【保存版】ライティング外注のやり方と相場を解説・フリーランス向け

2期生

現在のSEO対策においてコンテンツSEOが重要になってきており、そのためにはユーザーに役立つコンテンツ記事を自社サイトで作る必要があり、そのコンテンツ記事を作るためにはWebライティングの工程が必要です。

この記事ではWebライティングを外注する方法と外注費用の相場を解説していきます。

ライティング外注の重要性

駆け出しのフリーランスは自分でコンテンツ記事のライティングをしても良いですが、自分が担当するクライアントが多くなるほどそれらのコンテンツ記事を全て書くのには時間的に限界があるかと思います。

またフリーランスの案件はBtoBが多いため、その会社の競合サイトに対抗できるような質の高い記事を書く必要があります。

そのような案件を複数一人で抱え込むと、クオリティの低下を招く恐れがありメンタル面においても苦労すると思います。

それらを防ぐためにもライティングの外注はとても重要なのです。

ライティング外注文化を変えたクラウドソーシング

一昔前は外注をしようと思ったら自社サイトや掲示板サイトで募集して契約を結ぶという手間がかかる方法で依頼をしていました。また金額が少ないと断られていたそうで外注は費用も敷居も高かったのです。

しかし2010年代後半からクラウドソーシングのサービスが活発化し発注者側は少量の金額で手軽に外注できるようになり、駆け出しのフリーランスの方も営業をしなくても仕事を受注できるようになりました。

クラウドソーシングについて解説されている総務省のページです。

総務省:クラウドソーシングとは

副業解禁によるクラウドワーカーの増加

ここ最近で政府が副業解禁を大々的に宣言したことでクラウドワーカーの人数が増えています

クラウドワーカーはもともと20代の割合が多く、コロナの影響によりアルバイトやパートの労働時間を減らされた人が副業でクラウドワーカーとして案件を受注するケースも増えているため特に20代、30代のクラウドワーカーが増えていくと予想されます。

クラウドワーカーの年代別グラフ

マナミナ「副業やクラウドソーシングが伸びている実態とは?大手2サイトのユーザー層の最新トレンドを探る」より画像を引用

クラウドワーカーの人数の推移

総務省「クラウドワークスの会員数推移より画像を引用

時代の後押しもあり副業のクラウドワーカーは今後更に増えるでしょう

副業についてのメリット・デメリットはこちらで解説しています。

フリーランスとして副業で働く5つのメリットと3つのデメリットとは?

ライティング外注に特化したクラウドソーシング

ランサーズやクラウドワークスなど様々なクラウドソーシングサービスがありますが、そのなかでもライティング案件に特化したサービスを利用するとよりライターを探しやすいかと思います。

Shinobiライティング

ライティング特化型のサービスで有名なのはShinobiライティングです。2018年9月時点で累記事制作数は525万本、登録ライター数は50万人以上いるので自分が作成したい記事のジャンルが得意分野のライターを見つけられるかと思います。

Shinobiライティングのサイトはこちらになります。

Shinobiライティング

しかしながらライティングを外注だけに頼りっぱなしだと納品された文章のクオリティが良いのか判断できなくなってしまう可能性があります。

なのでご自身でもライティング業務を経験すると記事の品質管理に対しての理解が深まるかと思います。ライティング案件を探す場合は次のサービスがおすすめです。

REPO

REPOはライター初心者の方もポイント稼ぎ感覚で仕事を受けれるライティング特化型サービスです。

REPOのユニークな点はライターは案件を選んでお仕事開始ボタンを押すと制限時間が表示され、その時間内に記事を書き上げれば報酬を電子マネーでもらうことができます。

文字数があまりない自分の体験談やコラム執筆などの比較的簡単な案件が多く、クライアントとのやり取りがないためライティング初心者でも敷居が高くありません。こちらでライティング案件に挑戦して業務についての理解を深めてみてはいかがでしょうか。

REPOのサイトはこちらになります。

REPO

プロジェクト方式とタスク方式の違い

クラウドソーシングで外注する際は「プロジェクト方式」か「タスク方式」でライティングを依頼します。

プロジェクト方式はクラウドソーシング上で「○○のテーマで記事を書いてください」と募集をかけ、それに応募してきた複数のライターの実績やスキルを見て一番質の高い記事を書いてくれそうなライターを一人選び発注する形式です。

その人に対して設計書で細かい指示を出すことが可能で、記事の出来が良ければ継続案件をお願いすることもできます。

タスク方式は大量のライティングを発注する際に、前もって決めた募集人数に対して応募してきたライターにその場限りで契約をする形式です。

プロジェクト方式で扱う案件と違い、数時間程で終わるような案件で募集するのが一般的です。

プロジェクト方式とタスク方式の違いはクラウドワークス様のサイトでも解説されています。

クラウドワークス:仕事の依頼形式について

ライティング外注の相場は?

