リスティング広告の効果的な出稿手順や効果が出ない際の改善点を解説!

リスティング
リスティング広告の効果に関するアイキャッチ画像

「効果的なリスティング広告の運用ができるか不安」「すでにリスティング広告を実施しているけど、思っているような効果が出ない」という方は多いですよね。

リスティング広告は、あなたがリーチしたいターゲットにアプローチ可能な有力な方法です。

この記事では、リスティング広告で効果を出すための方法や効果が出ない際の改善方法について解説します。

リスティング広告の効果に関して、気になっている方の参考になれば幸いです。

リスティング広告について解説

リスティング広告の説明画像リスティング広告で効果を出すための方法を解説する前に、リスティング広告の特徴を把握する必要があります。

ここでは、なぜ多くの方がリスティング広告を利用するのかについてや、リスティング広告の特徴を紹介します。

リスティング広告を利用する方が多い理由

リスティング広告を利用する方が多い理由は、単刀直入にいうと「効果が出て、お金になるから」です。

電通の広告調査「2018年 日本の広告費」によると、インターネットの広告費用は前年比で116.5%増加しており、中でも運用型の広告費用は122.5%の伸びをみせています。

対して、テレビや雑誌、新聞の広告費用は減少傾向です。

引用:電通の広告調査「2018年 日本の広告費」

日本の広告費2018年

企業としては儲かる媒体に広告費用を投下するのは当然のこと。つまり、運用型の広告は効果があり、儲かるということを示しています。

傾向としては今後も運用型の広告費用は増加する見込みとなっており、リスティング広告に力を入れる企業が増加することになるでしょう。

リスティング広告の特徴を解説

リスティング広告の最大の特徴は、見込み客に効率よくアプローチ可能であるという点です。

ここでは「青汁」を販売するケースを考えてみましょう。

<リスティング広告の場合>

【方法】「青汁」及び、関連キーワードに広告出稿する。

【リーチできる見込み客】青汁について検索した顧客であり、成約率が高い

 

<SEOの場合>

【方法】「青汁」のキーワードでサイトを作成し、検索結果で上位表示させる

【リーチできる見込み客】青汁について検索した顧客であり、成約率が高い

SEOは時間がかかり、必ず検索結果で1位を取れるとは限らない。

 

<テレビ広告の場合>

【方法】「青汁」に関するCMを作成する

【リーチできる見込み客】特定の時間にテレビ番組を視聴している人

直接購買につながる行動を促すのは難しく、そもそもターゲットに確実にリーチできるのか不明。

 

<新聞広告の場合>

【方法】「青汁」に関する新聞広告を作成する

【リーチできる見込み客】新聞を購読している人

テレビよりもさらにターゲットがあいまいになり、レスポンス率は非常に低い。

上記のように比較してみると、リスティング広告が効果的に見込み客にリーチできる手段であることが分かりますよね。

リスティング広告の運用を始める際の注意点はこちらの記事を参照

【初心者向け】リスティング広告とは?基本知識〜メリット・デメリットを解説!

リスティング広告の効果を出すために注意したい点は?

