コピーライティングの意味とは?概念を正しく理解すべき3つの理由

コピーライティング
イメージを作るコピーライティング

ライターに関心がある方のなかには、コピーライティングの概念がよくわからないという方も多いのではないでしょうか

コピーライティングは消費者心理に深く関係しているイメージから、セールスライティングと混同されてしまうことも珍しくありません。

しかし、コピーライティングとセールスライティングは似て非なるものです。

これからライターとしての活動を検討している方は、概念から正しく理解することでさまざまなメリットを手にすることができるはずです。

そもそもコピーライティングの正しい概念とは?

コピーライティングの概念

コピーライティングの正しい概念は、イメージを喚起するための文章と言い換えられます。

TVCMがもっとも身近で、わかりやすい例と言えます。

そして、コピーライティングは、短い単語を使用しながら、商品の説明をするのではなくユーザーにイメージさせることが狙いです。

Aという製品を使うことのメリットなどを説明するセールスライティングとは違い、用いる言葉で印象をコントロールするライティングがコピーライティングです。

セールスライティングについての理解を深めたい方はこちらをチェック!

セールスライティングを学べる本3選!フレームワークを身につけよう

コピーライティングの概念を理解しておくべき3つの理由

コピーライティングをする女性

ここからは、コピーライティングの概念を理解しておくべき理由を3つ紹介していきます。

ライターとしての活動を検討している方は、いずれたくさんの文章を書くことになると思いますが、コピーライティングの概念を理解しているだけで作品の質を高めることができるでしょう。

ユーザーに届けるべき情報を明確にできる

コピーライティングの概念を正しく理解しておくべき1つ目の理由が、ユーザーに届けるべき情報を明確にできることです。

イメージを喚起させるための文章であると、セールスライティングとの違いを知っているだけで執筆にかける時間を大幅に短縮できるでしょう。

クライアントとの共通認識をもちやすくなる

案件の探し方にもよりますが、クライアントとの共通認識をもちやすくなることも、コピーライティングを正しく理解しておくべき理由の1つです。

直接顔を合わせたり、チャットで事細かな打ち合わせができれば問題はありませんが、「コピーライティングの意味を理解している」ことを大前提としているクライアントも少なくありません。

ライターが案件を探す段階から、コピーライティングとセールスライティングの違いを理解していれば、クライアントとのやりとりを最小限に留めることもできるのです。

ライターとしてのスキルアップを効率化できる

コピーライティングとセールスライティングの違いを理解することは、ライターとしてのスキルアップを効率化することにも繋がっています。

もちろん、コピーライティングとセールスライティングの違いを理解し、案件を問わず、執筆をおこなうことも可能です。

ただし、これからライターとしての活動を検討している方は、まずは概念を正しく理解し、どちらかのスキル習得を目指したほうが時間を大きく短縮できるでしょう。

コピーライティングの質を高める2つのポイント

コピーライティングのポイントをメモする男性

最後にコピーライティングの質をグッと高める2つのポイント紹介していきます。

コピーライティングとセールスライティングの違いを理解しつつ、正しい情報を得ながら、リサーチを徹底したライティングをおこなうことが重要です。

地道な作業ではありますが、忠実に行動に移すことでライターとしての評価を短時間で高められるでしょう。

ノウハウのインプットを率先しておこなう

コピーライティングの質を高めるためには、インプットを率先しておこなうことが重要です。

繰り返しとはなりますが、コピーライティングの目的は取り扱う商品やサービスのイメージをユーザーに喚起させることです。

そして、本やインターネットで紹介されているノウハウをインプットすることで、ライティングに必要なスキルを短時間で身につけられます。

もちろん、独自の感性でコピーライティングを数多くこなすこともできますが、自分がユーザーとしてどのような印象を受けるかを確認することも大切です。

リサーチを徹底したライティングをおこなう

リサーチを徹底したライティングをすることも、コピーライティングの重要なポイントです。

セールスライティングほどの文章量を求められないコピーライティングですが、リサーチを徹底することでしか与えたいイメージを作ることができません。

短いフレーズでイメージを伝えるという観点では、セールスライティングよりもコピーライティングのほうが難しいとも言えそうです。

コピーライティングのコツを知りたい方はこちらをチェック!

コピーライティングのコツとは?ライターの価値を上げる3つの方法

まとめ

コピーライティングのイメージを作る男性

ライターにとって基本的な知識となりますが、コピーライティングの概念を正しく理解することには思いの外大きなメリットがあります。

特にこれからライターとしての活動を検討している方は、第一にコピーライティングを正しく理解することをおすすめします。

ライティングの専門的なノウハウもゆくゆくは必要になりますが、コピーライティングとセールスライティングの違いを理解しているだけで、クライアントとのやり取りやスキルアップをスムーズにすることができるでしょう。

この記事を書いた人
webmarks編集部
webmarks編集部
企業や個人様のWEBマーケティング事業支援なら神奈川県・湘南茅ヶ崎のwebmarksにお任せください。SEOによる集客UP、GA解析によるCV増加などクライアントの希望を全力でサポートさせて頂きます。安心価格で丁寧なサポート、お客様の気持ちに寄り添った業務支援を心掛けています。
このライターの記事を見る
TOP