SEO(上位表示対策)

【初心者必見】ブログカテゴリーはどう整理する?SEOに効果的な方法を紹介!

SEO対策に効果的なカテゴリー整理の方法とは?

「ブログのカテゴリー分けってどうすればいいの?」「ブログカテゴリーの効果的な整理方法を教えてほしい!」

今回は、そういった方向けに、ブログカテゴリーのSEOに効果的な整理方法と、そもそもカテゴリー分けをする意味を解説していきます。

この記事を読めば、ブログカテゴリーの整理方法について理解が深まり、ブログのSEO効果を高めることができます

ブログにおけるカテゴリーの役割とは?

SEOキーワードのカテゴリー分け
「ブログのカテゴリーは整理すべき」とはいいますが、なぜ気をつけるべきなのか理解している人は少ないのではないでしょうか?

実は、ブログのカテゴリーを適切に分け、整理をするとSEO効果を高めることができます。

ブログのカテゴリー分けによりSEO効果が高まる具体的な理由は以下の2つです。

  • クローラーがブログの構造を認識しやすくなる
  • ユーザーが情報を見つけやすくなり利便性が高まる

クローラーとは、Googleの検索エンジンがサイトを認識し評価するためのロボットです。

このクローラーがブログの構造を把握しやすくなることにより、インデックス(検索結果に反映)されやすくなります。

また、Googleはサイトの評価基準としてユーザーの利便性を第一に掲げています。

つまり、クローラーとユーザーにとって分かりやすいカテゴリー分けをすることで、SEO効果が高まるのです。

ブログのカテゴリー分けは見た目を整えるだけではなく、検索順位にかなり影響を与えるものであると理解しておきましょう。

Googleのクローラーとインデックスの仕組みについて詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:SEOのインデックスとは?意味と検索エンジンとの関わりを解説

ブログのカテゴリー整理の方法!

ブログのカテゴリー分け
「カテゴリーの整理がSEOで大事なのは分かったけど具体的な方法がわからない」という方は多いのではないでしょうか?

ここでは、ブログカテゴリーを整理する具体的な方法を紹介します。

手順を追って出来るだけ分かりやすく説明していますので、参考にしてあなたのブログのカテゴリーに取り入れてみてください。

カテゴリー名にはキーワードを含める

カテゴリー名には、検索で使われるキーワードを含めるようにしましょう。

なぜなら、通常の記事のページだけではなく、カテゴリーページも検索で引っかかる可能性があるからです。

具体的には、サジェストワードや関連キーワードから、実際に検索されているキーワードを選びます。

  • サジェストワード
SEO サジェストワード
  • 関連キーワード
SEO 関連キーワード

キーワードを選ぶポイントとしては、2ワード〜3ワードで、具体的なカテゴリー名になるようにしましょう。

キーワード選定の方法について詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:【キーワード選定方法】ヒントは日常の生活や体験に隠れています!

