ライフハック

フリーランスのWebエンジニアとは?失敗を防ぐための3つのスキル

ズームアップされたノートパソコン

この記事では会社員よりも稼げると言われる、フリーランスのWebエンジニアとして成功するためのスキルを解説します。

おそらく、単価を自分で決められる自分のペースで仕事ができるといった会社員とフリーランスWebエンジニアの違いを理解しているという方は多いことでしょう。

しかし、フリーランスのWebエンジニアとして成功するためには、条件や働き方の特徴といった表面的な情報だけでは不十分です。

今回解説するような本質的なスキルを身につけ、セルフチェックを行なうことで、フリーランスのWebエンジニアとして成功する確信をもてるはずです。

フリーランスのWebエンジニアとして適性を活かすスキル

チャートをもとに説明をする男性の手

結論からお伝えすると、フリーランスのWebエンジニアとして成功するためには、自分にその適性があるかを理解し、その適性を活かすことが最も重要です。

フリーランスになったほうが稼げるとされるWebエンジニアですが、収入の大きさと仕事の満足感は必ずしも一致するものではありません。同じスキルがあっても、会社という環境に属しているほうが良いという方もいます。

まずは仕事に対して疑問をもつこと、自分でモチベーションを維持できるかを、冷静に分析することから始めることをおすすめします。

疑問をもつことが最低限必要な適性

フリーランスのWebエンジニアに、最低限必要な適性が疑問をもつことです。先ほども触れたようにフリーランスと会社員には、組織に属しているかどうかという大きな違いがあります。

会社員は会社に通うことで、上司や同僚から信頼され、ある程度のやりがいを得ることができますが、フリーランスは着実に成果をあげていっても基本的に一人で仕事を進めていきます。

そして、仕事へのやりがいを得るために必要な特性が、疑問をもつことなのです。

ただ、クライアントから依頼された内容をたんたんとこなすのではなく、もっと効率化するには?もっと魅力的な作品にするには?といった疑問をもてるかどうかをセルフチェックしてみましょう。

モチベーションを自分で維持できるか

フリーランスのWebエンジニアに求められる2つ目の適性が、モチベーションを自分で維持できることです。

実はモチベーションのあり方はさまざまあるとされており、より多くの報酬を得ることに燃えるフリーランスがいる一方で、自分の存在価値を確認するために仕事に向かい合っているフリーランスもいます。

そして、基本的に一人で仕事に向き合わなければならないフリーランスのWebエンジニアは、モチベーションを維持するために自分の性格を理解している必要があります。

フリーランスになるからには、生活に困らないくらいの年収を得ることを目的にする方もいますが、その目標をクリアしたあとに仕事のモチベーションを見失うWebエンジニアも珍しくありません。

フリーランスのWebエンジニアとして実績を積むスキル

パソコンから派生したアプリのイラスト

ここからは、フリーランスのWebエンジニアとして実績を積むためのスキルを解説していきます。会社員という働き方と比較してみると、フリーランスは自発的な行動がなければ活躍することができません。

自分で仕事を獲得することが、フリーランスのWebエンジニアの基本的な働き方ですが、最近では給与保証のあるエージェントが増えていることも把握しておきましょう。

クラウドソーシングサービスなどで仕事を受注する

Webエンジニアに限ったことではありませんが、ここ数年でフリーランスという存在がかなりの市民権を得るようになりました。

2018年のランサーズの調査では、パソコンやタブレットなどのテクノロジーの進歩と、クラウドソーシングサービスなどの媒体が増加したことで、人口の17%がフリーランスとしての活動をしていることが明らかになっています。

ただし、すべてのフリーランスが専業であるわけではありません。クラウドソーシングサービスなどを利用し、会社員の傍らで仕事をしている方のほうが多いのが実情です。

クラウドソーシングサービスは参入しやすく、同じスキルが必要な案件でも単価が低くなる特徴がある一方で、将来的に独立することを目指している方には、仕事を受注する経験を積めるというメリットがあります。

参考:フリーランス実態調査 2018年版を発表 | ランサーズ株式会社

給与保証のある働き方もできるように

まだまだ少数のエージェントですが、給与保証のある働き方を展開している企業もあります。フリーランスというよりは会社に派遣する形態に近く、すべてを自分のペースで進められるわけではありません。

しかし、将来的にフリーランスのWebエンジニアとして活躍することを考えている方には、仕事の獲得の仕方やクライアントが考えていることなどを体感する、良い機会になることは間違いありません。

エージェントから、Webエンジニア市場で必要な能力に関するアドバイスを得ることもできるため、フリーランスとしての市場価値を高められるサービスと言えるでしょう。

フリーランスの業務委託契約について知りたい方はこちら

フリーランスの業務委託契約における問題点とは!?

フリーランスのWebエンジニアの仕事を選択するスキル

ネクタイを締める男性

最後にフリーランスのWebエンジニアにもっとも必要な、仕事を選択するためのスキルを紹介していきます。

フリーランスのWebエンジニアの単価は30万円〜80万円ほどが相場とされており、継続的に仕事を受注できるようになれば、会社員の給料を上回ることができます。

ただし、自分で仕事を選択しなければならないのが、フリーランスのWebエンジニアの難点です。

特に自分で仕事を探し始めたばかりの人は、単価の高い案件に応募してしまいがちですが、信頼関係を築けるクライアントかどうかを見定めることのほうが重要です。

Webエンジニアにはそれなりのコーディングなどの知識が求められますが、信頼できるクライアントと出会うことができれば、わからないことを相談するなどの行動でスムーズに仕事を進められるでしょう。

まとめ

パソコンに表示されたコード

コードや使用する言語など、Webエンジニアは必要なスキルを具体化しやすい職業です。特にすでにIT系の企業に勤めている方であれば、フリーランスとしても十分に仕事をこなすことができるでしょう。

しかし、フリーランスのWebエンジニアには、テクニカルなスキル以外に求められる要素がいくつかあります。

今回取り上げた自分で仕事のモチベーションを維持することや、ステップアップするための過程といった情報は知っているよりも、体感しながら理解していく必要があるスキルです。

将来的にフリーランスのWebエンジニアとして活躍したいと考えている方は、自分の適性を理解し、どのようなルートで実績を積み上げていくかを具体化することから始めることをおすすめします。

フリーランスに求められる具体的なスキルを知りたい方はこちら

フリーランスになるためのスキルとは!?

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST