ブログの文章力を加速させる具体的アクションプラン9選

育成プログラム

「ブログの文章力を上げたいけれど、どうしたら良いの?」「具体的なアクションプランを教えて欲しい!」

そういった方向けに、ブログの文章力を加速させる具体的アクションプランを9つご紹介させて頂きます。あなたのブログがより高品質なものとなるよう、是非本日の内容をご参照くださいませ。

ブログで必要な文章力とは?

まず、ブログの文章力とは具体的に何であるかということについて解説をさせて頂きます。ブログにおける文章力とは何なのかという定義をきちんと理解することで、正しいアクションに繋げられることを目的としております。

まずはブログの文章力というものをきちんと理解していただくため、私達が普段の生活で触れる小説、雑誌、新聞などの紙媒体と比較して解説をさせて頂きます。

紙媒体で必要とされる文章力

小説、雑誌、新聞などで求められる文章力は、非常に高い完成度と充実度が求められます。

理由は、紙媒体の購読には対価として読者は代金を支払う物がほとんどです。また文章量、文字数、差し込み画像のサイズや数なども、決められた枠内に収めなくてはいけません。

そして読者側には「この情報・内容が読みたい」という動機がはじめから高く設定されておりますので、紙媒体の文章力は読者の高いニーズに応えられるものでなくてはいけません。

私達が毎朝読む新聞の内容にでたらめな内容が書かれていては、日常生活に支障をきたしてしまうでしょう。こうしたように、紙媒体における文章力では非常に高い完成度と充実度が書き手側の責任として求められるのです。

ブログ(Web媒体)で必要とされる文章力

一方でブログ(Web媒体)に求められる文章力は、紙媒体と大きく異なります。スマートフォンやPCの普及により、私達の多くが無料で提供されるコンテンツに慣れてしまい、それほど多くを期待しておりません。

更には特別なスキルや資格などを保有しておらずとも、誰でもブログのようなWeb媒体を利用して情報発信することが可能になっております。

例えば日々の暮らしの中でも、おもむろに開いたスマートフォンから提供される情報に対し、「読む価値が無い」と第一印象で判断してしまえばすぐにスクロールして他のコンテンツへ、といった行為はもはや全国民の日常となりました。

そのため、ブログ(Web媒体)で必要とされる文章力は、紙媒体で必要とされた非常に高い完成度と充実度を兼ね備えた文章力とは大きく異なるのです。

よって、ブログで必要とされる文章力とは

『如何に読者の注目を引き、ストレスがないコンテンツを提供できるか』

が紙媒体と異なる重要な定義として位置づけられると言えます。

ブログの文章力を上げる為に全員がやるべきこと4選

ここからはブログの文章力を上げる具体的アクションプランについて解説を始めさせて頂きます。まずはブログを書く上で全員がやるべき基礎的な取り組みを4選をご紹介させて頂きます。

「このくらい、既に出来ているよ」とう方ほど、実は蓋を開けてみると徹底しきれていなかったり、自己流に走ってしまっている事が多々あります。基盤を固めるという意味でも、しっかりとこちらの章にお目をお通し下さい。

記事を書く目的を設定する

記事を書く目的を事前に設定することは非常に重要です。というのも、ブログの発信内容がフリースタイル形式で行われてしまえば、読者が読んでいるうちに迷子になってしまいます。

「あれ?さっきはAについての話だったのに急にCの話が始まったぞ」では、読者からすれば非常に読みにくく感じ、すぐに記事がスクロールされてしまう原因にもなるのです。

では記事を書く前に具体的にどのような目標を立てるかと言うと、下記の内容を参考にして下さい。

  • ジャンル選定(恋愛、スポーツ、趣味など)
  • 想定読者は誰か(性別や年齢層などを設定)
  • 想定読者の悩みは何か
  • 想定読者はこの記事を読むことで悩みがどうなるのか

最低でもこの4点を明確にすることで、記事に書くべき情報が取捨選択され、読者ニーズの高い文章内容へと繋がります。

PREP法を徹底す

PREP法とはPoint・Reason・Example・Pointの4つの順番で構成される文章の意味で、それぞれの

Point  = ポイント・結論

Reason  = 理由

Example = 実例・事例・具体例

Point  = ポイント・結論を繰り返す

という意味があります。

プレゼン等にも用いられる手法であり、読者側が文章を読みすすめていく上で感じるストレスを大きく軽減してくれる効果があります。

有名なブロガーなどの記事も多くはPREP法が用いられており、実はこの記事も全ての文章がPREP法で成り立っているのです。PREP法をきちんとマスターすることは、ブログの文章力を加速させるためには必要不可欠な要素と言えるでしょう。

書籍からインプットする

書籍からブログの書き方に関する知識をインプットすることは、上級者であっても必須の取り組みとなります。というのも、ブログを執筆するうえで何より怖いのは、誰も間違っていると言ってくれないことにあります。

自分が「この記事は絶対に読む価値があるぞ」というものほど、全く読者に読まれないなんてことは日常茶飯事な世界です。

ブログは特に読者が記事について指摘をしてくれることもありませんので、自分自身の振り返りが出来なければいつまで立っても読者満足度の高い記事を書く事ができません。

そのため書籍からきちんと成功事例や知識を学ぶことは、自身のブログを定期的に見直すためにも、文章力をアップする上でも欠かせない習慣と言えるのです。

また今回は特に初心者の方に向けて、以下のオススメの書籍をピックアップさせていただいたので紹介させて頂きます。

  • 沈黙のWebライティング
  • SEO対策のためのWebライティング実践講座
  • 伝えて動かす!WEBライティングの教科書

(↑リンクは貼っておりません)