リスティング広告の効果注意画像リスティング広告で効果を出すためには、実際にどのようなことを実施すれば良いのでしょうか。

ここでは、成約率の高いLPを用意する、キーワードの絞り込みを明確にする、適切な予算を把握するという3つの項目で説明します。

成約率の高いLPを用意する

LPとはランディングページのことです。

訪問者があなたのサイトを見た際に最初に目にするページであり、リスティング広告で出稿されるLPは1つの商品の説明をするページのことを指します。

リスティング広告で効果が出ないという方はLPに問題を抱えていることが多く、せっかく見込み客が訪問してきても購入につながらないのであれば意味がありません。

【成約率の高いLPに必要な要素】

・ユーザーの悩みとそれを解決する方法(御社の商品)の提示

・口コミ

・今すぐ購入する必要

・ユーザーのメリットが盛り込まれている

・商品を他社と比較した際の強みが明確

・分かりやすい購入ボタン

あなたのLPに上記の内容が含まれているかをまずは確認するようにしましょう。

キーワードの絞り込みを明確にする

リスティング広告で効果を出すために重要な要素の2つ目はキーワードの絞り込みです。

大手企業は数百万のキーワードを網羅しながら、顧客の獲得に取り組んでいます。あなたが戦わなければならないのは広告費用数億円を投下する会社の可能性もあるのです。

そんな相手と戦うにはあなたが販売したい商品の強みを強調し、強みが最も発揮できるキーワード探しが必須となります。

青汁を販売したいのであれば、「青汁」というキーワードだけでなく、「青汁 苦くない」「青汁 飲みやすい」などあなたの商品の特徴が最大限に活かされるミドルワードやスモールワードを見つけましょう。

適切な予算を把握する

リスティング広告で効果を出すには、どれくらいの成約率であれば、赤字にならないのかを把握することも非常に重要です。

最初はテストとして、少ない金額で広告運用を始め、費用対効果が合うようになったら、広告費用を大きく割くようにしましょう。

リスティング広告で効果が出ない際に改善すべき点は?

リスティング広告の効果改善の解説画像リスティング広告で期待しているような効果が出ないという場合、まず何が原因なのかを突き止めることが重要です。

ここではリスティング広告の効果が出ない際に見直すべき内容を確認します。

広告文の見直しを行う

広告文の見直しは、クリック率が低い場合に効果的な対応策になります。

リスティング広告 SEO対策これはSEO対策で検索した結果です。上位には大手企業のサイトが並んでおり、この中でクリック率を高めるのは至難の業です。

広告文については、一目で御社の強みが分かるような文章にし、他社と差別化を図るようにしましょう。

ターゲティングの内容を変更する

ターゲティングの内容を変更するのは、クリック率と成約率の両方が低い場合です。

適切なターゲットにリーチできなければ成果がでないのは当然です。

リスティング広告では、以下のように細かなターゲティングが可能となります。

・曜日

・エリア

・デバイス

・接触履歴

数値の目標を明確にし、最も効果が期待できるターゲティング設定を探すようにしましょう。

また、クリック率と成約率の両方が低い場合は、LPの構成や内容など他の原因を見直す必要もあります。

除外キーワードを設定する

リスティング広告で効果が出ない際に見直す3つ目の項目は除外キーワードの設定です。

リスティング広告を出稿する際には、想定していないキーワードで広告が出稿されている可能性も高いです。

例えば、「青汁」というキーワードであれば、「青汁 返品」などのキーワードであれば購入につながる可能性は低いと想定されます。

除外キーワードの設定により、成約率が低いと思われるキーワードで広告出稿され、クリックされれば無駄な費用となってしまいます。

除外キーワードの設定により、費用対効果を最大化しましょう。

まとめ

リスティング広告効果のまとめ画像この記事ではリスティング広告で効果を出す方法、効果が出ない場合に見直すべき点を中心に解説してきました。

リスティング広告で成果を出すには、成約率の高いLPを用意すること、キーワードの絞り込みを明確にすること、予算管理を丁寧に行うことです。

また、現在リスティング広告で効果が出ていないという方は、広告文やターゲットの見直し、除外キーワードの設定を行いましょう。

この記事がリスティング広告の効果に関して、気になる方の参考になれば幸いです。

リスティング広告の関連記事はこちらの記事を参照

リスティング広告のやり方を解説!GoogleとYahoo!の広告設定方法や予算も解説

この記事を書いた人
kiyohitotanaka4311@
kiyohitotanaka4311@
元アフィリエイター、現ライターの活動をしております田中と申します!フリーランスとしてノマド生活をしており、日本はもちろん、世界各国を放浪しています。ライターをしながら、ディレクターとしての仕事とマーケティングの仕事にも力を入れています。趣味はモンストとサッカー観戦。
このライターの記事を見る
TOP