ライティングの報酬は一文字あたりの価格から算出されるのが一般的です。この一文字の価格はライターの実績や知名度やスキル、記事のジャンルによって大きく変わってくるため外注を依頼する際はライターのプロフィールを見て慎重にを選ぶ必要があります。

下記の図は文字単価の相場の目安です。

文字単価表

ランサーズ「文字単価相場表」より画像を引用

この図から専門的な内容になるほど文字単価が高くなる傾向がわかります。例えば旅行を経験したことがある人は大勢いるかと思います。なので旅行に関しての記事は多くの人が経験したテーマになるためライティング文字単価が安くなります。

しかし株や投資については誰もが知ってるわけではなく専門知識や実践経験が必要なテーマになるため文字単価は高くなります。

このように扱うテーマによって外注費用は大きく変わります。また下記の図のようにライターのライティング経験年数によっても外注費用は変わります。

経験別文字単価表

ランサーズ「文字単価相場表」より画像を引用

ライティング外注の諸経費

記事の外注においてライティング以外の作業が発生することがあり、その場合は諸経費として請求されることがあります。例えば以下の様なケースです。

出張費用:より質の高い記事制作のために現地に行き取材、調査をする場合の交通費や滞在費

撮影費用:例えば権威性を持たせるため、記事内に会社の経営者の写真を入れたい場合はその人物を撮るカメラマンの費用やスタジオ費用。

見積もりを出してもらう際には、文字単価の合計金額だけでなく上記のような諸経費も発生するのかを確認しましょう。

ライティング外注のメリット・デメリット

複数の会社のコンテンツマーケティングを同時に進行させるWebマーケターの自己負担を減らすためにも外部にライティングを依頼することは重要ですが外注にはメリットとデメリットがあります。

ライティング外注のメリット

記事執筆に費やす時間をキーワード選定に当てられるなどの他の作業に集中することができより多くのコンテンツを並行して作ることが可能です。また専門分野に特化したライターに依頼すれば、その分野で深い内容のコンテンツ記事が作成できます。

ライティング代行業者に比べ比較的安く発注することができるのもクラウドソーシングの強みです。

ライティング外注のデメリット

クラウドソーシング上のライターは千差万別です。

得意なジャンルだけでなく、長文をじっくり書く人や、画像と短文を組み合わせた記事を書くのが得意な人、ストーリー形式で書くのが得意な人など個性がバラバラな大勢のライターの中から記事のジャンルに適切なライターを探す必要があります

ライターの得意な分野やスキルを聞き出すための発注者のコミュニケーション能力も求められます。

クラウドソーシングと代行業者の違いは?

クラウドソーシングとライティング代行業者の大きな違いは何でしょうか?ちなみに代行業者にライティングを外注することや、ライティングに限らず専門業者に外部委託することをアウトソーシングとも言われています。詳しく解説していきましょう。

クラウドソーシング

ウェブ上で不特定多数の人に仕事を依頼するサービスで、代行業者と比べて手っ取り早く安価で仕事を依頼できる事が多いです。しかしライターのスキルや経験値は千差万別で担当するライターによって記事の質が変わってくる可能性があります。

またリスクとして依頼した仕事を投げ出されるケースもあります。そのリスクを理解した上で大量の記事を安価で書いてもらいたい方に向いているサービスです。

ライティング代行業者

業者専属のライターが細かい要望に沿ってSEO対策を意識した文章を作成してくれるためクラウドソーシングより高品質で集客も見込める記事を作成してくれます。ただし料金は高いケースが多いです。

ディレクターが発注者と業者の間についてくれることが多いため業者とコミュニケーションをとる手間も省けます。

このようにSEOライティングを施した結果に直結する記事作成してくれるので自社メディアのアクセス数を伸ばしたい方に向いているサービスです。

ライティング代行はWEBMARKSへ

WEBMARKSではSEOに特化したライティング代行を承っています。また貴社のサイトで結果にコミットしたコンテンツ運用を月額10万円から承っています。ライティングでお困りでしたらぜひお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人
英賀 啓太
英賀 啓太
タクシー運転手→YouTubeのビジネスインフルエンサーに感化されIT系を志す→職業訓練校を経て個人デザイン会社でDTP制作とデジタルサイネージ広告の映像制作をやりつつWEBMARKS『オンラインWebマーケター育成プログラム』第2期生としてWebマーケティングを学ぶ。
このライターの記事を見る
TOP