Instagram広告の種類とターゲティングについて徹底解説!

Web広告運用
Instagramで写真を見る人

「Instagram広告って、どんな種類の広告が出せるの?」「どんなターゲティングができるの?」

今回は、Instagram広告の種類とターゲティングについて解説します。この記事を読めば、Instagram広告のクリエイティブの種類とどんなターゲティングができるかがわかります。

Instagram広告を使いこなすためにぜひ参考にしてください。

Instagram広告とは

Instagram広告の広告配信面

Instagram広告とは、Instagram内で出せる広告のことです。Instagram広告は、正確にはFacebook広告のInstagram面限定の広告配信を指します。すなわち、Facebook広告と同様の出稿形態で広告を出すことができます。

広告が出せるInstagram面は、フィード、発見タブ、ストーリーズの3つです。Instagramは今、日本で一番伸び盛りのSNS。若い女性だけでなく中年の方も積極的に使いだしており、注目のメディアです。

Instagram広告の種類

Instagram広告のクリエイティブ制作

Instagram広告のクリエイティブは、非常にバラエティ豊かで多彩な種類があります。写真だけでなく、動画やスライドショーなども使うことができます。以下では、代表的なものをご紹介します。

写真広告

Instagram広告の写真広告
※出典:広告素材シリーズ パート1: 優れた広告素材の定義|Instagram for business

写真広告とは静止画での広告のことです。Instagramは写真や動画でコミュニケーションをとるメディアで、きれいな写真がたくさんアップされています。広告も魅力的な写真を使って訴求することで、ユーザーの高い注目を集めることができます。

動画広告

Instagram広告の動画広告
※出典:Instagramで動画を利用|Instagram for business

動画広告とは、フィードやストーリーズで動画で訴求することができる広告のことです。動画は静止画やテキストよりもたくさんの情報を訴求することができます。また単純に動いているものは目を引くことができるので広告への興味も喚起しやすいです。

カルーセル広告

カルーセル広告は、正方形の静止画(動画も可)を3枚~5枚(設定は最大10枚)一緒に配信することができます。

ユーザーは広告表示された後、横スクロールで好きな静止画を選ぶことができます。写真広告の一種ですが、複数の写真が掲載できることがメリットです。また、写真ごとに異なるLPのURLを設定できるところもポイントです。

カル―セル広告のイメージはこちらを参照

カルーセル Instagramフィード|Facebook広告ガイド

コレクション広告

コレクション広告とは、Instagram上で自社のカタログを掲載できる形式の広告です。メインの画像(動画も可)の下に、複数の商品画像を表示させることができます。

広告をタップすると、全画面で商品紹介ページで遷移し、その中で商品をタップするとWebサイトへ遷移させることができます。商品の購入を促進するのにぴったりの広告です。

コレクション広告のイメージはこちらを参照

コレクション Instagramフィード|Facebook広告ガイド

ストーリーズ広告

ストーリーズ広告とは文字通りストーリーズに配信される広告のことです。なお、ストーリーズの投稿は24時間で消滅してしまいますが、広告は消滅しません。ストーリーズの全画面の表示をフルに使って、写真、動画、カルーセルなどで訴求することができます。

ストーリーズ広告のイメージはこちらを参照

画像 Instagramストーリーズ|Facebook広告ガイド

Instagram広告のターゲティング

ターゲティングイメージ
Instagram広告はFacebook広告の配信面を限定したものなので、ターゲティングの項目はFacebook広告と同一です。ここでは、そんなInstagram広告のターゲティングについて解説します。

ユーザー属性

ユーザー属性は性別、年齢(13歳~65歳まで1歳刻み)、市区郡(半径での指定でも可)指定などが可能です。エリア指定は居住だけでなく、最近その地域にいた人や、その地域を旅行中の人といった指定も可能です。

インタレスト

興味関心は特定のジャンルのFacebookページを見ていたりエンゲージメントしていたりした人がターゲティングされるものです。カテゴリは随時変更があります。面白いところでは、職業や学歴なども一部指定してターゲティングできます。

ユーザーアクション

Facebookページに「いいね」を押した人やその友達、またはアプリを使用した人やその友達、Facebookイベントに回答した人など、Facebookやアプリ上のアクションの有無やその友達でターゲティングできる機能です。これらの人を配信除外に設定することもできます。

カスタムオーディエンス

カスタムオーディエンスとは、リターゲティングやCRMなどに蓄積されたメールアドレスを利用した配信のことです。

Facebookがあらかじめ設定していない任意のオーディエンスリストをこれらの既に補油している情報で作成し、そのリストに配信するものを指します。

面白いところでは広告動画の視聴者をターゲティングする、といった設定も可能です。

類似オーディエンス

類似オーディエンスは、カスタムオーディエンスでターゲティングできたユーザーの類似ユーザーに拡張配信するターゲティングです。拡張の度合いについては濃い~薄いまで10段階で設定することができます。

Instagram広告の注意点

Instagram広告の注意点

ここではInstagram広告の注意点について、クリエイティブとターゲティングについてお伝えします。

広告クリエイティブについて

Instagramが配信面に入っているFacebook広告では、長らく20%ルールということが言われてきました。

すなわち画像全体に対し、文字の比率が20%以上占めているとNGというものですが、最近はこのルールが撤廃されています。ある程度の量の文字を広告に入れても、配信が止まるということはなくなりました。

しかし、Instagramで広告を出す、ということを考えると、文字量は控えめのほうがいいでしょう。写真中心のコミュニケーションツールであるInstagramで通常のバナーのような画像を出しても、ユーザーから良い印象に思われることは少ないでしょう。

ユーザーから配信停止が相次ぎ、広告の評価が下がれば表示回数にも影響してきますので、引き続き意識するべき点と言えます。

また、画角に関しては最低正方形1種類、できればストーリーズ面の縦長画像を入稿したほうが良いです。横長16:9の画像は配信面が縦に小さくなってしまうので、入稿しなくても特に問題ありません。

ターゲティングについて

Instagram広告はFacebookユーザーかつInstagramユーザーであるユーザーが、広告接触します。Instagramのみのユーザーは広告表示されないので注意が必要です。

また、Instagramユーザーは幅広い年代層になってきつつあるとは言え、まだ女性中心のメディアです。

特に20代~30代女性からの反応が良く、ママ向けのキャンペーンなどにぴったりのメディアですが、反面男性向けのキャンペーンについては訴求できるユーザー層が限られてしまいます。

また中高年層もまだまだたくさん存在するとは言い難いので、プランニングの時に注意が必要です。

また、ネット広告の大原則ですが、ターゲットを絞りすぎるとリーチするユーザー数が極端に減るので、ターゲットはある程度広めに取っておきましょう。

さらに、キャンペーン同士のターゲティング設定が被ると、同一アカウント内で競合入札が起きます。

結果として広告配信が抑制され全く表示されない、ということも発生しますので、注意が必要です。

Instagram広告を使いこなそう!

Instagram広告でエンゲージメント獲得

Instagramの伸長に伴い、Instagram広告にチャレンジしたい、という広告主も増えてきています。

ターゲティングを間違えず、面白いクリエイティブを表示させることができれば、Instagramは強力なマーケティングツ―ルとなるでしょう。ぜひチャレンジしてみてください!

WEBでの集客でお困りの方や成果が出ないなどのお悩みがある方は、ぜひ一度ご相談ください。

WEBMARKS(ウェブマークス)のサービス内容についてはこちら→

TOP