注目のGoogle広告「ファインドキャンペーン」を解説!

Web広告運用
googleファインドキャンペーンを見る

「最近、Google広告管理画面に出てくる、ファインドって何?」

ファインドキャンペーンは2020年に全面解禁されたGoogle広告の新しい広告メニューです。

この記事では、Google広告でより活用して成果を出したいマーケター向けに、ファインドキャンペーンの概要からそのポイントまでを解説します。

ファインドキャンペーンとは?

Googleファインドキャンペーンは高精度に興味関心を捉えることができる広告

ファインドキャンペーンとは、Googleサービスのフィード上で画像付きの広告が出稿できるGoogle広告の新しい広告フォーマットです。

配信面

ファインドキャンペーンの配信面「Discover」面ファインドキャンペーンの配信面「Discover」面

 

ファインドキャンペーンの配信面は3つあります。

ファインドキャンペーンの広告配信面

  1. Youtubeアプリのフィード面
  2. Gmailアプリ
  3. GoogleアプリのDiscover面

YoutubeアプリやGmailは、iOS/Android関わらず使っている人も多いでしょう。GoogleアプリのDiscover面は、Googleアプリのフィードのことで、好みの情報を必要なタイミングで表示させるところとなります。

クリエイティブ

ファインドキャンペーンで配信できるクリエイティブは、レスポンシブディスプレイ広告と同様のものとなります。画像3種(16:9、1:1の画像、ロゴ画像)とテキスト数種類(短・長見出し、本文)の入稿で、効果の高いものを自動的に組み合わせてくれます

また、カルーセル型の広告が出稿できます。この点も、従来のディスプレイ広告(GDN)とは違う点です。

入札方式

ファインドキャンペーンの入札方式は、「コンバージョン数の最大化」「目標コンバージョン単価」の2種類です。

「コンバージョン数の最大化」は、文字通り費用の範囲内でコンバージョン数を最大限獲得できるように入札単価を自動調整するものです。一方の「目標コンバージョン単価」は、CPA目標を設定し、その目標に近づけるべく入札単価を自動調整するものです。

いずれもコンバージョン獲得の目的で活用される自動入札の機能です。なお、個別クリック単価などは選択できないので注意が必要です。

ファインドキャンペーンの特徴

ユーザー単位でターゲティングするファインドキャンペーン

さて、ファインドキャンペーンについての内容を見ると、従来のGDNとカルーセル型で出稿できるぐらいしか違いがないのではないか、と思われる方もいるかと思います。しかし、従来のGDNとは大きく異なっています

従来のGDNとの違い

GDNとの違いは、ずばり「ターゲティング精度」となります。GDNでは、cookie情報を基にブラウザベースでWebサイトの閲覧履歴を追っていき、ユーザーの興味関心を判別しています。

これは、あくまでブラウザベースでcookieによる判別なので、その精度はおおよそ6割程度と言われています。

一方、ファインドキャンペーンはGoogleアカウントのログイン情報をベースにWeb上の行動履歴を追っています

ブラウザもデバイスも関係なく、Googleアカウントに残ったサイト閲覧履歴を基に興味関心を判別していますので、ターゲティング精度が非常に高いと言われています。

Googleアナリティクスとの連携配信

Google広告では、Googleアナリティクスのオーディエンスリストを使い広告配信することができます。加えて、ファインドキャンペーンでは、このオーディエンスリストの精度も高めることが可能です。

Googleアナリティクスも通常Cookieを使った計測になるので、オーディエンスリストもブラウザベースのデータとなります。

一方ファインドキャンペーンを使うと前述の通りGoogleアカウントベースでのオーディエンスリストとなりますので、より高い精度の配信が可能です。

例えば、通常のリマーケティング配信ではできない「Webサイトに3回以上訪れたユーザー」に対する広告配信、といった高度なターゲティングが可能です。

なお、これを利用するためにはGoogleシグナルをONにする必要があります。Googleシグナルについては下記を参照ください。

Googleシグナルの設定方法については以下を参照ください(外部サイト)。

Google シグナルを有効にする

関連するGoogleアナリティクスの関連記事もぜひ参照ください。

Googleアナリティクス「オーディエンス」の見方・解析方法を紹介!

ファインドキャンペーンの設定方法

ファインドキャンペーンの設定方法

それでは、ファインドキャンペーンの設定方法を紹介します。

1.Google広告で、「+」ボタンをクリックし、新しいキャンペーンを作成

Google広告キャンペーンの目的

2.マーケティングの目標で、「販売促進」、「見込み顧客の獲得」、「ウェブサイトのトラフィック」、「目標を設定していない」 のいずれかを選択
※ここでは「見込み顧客の獲得」を選択して次へ進みます。

Google広告出稿形態の選択

3.キャンペーンタイプは「ファインド」を選択

Google広告CV設定
なお、ここでコンバージョン設定がされていないと、「コンバージョントラキングを設定する」が表示され、設定することを要求され次へ進めません。

4.GDN同様にキャンペーンとグループの設定を行っていきます。以下ファインドキャンペーンならではの留意点についてお伝えします。

Google広告入札戦略の選択

(1)入札単価について、重要視している要素は「コンバージョン」一択となり、「コンバージョン数の最大化」もしくは「目標コンバージョン単価制」のどちらを選ぶことになります。

Google広告ターゲティング設定

(2)オーディエンスの設定で、おすすめなのは獲得に使えるターゲティング設定、すなわち「購入意欲の強いオーディエンス」「カスタムインテント」「リマーケティング」です。

特に「カスタムインテント」については、URLは設定できずキーワードのみの設定となります。目安50個程度のキーワード設定が望ましいと言われています。

ファインドキャンペーンの広告クリエイティブ入稿画面

5.広告クリエイティブはGDN同様のレスポンシブ広告、もしくはカルーセル広告を入稿すると設定完了です。

ファインドキャンペーンの注意点

ファインドキャンペーンの注意点をチェック

さて、従来のGDNより高精度なターゲティングが期待できるファインドキャンペーンですが、いくつか注意することがあります。

GDNより配信ユーザーは少ない

ファインドキャンペーンについては、Googleログインユーザーが配信対象となりますので、GDNよりも配信ユーザー数は少ないと考えて間違いありません。より幅広いユーザーにリーチしたい場合は、GDNを使うといいでしょう。

コンバージョン設定は必須

ファインドキャンペーンの入札方式は「コンバージョン最大化」と「目標コンバージョン単価制」の2種類です。この2つを利用するためにはコンバージョンタグの設置が不可避となっていますので、入稿前に忘れず設定をするようにしましょう。

従来キャンペーンからのコピーは不可

従来キャンペーンと設定が変わらない場合、Google広告管理画面上では、よく従来のキャンペーンをコピー&ペーストし開始日と終了日のみ調整して設定する、ということが行われるかと思います。

しかし、従来GDNのキャンペーンからファインドキャンペーンへの入稿データのコピーはできません。設定が一緒でも、もう一度イチから入稿する必要がありますので注意が必要です。

まとめ

ファインドキャンペーンを利用してターゲットにリーチしよう

ファインドキャンペーンは、2019年頃から一部広告主には開放されていたものですが、2020年5月に全面ローンチとなりました。GDNで成果が頭打ちになっていたり、検索広告しかやっていないということであれば、十分試す価値があるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

WEB広告でお困りの方や成果が出ないなどのお悩みがある方は、ぜひ一度ご相談ください。

WEBMARKS(ウェブマークス)のサービス内容についてはこちら→

TOP