カテゴリー名は短く簡潔にする

カテゴリー名は、キーワードを含んで具体的に記述しつつも、短く簡潔にすることを心がけましょう。

なぜなら、長過ぎると逆に具体性が高くなり過ぎて範囲が限定されるので、カテゴリーとして機能しなくなるからです。

カテゴリー名の具体的な例は以下の通りです。

良い例)
「コーヒーの淹れ方」:いくつかの淹れ方が考えられるのでカテゴリーとして機能する

悪い例)
「コーヒーの淹れ方で大切な量」:コーヒーを淹れる際の適切な量というテーマの記事は1つで十分

カテゴリーに具体性を持たせることは大切ですが、カテゴリーとして機能しなくなっては本末転倒です。

カテゴリーは細かく分けすぎない

上述の内容とも関連しますが、カテゴリーは細かく分け過ぎないようにしましょう。

なぜなら、カテゴリーを細かく分け過ぎると、ブログ内のカテゴリーの階層が深くなってしまうからです。

具体的には、以下に示すように深くても2階層程度にとどめると良いでしょう。

カテゴリーの階層

カテゴリーの階層が深いと、ユーザーが求めている情報に辿りつきにくくなり、ユーザーの利便性が下がります。

また、クローラーもページを見つけにくくなりインデックスが遅れる原因となるので、カテゴリー分けは適度に行うことが重要です。

カテゴリーのスラッグ名は英数字にする

カテゴリーのスラッグ名は、日本語ではなく半角英数字で設定しましょう。

なぜなら、日本語でスラッグ名を設定すると、SNSなどでリンクを共有したときに文字化けを起こしてしまうからです。

カテゴリーのスラッグ名は、ワードプレスの場合、以下の画面で変更できます。

カテゴリーのスラッグ名を設定

文字化けすると、リンク先の内容が伝わらずクリック率が下がるほか、リンクが長くなってしまうというデメリットがあります

カテゴリーのスラッグ名は、半角英数字でカテゴリーの内容を簡潔に表すようにしましょう。

カテゴリーはグローバルナビゲーションに設置する

グローバルナビゲーションとは、ブログ内のどのページからもアクセスできる案内リンクのことです。

グローバルナビゲーションは、ブログ内の以下の位置に設置されています。

グローバルメニュー
内部リンクのためのグローバルメニュー
サイドメニュー
内部リンクのためのサイドメニュー
フッターメニュー
内部リンクのためのフッターメニュー

グローバルナビゲーションは、どのページからもアクセスできるので、ユーザーが目的の記事にたどり着きやすくなります。

また、クローラーにとってもブログ内を巡回しやすくなり、ページのインデックスが促進されます

ユーザーにもクローラーにも優しいブログ設計を意識して、カテゴリーのリンクを設置するようにしましょう。

グローバルナビゲーションなどの内部リンクについて詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:SEOで大切な内部リンクとは?効果的な貼り方も解説!

ブログのカテゴリーとタグの違い

ブログのカテゴリーとタグの違い
ここまで、ブログカテゴリー整理の方法を紹介してきました。

ただ、「カテゴリーを整理するポイントはわかったけど、タグとどう違うの?」と、疑問を持たれた方もいるかもしれません。

ブログにおいて、カテゴリーに一見似たような機能を持っているタグですが、実はブログでの役割は大きく異なります

タグとは何なのかというと、その記事の内容において重要なキーワードを示すものです。

カテゴリーとの違いとしては、以下のようなイメージを持っておくと分かりやすいでしょう。

  • カテゴリー:本棚の本のジャンル分け
  • タグ:本の中の索引

このように、タグはジャンルを横断して同じタグを付けることができます。

「カテゴリーで分けると細かくなってしまうけど分かりやすく分類したい」という場合に活用するといいでしょう。

まとめ:ブログのカテゴリーを整理してSEO効果を高めよう

今回は、ブログカテゴリーのSEOに効果的な整理方法と、そもそもカテゴリー分けをする意味を解説しました。

本記事の内容をおさらいすると以下の通りです。

  • ユーザーとクローラーにとって理解しやすいカテゴリーの整理によりSEO効果が高まる
  • 分かりやすいカテゴリー名や階層構造にするなどのポイントを抑える
  • カテゴリーは「本のジャンル分け」、タグは「本の中身の索引」と役割が異なる

上記のように、ブログのカテゴリーを整理することは、ユーザーの利便性を高めるだけではありません。

Googleの検索順位を決めているクローラーに理解しやすいブログ構造を作ることにつながるので、SEOに直接的な効果があるのです。

この記事を参考にして、ブログカテゴリーの整理方法について理解を深め、あなたのブログのSEO効果を高める施策を打ちましょう。

その他の内部SEO対策についても知りたい方は、こちらも参照。

関連記事:内部SEO対策をご存知ですか!?初心者が抑えるべき7つのポイントとは

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST