Facebook広告で成功する方法を具体例を交えて紹介

Facebook
Facebook広告成功事例のアイキャッチ画像

「Facebook広告の成功事例を知りたい。」

「Facebook広告の運用が上手くいっておらず、どのように改善すればいいのか迷っている。」

この記事ではFacebook広告の成功事例を紹介しながら、広告出稿する際に注意すべきポイントを紹介していきます。

Facebook広告出稿で失敗したくない方必見です。

Facebook広告出稿前に注意すべき点

Facebook広告出稿前のポイント

Facebook広告の成功事例を理解する上では、広告の出稿前に注意しなければならない重要なポイントを把握する必要があります。

ターゲット設定、広告出稿の目的、広告の出稿方法について解説します。

ターゲットを明確にする

ターゲットを明確にするという点は広告を出稿する上で重要なポイントです。

Facebook広告のターゲットは大きく分けると2パターンに分かれます。

  • B to B(法人向け)
  • B to C(個人向け)

Facebookの利用者は10代が少なく、40代の男性がやや多い点が特徴。

働き盛りのビジネスパーソンの利用者が多いということで、法人向けの広告にも向いている媒体となっています。

まずは、法人向けに広告出稿するのか、個人向けに広告出稿するのか明確にしましょう。

広告出稿の目的を明確にする

ターゲットが決まったら次は広告の出稿目的を明確にする必要があります。

  • 商品販売
  • イベント集客
  • リード(見込み客)の獲得
  • セミナー案内
  • サービス申し込み

広告出稿目的によって、Facebook広告でのオファー内容は大きく異なります。

例として、イベント集客であれば来場者特典を用意することが多いですし、コンサルなどのオファーであれば無料の学習資料プレゼントなどの施策が効果的です。

なぜFacebook広告を出稿するのか目的を明確にし、オファーを検討しましょう。

広告の課金方法を決定する

広告出稿する前に理解しておかなければならない最後のポイントは、広告の出稿方法です。

Facebook広告にはCPCとCPMという2つの出稿方法があります。

  • CPC・・・広告をクリックすると料金が発生
  • CPM・・・特定の回数広告が表示されると費用が発生

より多くの人に広告を見てもらいたいという目的であればCPC、顧客獲得の効率を上げたいという場合はCPMの課金方法を選択するのがおすすめです。

Facebook広告の運用のコツについて、より詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】Facebook広告の運用のコツについて詳しく解説!

Facebook広告出稿する際に注意すべき点

Facebook広告のクリエイティブを作成する際のポイントFacebook広告で失敗しないためには、広告に工夫することも重要です。

広告出稿の際のポイントを紹介します。

ABテストで反応率の高いクリエイティブを見つける

Facebook広告ではクリエイティブのABテストが欠かせません。

広告の文章は同じでも、画像が異なるだけで反応率が2倍になるということも多いです。

ABテストの手順は広告文と画像を複数の候補を用意し、まずはテキストを固定し、反応率の高い画像を見つける。

その後に広告文をテストし、反応率が高いクリエイティブを見つけるという手順でテストを実施するようにしましょう。

広告が目立つようにするため工夫する

Facebook広告ではユーザーのタイムラインに流れてきた際に手を止めて広告をクリックしてもらう必要があります。

そのため、広告を目立たせる工夫が欠かせません。

  • 人の顔をアップにした画像を用意する
  • 訴求したい文字を大きくする
  • 背景色を目立つ色にする
  • 次回の行動を促す文言を入れる

ユーザーに目立つ広告作成を心掛けましょう。

Facebook広告の具体的な成功事例

Facebook広告キャンペーンの仕組みここではFacebook広告を実際に運用し、成功した事例を紹介しています。

紹介する2つの事例はFacebook公式からの引用です。

EC販売で成功した事例

Facebook広告でEC販売を行った成功事例の1つ目は京都やまちやです。

京都やまちやは香港におけるオンライン販売強化のためにFacebokで動画広告を配信。

同社の健康食品の特徴をハイライトしたものを配信した結果、広告コンテンツを見た際の売上が45%増加し、カートへの追加も2.8倍、カートに追加の平均コストも低減という成果を残しました。

モバイルファーストの施策を実施し、成功した事例の代表と言えます。

※引用:Facebook公式ページ「京都やまちや」https://www.facebook.com/business/success/kyoto-yamachiya

リード獲得で成功した事例

Facebook広告は見込み客の獲得と非常に相性の良い媒体です。

iPadを活用したクラウドPOSレジアプリを販売しているユビレジは「飲食店のオーナー」や「店長」など職業に絞ったターゲティングを実施し、見込み客にアプローチ。

無料でお試し可能というオファーを行ったところリード獲得単価が64%削減でき、コンバージョン率は7倍になりました。

職業に絞ったターゲティングが可能という点はFacebook広告ならではの強みです。

※引用:Facebook公式ページ「ユビレジ」https://www.facebook.com/business/success/ubiregi

Facebook広告のアカウント停止について、より詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】Facebook広告のアカウント停止について詳しく解説!

Facebook広告で成功する方法まとめ

Facebook広告のアカウント停止理由の画像この記事ではFacebook広告の成功事例について説明しました。

Facebook広告を作成する際にはターゲットや広告出稿目的を明確にし、今回紹介した成功事例を参考にしながら、クリエイティブを制作してみましょう。

WEBMARKSではお客様に広告の運用代行を行っております。WEB広告でお悩みの方はお気軽に問い合わせ下さい。

WEBMARKS(ウェブマークス)のサービスはこちらを参照

Facebook広告のコンバージョンについて、より詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】Facebook広告のコンバージョンについて詳しく解説!

この記事を書いた人
kiyohitotanaka4311@
kiyohitotanaka4311@
元アフィリエイター、現ライターの活動をしております田中と申します!フリーランスとしてノマド生活をしており、日本はもちろん、世界各国を放浪しています。ライターをしながら、ディレクターとしての仕事とマーケティングの仕事にも力を入れています。趣味はモンストとサッカー観戦。
このライターの記事を見る
TOP