有名ブロガーの記事を参考にする

有名ブロガーの記事を参考にすることで、ブログの文章力は激的に改善が見込まれます。

なぜなら有名ブロガーの書く記事ほど基礎が徹底されているものが多く、自分の文章と見比べた時に「何となくこうじゃないな」という感覚をブラッシュアップ出来ることにつながるからです。

特に下記のブロガーが書かれている記事に関してはブログの執筆以外にも参考になるものが多く、定期的に目を通して良質な記事がどういったものであるのか感覚を養っておくと良いでしょう。

更にブログの文章力を上げるための訓練4選

ここからはブログの文章力を上げる具体的アクションプランについて解説を始めさせて頂きます。まずはブログを書く上で全員がやるべき基礎的な取り組みを4選をご紹介させて頂きます。

「このくらい、既に出来ているよ」とう方ほど、実は蓋を開けてみると徹底しきれていなかったり、自己流に走ってしまっている事が多々あります。基盤を固めるという意味でも、しっかりとこちらの章にお目をお通し下さい。

自分の書いた文章を何度も読み返す

自分の書いた記事は、思いの外執筆時の気分などが影響してしまい、後から読み返すと「これ何を言っているんだろう」となってしまうものが多くあります。

トップレベルのライターであっても、たった一度でいきなり良い記事を仕上げるのは至難の技と言われいるほどです。またただ読み返すのではなく、読み返しの際には下記の事を注意してみると尚良いでしょう。

  • 誤字はないか
  • 余計な表現を徹底的に削る
  • 回りくどい言い方はしていないか
  • 「これ」「それ」といった読者に伝わりづらい指示語が多様されていないか
  • PREP法はきちんとできているか

上級のライターほど自分の書いた記事には疑いを持って注意深く読み返しを行います。初心者のうちは修正点が多く落ち込んでしまうこともあるものですが、文章力の底上げに非常に有効な手段となりますので必ず行いましょう。

スマホでも文章を確認してみ

スマートフォンで自身のブログをチェックする癖付けも、文章力の向上には必須のアクションとなります。

というのも、GoogleAnalyticsなどでブログを訪れる人の流入経路を分析してみると、実際に非常に多くの読者がスマートフォン経由でアクセスしていることがわかります。

実際に総務省の平成30年版情報通信白書のデータに置いても、スマートフォンをインターネット接続端末として利用していることが明らかになっております。

PCでブログを書いているとついつい忘れがちな視点になってしまいますが、せっかくサイトに訪れた読者に記事を楽しんでもらうためにも、スマートフォンでの読み返しはマストで行いましょう。

記事の順位を定期的にチェックする

特にPV数を上げたい、ブログで収益を上げたいという方は、記事順位をチェックは毎日行いましょう。なぜならたった一度の執筆で検索上位を取ることは神業クラスの難易度であり、ほぼ不可能だからです。

実際にブログを書く文章力が高くなればなるほど、記事順位を毎日チェックし「自分の記事は上位記事に比べて一体何が書けているんだろう」という目線でリライトを行う作業が必須となります。

記事順位の確認方法については割愛させていただきますが、使うツールとしては

などが上げられます。

後はとにかく書きまくる

これまでご紹介をさせていただいた内容をインプットできれば、後は実践あるのみです。

実際に記事を書いてみると初めは思うように記事がかけない、あれこれ意識することが多くて大変、といった感覚になりますが、焦らず一つ一つを意識して行くことが重要です。

慣れてくると記事を書くスピードも徐々に早くなり質も向上することでしょう。実際個人差はありますが、30~50記事程度を書き終えた頃には十分文章力が向上していることが実感できます。

実践を通じて本日覚えた内容をきちんと落とし込みましょう。

ブログの文章力アップに行き詰まった時の解決策1選

これまでのアクションプランを参考にして頂いた上で、実際に記事をたくさん書いてみたもののそれでも中々思うように文章力が向上しない際にはどのようなアクションをとればよいのか解説をさせて頂きます。

プロに添削をしてもらう

ブログを他者に添削してもらうことは、文章力が大きくブレイクするために非常に有効な手段となります。というのも、紙媒体と異なり、ブログ(Web媒体)の読者は記事に対して何かしらコメントをしてくれるわけでもございません。

そのため書いた記事が良いものなのか悪いものなのか、一人でブログを書いているうちは判断が上手く出来ない事が多々あります。

そこでプロのブロガーに記事添削をしてもらう事で、読者の目線をより深く取り入れさらなる文章力アップにつなげようというのがこのアクションの狙いです。ただそうは言ってもプロにブログを添削する方法は基本的には有料となります。

代表的なサービスで言えば

などが上げられます。

しかしどうしてもコストを書けずに添削をしてもらう機会がほしいという方は、Twitterやフェイスブックなどでもまれにブログ添削サポートを無料で展開してくださっている方がいらっしゃいますので、そういったツールを活用してみるのも良いでしょう。

またブログを添削してもらうことの副産物として、彼らがブログを書く上で他にどのようなポイントを意識しているのか意見交換に発展することも期待が持てます。

そして自身の文章力が十分に向上した際には、今度は添削する側として他のブロガーの記事添削をしても良いでしょう。

自身のブログを運営する上での引き出しを増やすだけでなく、人脈拡大効果も期待できる大変有効な手段となることでしょう。

この記事を書いた人
松山 隼
松山 隼
国立大学国際系専攻出身の日英バイリンガル|新卒で東証一部上場企業グループ人事採用担当を経験|その後は転職コンサルタントを経て独立|WEBMAEKSの講義を活用し、外部監修者として運営する転職特化サイトブログ(https://job-tier.com/)が半年で3万PV、6桁収益、Google・Yahoo!で検索順位1~3位複数獲得|WEBMARKS第2期生
このライターの記事を見る
TOP