Webマーケティング

初心者でもわかる!商品(サービス)認知度を上げるコンテンツマーケティングとは!?

コンテンツキングと書かれた王冠

自社のオウンドメディアでWEBサイトを作成するとき、商品(サービス)の認知度を上げるためにはどのように考えていけばよいのでしょうか。

初めてそういったオウンドメディアを利用しようと思う方はどう構成していけばよいのか、迷うこともあると思います。

今回は、オウンドメディアを利用して自社商品の認知度をどのように上げて、コンテンツマーケティングを考えていくのか、という方法を解説していきたいと思います。

コンテンツマーケティングとは

歯車になったコンテンツコンテンツマーケティングとは、一言でいうと「価値ある情報(中身)を提供して商品購入につなげる」というプロセスになります。

情報を提供する側が、この「コンテンツ」をしっかり理解されていないと、ユーザーの求める「価値ある情報」を提供することができなくなり、意図するマーケティングが上手くいかなくなります。

もう一度、「コンテンツ」について改めて考えてみると、

本来の意味は、書籍等の目次や内容のことを指す言葉ですが、Webサイトにおいてはサイト上で提供される画像、動画、音声、テキストすべてを含む『情報の内容』のことを指します。メールなどを利用して見込み客をサイトに引き込むためには、このコンテンツが重要な意味をなします。

引用:コトバンク マーケティング用語集「コンテンツ」

このように、コンテンツマーケティングにおいては、「情報の内容」が重要になってきます。

自社や、個人でコンテンツマーケティングを考えたオウンドメディアを新規に考えている場合は、まずこの「コンテンツ」をしっかり考える必要があります。

コンテンツマーケティングについての記事はこちらもチェック!

関連記事:初心者でもわかる!オウンドメディアで始めるコンテンツマーケティング

「コンテンツ」をどのように考えていくか

コンテンツを考える男性では、コンテンツマーケティングを考えていくとき、どのような「コンテンツ」を考えていけばいいのでしょうか。

ただ、自社や個人の商品やサービスを紹介しているだけでは、ユーザーの目にはとまりません。

今はたくさんの情報が流れている時代です。

そんな時代だからこそ、他の商品やサービスと差別化を図るオリジナルコンテンツが重要になるのです。

そして、それがユーザーの求める、信頼のある価値あるコンテンツでなければ意味がありません。

差別化とは何か詳しく知りたい方はこちらをチェック!

関連記事:初心者や個人事業主でも使える「差別化戦略」とは?

差別化を図るには、以下の3つの実践方法があります。

物理的差別化

商品の使いやすさや機能性など、商品そのものの違いをどのように説明していくか?

ブランドによる差別化

商品を販売する企業のブランドイメージをどのように確立していくか?

リレーションシップによる差別化

顧客に企業とのつながりを感じさせるようなサービスや商品の付加価値をどのように考えていくか?

この3つによる差別化の方法を軸にして、コンテンツを考えていきます。

知名度を上げ、商品(またはサービス)認知度を上げるには?

知名度と認知度を上げるサムズアップ前項で、コンテンツの作成方法を解説してきました、ユーザーに選ばれるようなコンテンツができあがれば、おのずと認知度も上がっていきます。

認知度が上がる、ということは自社自体の知名度も上がってくるということです。

この、認知度と知名度は同じような意味に聞こえますが、内容的には異なったものになるので、解説していきます。

「知名度」と「認知度」の違い

まず、無名の自社を世間に広めたいとき広告を使って「知名度」を上げていきます。

自社の「知名度」が上がることにより、どのような会社なのか、どういった商品やサービスを提供しているかという「認知度」も上がっていきます。

具体的に説明していくと、知名度とは、

商業、すなわちビジネスに於いて知名度は特に欠かせない要素の一つであり、知名度の上昇がブランドに対する信頼、販売実績に直結する。

引用:Wikipedia「商業における知名度」

対して、認知度とは、

商品が、どれだけユーザーに知らされているかを示す度合いをいう。一般的に購入リピート率の高い商品は、認知度を高めることで販売量を増大できる。

引用:コトバンク「認知度」

このように、「知名度」が上がることにより、自社の商品やサービスなどの「認知度」が上がっていくのです。

しかし、前項で解説した「コンテンツマーケティング」が成功すれば、ユーザー自らが情報を探し当ててくれるので商品やサービスに対しての「認知度」が上がり、さらにそれに伴い「知名度」も上がっていくのです。

「コンテンツ」がユーザーの求める必要性のあるものであれば、何度も自社サイト(オウンドメディア)に訪れることになります。

そうすることで、ユーザーが情報を検索したときに検索結果に表示されやすくなり、よく言われるSEOを意識したマーケティングにもなります。

SEOを意識したコンテンツ作成

SEO(検索エンジン最適化)とは、

SEO(検索エンジン最適化、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)とは、検索エンジンのオーガニックな検索結果において特定のウェブサイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整すること。また、その手法の総称。

引用:Wikipedia「検索エンジン最適化」

よく言われる「SEO対策」とは、何かを検索したときに検索サイト(Yahoo!やGoogle)などで上位に表示されるようにすることです。

先ほどの「コンテンツ」を考えていく中で、さらにこのSEOを意識して「コンテンツ」の構成を考えていくとさらに「知名度」、「認知度」が上がっていきます。

誰でも何かを検索したときに上位に表示された情報からチェックしていくと思います。

最初から、何ページも後ろの方の情報サイトを見ようと思いますか?

最初の方に表示されるサイトというのは、誰もがよく見るサイトで信頼性があるということです。

コンテンツを作成する際には、「差別化」と「SEO」を意識して考えていくことが、「コンテンツマーケティング」においては重要となってくるのです。

これを意識しないで作ってしまうと、誰も訪問者のいない、ただの自己満足の「オウンドメディア」となってしまいます。

そうならないためにも、SEO対策も万全にした「コンテンツ」を考えていきましょう。

まとめ

パソコンで考えるコンテンツマーケティングいかがでしたでしょうか?

商品認知度を上げるための「コンテンツマーケティング」

情報が多様化している現在は、いかに有用なコンテンツが生み出せるか、ということが顧客獲得のカギになります。

コンテンツマーケティングを成功させるためには、

  • 差別化
  • 「知名度」と「認知度」を上げる
  • SEO対策

主にこの3つを中心に考えていくことです。

さらに、WEBマーケティングをもう少し考えながら取り入れていくと、自身の作成したい「コンテンツ」が見えてくるでしょう。

「コンテンツ」を考える際は、自身がユーザーの立場にたち考えることが一番わかりやすいことだと思います。

ABOUT ME
webmarks編集部
webmarks編集部
企業や個人様のWEBマーケティング事業支援なら神奈川県・湘南茅ヶ崎のwebmarksにお任せください。SEOによる集客UP、GA解析によるCV増加などクライアントの希望を全力でサポートさせて頂きます。安心価格で丁寧なサポート、お客様の気持ちに寄り添った業務支援を心掛けています。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST