Facebook

Facebook広告を運用する際のコツと運用の改善方法を解説

Facebook広告運用のアイキャッチ画像

「Facebook広告を効率的に運用するためにはどうすればいい?」「Facebook広告の運用をしているけど改善点は?」

今回はそんな方向けにFacebook広告の運用方法や、Facebook広告を運用する際の改善方法を紹介します。

この記事を読むとFacebook広告の運用方法が分かり、効果的に広告運用が可能となります。

Facebook広告運用を始める前に知りたいこと

Facebook広告についてのアイキャッチ画像Facebook広告を運用する前にFacebook広告の基本に関して理解しておく必要があります。

まずは、Facebook広告の仕組みや広告配信前のチェック項目について解説します。

Facebook広告の仕組みを理解する

Facebook広告はFacebookに表示される広告のことです。

Facebook広告の画像の説明画像広告についてはあなたがリーチしたいターゲットを選択することができたり、広告文や広告画像を設定することが可能となります。

また、あなたの広告が表示されるかどうかはオークション形式で決定します。広告の値段に関しては自動設定にするとFacebookが落札できる金額を自動的に選択してくれます。

広告配信をする前のチェックリスト

Facebook広告を配信する前には設定を確認することが重要となります。下記は広告配信前に確認する項目です。

  • キャンペーン目的と広告目的が合っているか確認する。
  • 配信スケジュールはどのようにするか?
  • 配信ターゲットの設定は決まっているか?
  • 画像や広告文に違反はないか確認する。
  • URLのリンクは正しく表示されているか。

Facebook広告を運用する前には上記項目を確認することをおすすめします。

Facebook広告を運用する際のコツ

Facebook広告運用のコツの画像Facebook広告の運用を実際に行う際に注意すべき点はキャンペーン広告と広告セット、オーディエンスの設定方法です。

ここではそれぞれの項目について詳細を解説します。

キャンペーンと広告セットを工夫する

Facebook広告を運用する際、最初に注意する点は目的を明確にするという点です。

①キャンペーンの設定を行う

※Facebook広告のキャンペーンとは広告の目的を設定することです。

②広告セットを作成する

※広告セットは具体的にどのようなターゲットに対して広告出稿をするのか設定したり、配信期間や予算を決定するプロセスになります。

③広告を作成する

※具体的な広告写真や広告文章を作成します。

Facebook広告の広告出稿のプロセスは上記のように進んでいきます。その中で最も大切になってくるのがキャンペーンの設定となります。

Facebook広告は以下の項目から広告出稿の目的を選択することが可能です。

Facebook広告のキャンペーンの種類Facebookが目的にあうターゲットに対して、最も安い方法で自動的に広告出稿をしてくれます。

例えば、広告目的がブランド認知であれば、CPM(コスト・パー・ミル)と呼ばれる、1,000インプレッション当たりに対して金額が発生する形となります。この広告方法は多くの方にリーチするのに最も適した広告配信方法です。

運用の際には費用対効果を高めるためにもキャンペーンの設定は注意しましょう。

また、広告セットの設定を工夫することも重要です。広告セットでは、ターゲットの絞り込みが可能となります。

ここでも広告配信の目的という項目があるため、基本的にはキャンペーンの目的と同様のものを選択するようにしましょう。

広告運用に慣れてきたり、広告の成果が上がらないという場合はキャンペーンの目的と広告セットの目的を変更するというのもひとつの方法です。

オーディエンスの設定方法について

Facebook広告の運用で注意する点の2つ目はオーディエンスの設定方法です。

オーディエンスの設定に関しては、広告設定から行うことができますが、複数のオーディエンスをテストすることが重要です。

例えば、あなたが英会話教室を運営しており、集客のためにFacebook広告を利用すると仮定します。その場合のオーディエンスの設定は以下の通り実施することがおすすめです。

  • オーディエンスA:①20~29歳男性、②大阪市西区、③10時~12時の時間に配信
  • オーディエンスB:①20~29歳男性、②大阪市北区、③10時~12時の時間に配信

オーディエンスのテストのコツは設定項目を1~3項目違うものを用意し、なぜ反応率に違いが出るのかを検証することです。

これにより、最も反応が得やすいターゲットが判明し、広告費用を無駄にすることがなくなります。

Facebook広告を運用する上でオーディエンス設定は非常に重要です。

Facebook広告の関連記事はこちらを参照

Facebook広告とは?特徴やメリットを詳しく解説!

Facebook広告の運用改善方法は?

Facebook広告の運用改善画像Facebook広告を運用しているが、中々思うように成果が上がらないという方もいらっしゃると思います。

Facebook広告の運用で成果が出ない場合に重要となる項目を解説していきます。

データ分析を丁寧に行う

Facebook広告で成果が出ないという方が最初に行うべきはデータ分析です。

これはリスティング広告やその他のSNS広告でも同様であり、何が問題なのかを正確に理解することが重要です。

Facebook広告の運用で見直すべき点に関しては下記の通りです。

  • 広告のクリック率
  • CPA
  • 対象ユーザーの性別や年齢
  • デバイス毎の反応率
  • 広告配信の時間帯

データ分析を行うと、改善すべき点だけでなく、どの項目で成果が出ているのかについても知ることができます。

感覚ではなく、理論に基づいた正しい改善を実施することで広告効果を最大にしましょう。

1つのセグメントに固執しない

Facebook広告を運用する上で1つのセグメントに固執することはおすすめできません。

例えば、20代の女性の反応率が高いと信じて配信している広告であったとしても、広告の成果が出なければ、それは誤ったセグメントを行っているということになります。

広告成果が出なければ、1つのセグメントに固執しすぎず、キャンペーンの目的や広告セットの設定、バナーなどの変更を行うようにしましょう。

広告設定は頻繁に見直す

Facebook広告は同じ広告、同じ設定で広告運用を続けることはおすすめできません。

理由としては、同じ設定で2週間以上配信してしまうと、Facebook側により古い広告と判断され、配信量が減少していくからです。

クオリティーが高く、反応の高いFacebook広告であったとしても1カ月ほどが広告運用の目安となり、短ければ1週間で悪影響が出ることもあります。

広告の成果が上がらないという場合に関しては、長い期間同じ広告を配信し続けていないか確認するようにしましょう。

まとめ

Facebook広告運用のまとめ画像この記事ではFacebook広告の運用について解説してきました。

  • キャンペーンの設定と広告設定を工夫する
  • オーディエンスの設定を複数用意し、テストを行う

これからFacebook広告の運用を開始しようと考えている方に関しては、上記項目を意識し、設定に気を付けることが大切です。

また、Facebook広告を運用しているけど、成果が出ないという方に関しては下記項目を見直すことをおすすめします。

  • データ分析を丁寧に行う
  • 1つのセグメントに固執しない
  • 広告設定は頻繁に見直す

Facebook広告の運用に関して、気になっていたという方の参考になれば幸いです。

Facebook広告とあわせて知りたいTwitter広告の記事はこちらから

Twitter広告とは?広告の特徴やメリット・デメリットをまとめて解説

【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST