WEB制作(WordPress)

レンタルサーバーのおすすめはエックスサーバー!契約〜ドメイン取得まで徹底解説

エックスサーバーの契約からドメイン取得までの流れを解説します。

自分のサイトを作ろうと思ったら、レンタルサーバーの契約や新規ドメインの取得が必要になります。レンタルサーバーにはたくさんの会社のサービスがあるので迷ってしまいますよね。

私のおすすめは断然「エックスサーバー」です。

エックスサーバーの良いところはなんといっても高速・高機能・高安定性なのに安い!というバランスの良さです。

サーバーの契約なんて難しそう…という人のために手順ごとに画像で説明します。

エックスサーバーをおすすめする理由

エックスサーバーをおすすめする理由
  • サーバーが落ちない
  • 管理画面が見やすく使いやすい
  • WordPressがボタン一つで簡単にインストールできる
  • 料金が安い
  • 表示速度が速い
  • いろんなドメインに対応している
  • バックアップ機能が充実

エックスサーバーが一番力を入れているのは、落ちないこと・サクサク動くことです。

エックスサーバーはユーザーが求めるサービスを理解してくれているのでバランスがとてもよいです。

実際に使っている人の評判も非常に良く、コストパフォーマンスにも優れているのがこのエックスサーバーです。

エックスサーバーの契約手順

まずエックスサーバーの公式サイトにアクセスし、「お申し込み」ボタンをクリック。

お申し込みフォームから「新規お申込み」を選びます。

契約内容と個人情報の入力をします。

サーバーIDは自由に入力をしてください。あくまで初期ドメインであり、後から取得する独自ドメインとは異なります。

プランは容量によって3つありますが、特にこだわりがなければX10が一番スタンダードなものなのでおすすめです。プランはあとから変更することも可能です。

メールアドレスは更新通知などの重要なメールが届くので確認できるアドレスを入力しましょう。

 

申し込み後、入力したメールアドレスにサーバー設定完了メールが届きます。

メールにはインフォパネルのURLが記載されています。

メールに記載されている会員IDとインフォパネルパスワードを入力してインフォパネル(管理画面)にログインしてください。これで新規申込みができました。

申込みが終わったら、料金の支払いをします。

エックスサーバーは新規申込みから10日間はお試し期間です。この期間が終わる前に料金の支払いをしましょう。

料金は契約期間が長いほど、割安になります。3ヶ月契約だと、ひと月あたり1,200円になります。

ドメインの設定

料金支払いが終わったら、ドメインの設定をします。

ドメインはエックスサーバー以外でも取得可能ですが、初心者は窓口を一括化したほうがあとで混乱しませんので、エックスサーバーでドメインも取得することをおすすめします。

インフォパネル(管理画面)の左側、契約関連からサービスお申込みを選択します。

エックスドメインの新規申込みを選択します。

 

好きなドメインを入力したら、「ドメイン名チェック」をクリックしてそのドメイン名が使えるかチェックします。

使用可能な場合は価格が表示されるので、登録年数を選んで申し込みをボタンをクリックします。

 

ドメインに使えるのは、「英小文字で始まり、英小文字・数字・-(ハイフン)」と限定されています。

ドメインの種類がたくさんありますが、「.com」か「.net」がおすすめです。

見慣れないドメインを設定すると怪しいサイトかもしれないと警戒されサイトを訪問してもらえない恐れがあります。

ドメインを取得すると完了の通知メールが届きます。

サーバー契約のときと同じように、メールに記載されているインフォパネル」から料金のお支払いをすると、新規ドメインの取得が完了です。

サーバーにドメインを設定する

サーバーにドメインを設定します。

サーバーを申し込んだときにきたメールに「サーバーパネル」のURLがありますので、クリックをしてサーバーIDとサーバーパスワードを入力します。

先ほどのインフォパネルとは別ですのでご注意ください。

画面右側のドメイン設定をクリックしてください。

ドメイン設定の追加」を開きます。

いま取得したドメインを入力してください。

無料独自SSLを利用するにチェックを入れたら、右下の「ドメイン設定の追加」をクリックします。

次の画面で「ドメインの追加(確定)」を押したら、サーバーへのドメイン設定が完了です。

ドメインが正常にインターネットに反映されるには、2日程度かかるので注意しましょう。

WordPressをインストールする

最後にWordPressのインストールをします。

以下の公式ページも参考にしながら取り組んでみてください。

WordPressの自動インストール手順

サーバーパネルの左側の「WordPress簡単インストール」を選択し「WordPressインストール」をクリックします。

インストールURL・ブログ名などを入力します。データベースの欄は「自動でデータベースを作成する」にチェックを入れます。

あとは確定するだけでWordPressのインストールは完了です。

まとめ

エックスサーバーがおすすめな理由と、その契約からドメイン設定までの流れを解説しました。

初心者からベテランまで多くの人がエックスサーバーを使う理由がわかって頂けたと思います。

ぜひエックスサーバーを使ってみてください。

なお、WordPressで記事を書く方法は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

【初心者向け】WordPressでブログ記事を作成する流れを解説!
【初心者向け】WordPressでブログ記事を作成する流れを解説!「WordPressをインストールして使えるようになったけど、この後どうやって記事を作ったらいいかわからない。」そんなあなたのために、WordPress初心者でもわかりやすく簡単に理解できる記事作成の流れを紹介します。...
ABOUT ME
webmarks編集部
webmarks編集部
企業や個人様のWEBマーケティング事業支援なら神奈川県・湘南茅ヶ崎のwebmarksにお任せください。SEOによる集客UP、GA解析によるCV増加などクライアントの希望を全力でサポートさせて頂きます。安心価格で丁寧なサポート、お客様の気持ちに寄り添った業務支援を心掛けています。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST