【超簡単】Googleアナリティクスのデータをダウンロードする方法!

アクセス分析
Googleアナリティクスのデータをダウンロードする方法とは?

Googleアナリティクスの強みといえば、さまざまな媒体の情報を一元管理できること。

しかし、実際の業務でのレポーティングでは、会社規定のフォーマットに数字を当てはめたり、Googleアナリティクスのデータを媒体が提供するデータと突き合わせる必要が出てきます。

そうした場合に必要となるのが、Googleアナリティクス上のデータをExcelやcsv、PDFとしてダウンロード(エクスポート)する作業です。

そこで今回は、Googleアナリティクスでデータをダウンロードする方法を詳しくご説明します。あわせて、よくあるミスや文字化けへの対策もご紹介します。

GoogleアナリティクスのデータをExcelやcsvとしてダウンロードする方法

さっそく、データのエクスポート方法を見ていきます。方法はとても簡単で、以下の2ステップで完了します。

1. 画面右上の[エクスポート]を押す

Googleアナリティクスのエクスポートしたい画面に行き、画面右上の[エクスポート]ボタンを押します。

export1

2. ファイル形式を選択

「PDF」「Googleスプレッドシート」「Excel」「csv」の中から目的に応じて選択しましょう。

export2

ファイル形式を選択すると、「エクスポートしています」という表示が現れ、エクスポートが完了します。とても簡単ですよね。

export3

例えば、

[行動]>[サイトコンテンツ]>[すべてのページ]

の画面をExcel形式でエクスポートした場合は、こちらのようなローデータが取得できます。抽出したローデータは、Excelでマクロを組むなどして、フォーマットを整えるのが一般的です。

export4

Googleアナリティクスのデータをダウンロードする際によくあるミス

パソコンのイメージエクスポートしたExcelやcsvのデータを活用していると、明らかな異常値だったり、他の数値との整合性がつかないことがあります。

その場合は、データをエクスポートする際に設定ミスをしている可能性があります。間違った数値のままレポートになり、最悪、企業の意思決定を狂わせてしまうこともありえます。ミスがないよう注意しましょう。

ここではよくあるミスを2つご紹介します。

1. 期間の設定を間違えている

初歩的ですが、期間をカスタマイズしておらず、レポート対象期間とずれていることがあります。一番最初に期間を設定する習慣をつけましょう。

画面右上から期間は変更できます。

export5

2. 行数を変更していない

PC版の場合、デフォルトでは10行しかデータが表示されません。

こちらの画面の場合、全部で118行までデータがありますが、10行までしか表示されていません。それにより、エクスポートするデータも10行となります。

export6

一般的にレポートとして使用するときは、全ての行のデータをエクスポートすることが多いでしょう。

上の画像の場合、「表示する行数」を118以上に設定することで、全ての行を表示させ、データもエクスポートすることができます。

Googleアナリティクスのダウンロードデータが文字化けする時の対策

エクスポートしたcsvファイルをExcelで開くと、このように文字化けすることがあります。文字化けする理由は、エクスポートしたcsvファイルではUTF-8という文字コードが使われているからです。

文字化けのイメージ

主な解決方法は以下2つです。

【解決方法1】
Excelで開くときはExcel形式でエクスポートする。

【解決方法2】
どうしてもcsvファイルをExcelで開く必要がある場合は、下記の手順を踏めば解決します。

  1. csvを「メモ帳」などのテキストエディタで開く
  2. 文字コードをANSIまたはShift-JISとして新しい名前で保存する
  3. その新しいファイルをExcelで開く

まとめ

ご紹介した通り、Googleアナリティクスでは簡単にデータをExcelやcsvとしてダウンロードすることができます。

とはいえ、必要なデータの数が多かったり、レポートが毎日必要となる場合は、ダウンロードだけでも一定の工数がかかってしまいます。

やや上級者向けですが、Googleスプレッドシートの「アドオン」という機能を使えば、データを自動で更新することができます。ぜひチャレンジしてみてください。

また、レポート作成時にデータを各媒体から引っ張ってきて、集約するのは手間ですよね。

Googleアナリティクスでは、URLにパラメータを付与したり、イベントタグを埋め込むことで、各種データを管理画面上で一元的に確認することができます。データをダウンロードして突合しなくても、Googleアナリティクス上で全てを網羅している形を目指しましょう。

イベントトラッキングのタグを埋め込む方法はこちら
Googleアナリティクスのイベントトラッキングの方法を解説!

URLにパラメータを付与する方法はこちら
Googleアナリティクスのパラメータ設定方法やルールを解説!

Googleアナリティクスを基本から知りたいからはこちら
【アクセス10倍?】Googleアナリティクス解析でできること!

この記事を書いた人
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
このライターの記事を見る
TOP