOのアルゴリズムには「検索意図の把握」、「ウェブページの関連性」、「コンテンツの正確性」、「ユーザビリティ」、「文脈の考慮」の5つの要因が関連していると、Googleが公式に発表しています。

一方、MEOには上記とは異なるアルゴリズムが使用されており、「検索ユーザーの位置情報」が検索結果に大きく反映されます。

また検索キーワードとGoogle マイビジネスの情報との「関連性」や、店舗やビジネスの「知名度」が影響することも公式にアナウンスされており、SEOとは基準が異なっています。

MEOアルゴリズムを知るメリット

GoogleはMEOの詳しいアルゴリズムを公開していません。ただ、アルゴリズムの基本方針といえる3つの要因を示してくれており、またその要因と関連するGoogle マイビジネス上での5つのMEO対策も公開されています。

この3つの要因や5つの対策を学ぶことで、実際の施策に活かすことができるでしょう。またGoogleの考えを深く理解することで、ライバルの一歩先を見据えた一手を打てる可能性がグンとあがります。

MEOアルゴリズム 3つの基本

Googleが公開しているMEOアルゴリズム(ローカル検索結果のランキングが決定される仕組み)は、関連性・距離・知名度の3つです。

MEOアルゴリズムの基本ともいえる、この3つをしっかりと押さえて、施策に活かしていきましょう。

MEOアルゴリズム 3つの基本
  • 関連性
  • 距離
  • 知名度

①検索キーワードとの関連性

関連性イメージ

検索キーワードとの関連性とは、Google マイビジネスに登録された情報と検索されたキーワードとの合致度合いのことです。

Google マイビジネスの登録内容を充実させることで、キーワードと合致する確率が高くなり、検索結果に表示される回数も増加することが期待できます。

②検索される場所から店舗との距離

距離のイメージ検索されたユーザーの位置情報を利用し、検索された場所から距離が近い店舗を表示します。例えば駅前で「ラーメン」と検索された場合、駅に近いラーメン屋さんが表示されることになります。

③店舗や企業の知名度

知名度のイメージ知名度とは、文字通り、その店舗や企業がどれだけ世の中に認知されているかの度合いのことです。ビジネスによっては、オンラインよりもオフラインでの知名度が高いこともありますが、こうした情報も加味されます。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響するとされており、どれだけサイテーション(ウェブ上での自社ビジネスに関する言及)を高められるかも大事の要素となってきます。

また、ウェブ検索結果の順位も参照されるため、自社ウェブサイトの充実も大切な施策の一つといえるでしょう。

Google マイビジネスにおける5つのMEO対策

Google マイビジネスで対応すべきMEO対策が5つあります。どれもGoogleが公表している重要な施策になりますので、確実に押さえておきましょう。

①詳細なデータを入力

Googleマップ上の検索結果は、検索キーワードとGoogle マイビジネスの情報の関連性が高いものが上位表示されるため、Google マイビジネスの情報が充実しているほど、検索語句と一致しやすくなります。

住所、電話番号、カテゴリ、属性などは必須で入力し、その他もできるだけ詳細なデータをGoogle マイビジネスの管理画面に入力しましょう。

②ビジネスのオーナー登録

ビジネスのオーナー登録を行うと、Google マップでビジネス情報が表示される可能性が高くなります。ビジネスオーナー登録はGoogle マップ上から簡単に行えるので、確実に押さえておきましょう。

③営業時間の情報を正確に保つ

開店時間や閉店時間、祝祭日や特別なイベントに合わせた特別営業時間なども含めて、営業時間は定期的に更新しましょう。

営業時間が誤っていると顧客が営業時間中に訪れなくなるだけでなく、ローカル検索の検索結果にも表示されなくなる可能性があるため、常に正確な情報を保つよう心がけましょう。

④クチコミの管理と返信を行う

Google マップからユーザーが投稿したクチコミには返信しましょう。クチコミに返信することで、顧客を大事にする姿勢をアピールすることにもつながります。また友好的なクチコミが増えることでビジネスに対する信頼性が高まり、集客にもつながってきます。

⑤写真を追加

ビジネスの内容や魅力を伝えるため、写真をビジネス プロフィールに追加しましょう。美味しそうな写真や、楽しそうな写真など、的確にそのビジネスを伝える写真を投稿することで、顧客が訪れたくなるきっかけをつくることができます。

MEO対策の具体的な方法5つ

今までご紹介してきたMEOアルゴリズムから導き出せる、具体的なMEO対策の方法を6つご紹介します。

①クチコミを投稿してもらえる仕組みづくり

Google マップの上位表示のためには、第三者の意見であるクチコミを多く集めることが重要です。クチコミは黙っていても発生するものではなく、店頭やメールでの告知など、地道に投稿してもらえる仕組みをつくっていくことが重要です。

例えば、店頭にクチコミページに直接アクセスできるQRコードをおいて、簡単にクチコミを投稿できるようにする。また合わせて、クチコミ投稿でコーヒー一杯サービスなどの特典をつけることも一つの施策となるでしょう。

②Google マイビジネスに投稿する

Google マイビジネスには投稿機能があり、オーナーの意思で幅広い情報を顧客に提供することが可能です。豊富な情報が投稿されていることで、Google マイビジネスと検索ワードとの関連性が高まり、上位に表示される確率が上がります。

③Google マイビジネスと公式サイトの「NAP+O」情報を揃える

「NAP+O」と呼ばれる基本的な店舗情報を、公式サイトと正確に一致させましょう。NAP+Oとは、NAP+Oとは、Name(店舗名)、Address(住所)、Phone Number(電話番号)、Operating hours(営業時間)の頭文字をとったもの。

Google マイビジネスの基本的情報と公式サイトの情報が正確に一致しないと、Google側でも信頼できる情報と判断するのが難しく、掲載順位にも影響を与えかねません。

④公式サイトのSEO対策

Googleは公式サイトのウェブ検索順位が、MEOに影響を与えることを名言しています。

SEOのアルゴリズムである「検索意図の把握」、「ウェブページの関連性」、「コンテンツの正確性」、「ユーザビリティ」、「文脈の考慮」の5つの要因を参考に、自社サイトの掲載順位の向上に努めることが、Google マップ上の順位向上にも波及します。

⑤サイテーションを増やす仕組みづくり

Google マップのクチコミだけではなく、Twitter、Facebook、Instagramなど、SNSでの店舗名の言及や、SNSや公式サイトへのリンク等もMEOアルゴリズムである「知名度」に影響します。

SNSのを活発に運用することはもちろん、ハッシュタグに店舗名をつけてツイートすると特典をつけるなどのキャンペーンをするなど、店舗側でサイテーションを生み出す努力をすることがGoogle マップでの検索結果向上につながってきます。

まとめ:MEOアルゴリズムを理解して上位表示を目指そう

MEOアルゴリズムは、「検索ユーザーの位置情報」が検索結果に大きく反映されます。そのため、ライバルがユーザーが検索したエリアの近郊に限定されるため、今から真剣に取り組むことで上位表示がしやすいといえるでしょう。

Googleが発表している基本的なMEOアルゴリズムを深く理解し、ぜひ競合の一歩先をゆくMEO対策を行ってください。

この記事を書いた人
鎌田 啓佑
鎌田 啓佑
サーファー向け波情報・気象情報サービス提供会社にて気象予報士として勤務。その後、CSRコミュニケーションの支援企業でのデザイナー職を経て、2012年「鵠沼三丁目デザイン」を設立。2017年に株式会社UMIBEとして法人化。
このライターの記事を見る
TOP