フリーランス

フリーランスになるためのスキルとは!?

フリーランスになるためのスキルとは!?

これからフリーランスとして働こうと考えている方で、どうしたらフリーランスとしてやっていけるのかと悩んでいませんか。

フリーランスとしてやっていくには、それなりのスキルが必要となってきます。

ここでは、フリーランスとしての働き方をいくつかご紹介していきたいと思います。

その際には、どんなスキルが必要となってくるのかも解説していきます。

もともと自分に自信があるスキルをお持ちであれば、それ以外にも身につけておいて損はありません。

是非、参考にしてみてください。

フリーランスの仕事とは?

では、「フリーランス」とはどういった仕事なのでしょうか?

一言でフリーランスと言っても、フリーランスのみで仕事をしている方もいれば、副業的な割合で仕事をしている方もいると思います。

それを大別すると、「独立系フリーランス」と「副業フリーランス」に分けられます。

独立系フリーランスでは、法人経営している方もいれば個人事業主として働いている方などがいます。

副業フリーランスとして働いている方は基本的に企業で働きながら空いた時間で副業的に働いているという雇用形態になります。

こういったどちらの場合でもフリーランスとして働いている方は合わせて日本では、現在1000万人ほどいます。

この数字は日本で働いている人口のおよそ、17%になります。

そして、フリーランスの経済規模はなんと20兆円を超えるようになりました。

このような、フリーランスとしての働き方がここ最近増えてきた背景には、ネット環境も広がり、リモートワークやテレワークといった業務などが増え、そういった仕事を行う場所や時間にとらわれない働き方が可能となってきたということがあります。

業務を受発注する際にも、クラウドソーシングサービスなどが気軽にできるようになったという理由もあるでしょう。

また、厚生労働省の資料「フリーランス白書2018」では、フリーランス協会による「フリーランス」の定義として、

「特定の企業や団体、組織に専従しない独立した形態で、自身の専門知識やスキルを提供して対価を得る人」

とあります。

フリーランスに必要なスキルとは

「フリーランス」という仕事がどういったものか説明してきましたが、ここからは具体的にどんな職種があるのかを解説していきたいと思います。

その際には、どんなスキルが必要になってくるのかも一緒に解説していきます。

まず、フリーランスの職種を大きく分けると、「クリエイティブ」「ビジネス」「職人」といったカテゴリーの3つになります。

クリエイティブフリーランス

クリエイティブフリーランスとは、デザイナー、WEBデザイナー、編集者、コピーライターなど何かを創り上げるといった職種になります。

もともと、広告代理店や制作会社などで働いていた方が独立してフリーランスとして働き始めるといった場合もあり、最近ではクラウドソーシングなどもあり、ネットを通して在宅で業務をする方も多いです。

こういった職種の場合、デザイナーなどはPCでの作業も多くなり写真の加工などに使われる「Photoshop」やイラストなどを描く際に使われる「Illustrator」といったソフトなどを使いこなせるスキルが必要となってきます。

またWEBデザイナーなど、ホームページの作成などの仕事を請け負うことになるとプログラム言語でのWEBコーディングが必要となりHTMLやCSS、JavaScriptなどの知識も必要になってきます。

また、コピーライターは「キャッチコピー」を生み出すのが仕事なので、どういったものが受け入れられ、用いられていくか、その独自性のある感性がスキルといってもいいでしょう。

ビジネスフリーランス

ビジネスフリーランスとは、エンジニアやライターコンサルタントなどビジネスに関わる職種になります。

もともと企業で働いていた方が、こういった職種でも独立しやすくなりフリーランスとして始めている方が多くなってきました。

こういった職種の場合、エンジニアだとPCで使われているプログラム言語、先ほどのHTMLやCSS、JavaScriptといった言語に加えPHP、Rubyといったさらに詳しいプログラム言語の専門的な知識が必要となります。

ここ最近では、スマートフォンのアプリ開発といった仕事も多くプログラム関連の専門的知識は必須です。

また、ライターの場合、初心者の方でも仕事を始めやすく最近ではクラウドソーシングサービスでもたくさんの仕事が発注されています。

ライターとしてのスキルは、やはり文章を書く力とその文章を書く上での情報収集能力です。

ただ、文章を書くだけでは読者は読んでくれませんのでいかにして、読者に読んでもらえるかといった独創的な文章を書くことや、そういった文章をいかに早く書きあげるかといったスピードも必要なスキルと言えるでしょう。

職人フリーランス

職人フリーランスとは、その名の通りそれ専門のスキルを持っている人が仕事をする、美容師、スタイリスト、講師、トラック運転手など専門性の高い職種のフリーランスとなります。

それぞれの職に就くためにはその「資格」が必要となります。

美容師であれば、美容師免許が必要になります。

医者であれば、医師免許が必要となる、といったものです。

また、最近ではハンドメイドなどで収入をあげているハンドメイド作家なども人気で自分のハンドメイドのスキルを活かして、それ専用のアプリやサイトなどで販売しています。

他には美容関係のスキル、ネイリストやエステティシャンなどのスキルがあれば自宅での開業でフリーランスとして働くことができます。

どのくらい稼げる?

フリーランスとなってどのくらい稼げるのか、というと職種などによっても大きな幅があるので一概に「いくら」と言うことはできませんが、副業でのお小遣い程度の場合から、法人として収入が何千万円になる方もいるでしょう。

しかし、平均してみるとフリーランスの年収として(月の平均時間が140時間以上の人)およそ300~500万円ぐらいと言われています。

具体的な一例で、初心者でもフリーランスとして仕事を始められるライターの報酬を次にあげてみます。

ライティング例

ライティングの報酬としては、クラウドソーシングサービスなどで提示されている報酬額だと、安いものでは文字単価0.1円や1記事100円といったものから、文字単価2.5円やひと月30万円といった報酬などでかなりの幅があります。

参考までに、下記の主なクラウドソーシングサービスの報酬を見てみるのもいいでしょう。

主なクラウドソーシングサービスとして、

といったサービスがありますので、これからフリーランスを目指そうと思っている方はこういったサービスで自分のスキルに合わせて選ぶといいでしょう。

技術面以外のスキル

その他のスキルとしては、フリーランスとして仕事をしてく上で重要なのが「コミュニケーションスキル」になります。

フリーランスとしてクラウドサービスを利用するときはネットでの受発注が主となります。

対面することが、まずないのでチャットやメートいった業務でのやりとりはコミュニ―ケーションがとれないと信用にもかかわってきます

また、ネット上でのやりとりとなるため仕事の「納期」なども必然的に重要視されます。

仕事を請け負ったのはいいけど、「納期までに仕上がらなかった」では仕事をしていく上での信頼関係を築くことができません。

それでは、仕事を請け負うことができなくなります。

このように、技術面以外の「コミュニケーションスキル」というのも次の仕事につなげていくためには大事なことなのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今、フリーランスとして一歩を踏み出そうとしている方は自分のやりたい仕事のスキルを磨いて、どこでどのように活用できるか考えていきましょう。

また、人間性も大事なことです。

「コミュニケーションスキル」といっても一般的な常識的なことですが、そういったものも仕事を請け負う際には重要になりますので、頭においておくといいでしょう。

ABOUT ME
webmarks編集部
webmarks編集部
企業や個人様のWEBマーケティング事業支援なら神奈川県・湘南茅ヶ崎のwebmarksにお任せください。SEOによる集客UP、GA解析によるCV増加などクライアントの希望を全力でサポートさせて頂きます。安心価格で丁寧なサポート、お客様の気持ちに寄り添った業務支援を心掛けています。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST