ライティングってどんな仕事?ライティングで稼ぐノウハウを解説

Webライティング
ライティングの仕事内容

「ライティングを仕事にしたい」「副業にライティングを検討している」という方も多いのではないでしょうか?

この記事では、ライティングという仕事のメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

誰でも簡単に挑戦できる分、一定以上の対価を目指す場合にはそれなりの工夫が必要になります。

無理のない作業で着実に収入をアップするノウハウを、事前にチェックしておきましょう。

そもそもライティングってどんな仕事?

ライティングの仕事内容

さまざまなイメージのある仕事ではありますが、自分で執筆をおこない、文章で稼いでさえいれば、すべての仕事がライティングと呼ばれます。

クラウドサービスを利用してクライアントに寄稿していても、自分でブログを運営していても、執筆をしている方のすべてがライターに該当するわけです。

一口にライティングを仕事にすると言っても、取り組み方には個人差があるため、着手する前にメリットとデメリットについても理解しておきましょう。

ライティングという仕事のメリットとデメリット

ライティングの仕事をする男性

ライティングという仕事にも、ほかの職業と同様にメリットとデメリットがあります。

自分のペースで仕事ができる一方で、ライティングという仕事には主体性が求められるという難しさもあります。

メリット1、自分の好きな時間で作業を進められる

雇用形態にもよりますが、直接仕事を受注する形でライティングの仕事を始めれば、好きな時間で作業を進められます。

仕事で忙しいサラリーマンや子育て中の女性でも、自分のスケジュールを調整することさえできれば、すぐにでもライターとしての活動を始められます。

メリット2、自分の知識や経験を収入に変えられる

自分の知識や経験を収入に変えられることも、ライティングのメリットの1つです。

すでに会社員としての経験をもっている方であれば、ビジネスマン向けの仕事術などを発信することができます。

また、運動や貯蓄に関心がある方は、自分が試してみた感想などを盛り込むことで、リアリティのある執筆をおこなうことも可能です。

メリット3、誰でも簡単に挑戦できる

ライティングにもさまざまな分野がありますが、基本的に誰でも簡単に挑戦できる仕事の1つです。

ライティングに挑戦した最初の月でも数万円ほどであれば、特別なスキルがなくても十分に稼ぐことができます。

ただし、一定の水準以上の対価を目指す場合には、ほかのライターが持ち合わせていないスキルを身につける必要があります

デメリット1、比較的単価が低め

ライティングという仕事には、ほかの仕事よりも比較的単価が低いというデメリットもあります。

もともと持ち合わせているスキルにもよりますが、ライティングの仕事を受け始める時期は文字単価0.3〜0.5円ほどが相場とされています。

「単価にこだわりたい」「絶対に数万円の稼ぎがほしい」という方には、少し物足りなく感じられてしまうかもしれません。

デメリット2、モチベーションを保つのが難しい

自由度が高い分、モチベーションを保つのが難しいという点もライティングのデメリットです。

特に会社員としての働き方に慣れ、「締め切りを自由に設定できる案件」に応募した場合などには、ついつい自分の都合を優先してしまう状態に陥ることも珍しくありません。

ライティングを仕事にする場合には、自分でモチベーションを保てるかどうかを冷静に観察することも重要です。

ライターに必要な技術を知りたい方はこちらをチェック!

ライティング技術とは?プロに求められる3つのテクニックを徹底解説

ライティングを仕事にして稼ぐノウハウを公開!

ライティングの仕事をする男性

ここからはライティングを仕事にして、稼ぐためのノウハウを解説していきます。

ライティング初心者から実績を積み上げていく過程で、これから紹介するポイントを意識することで、着実に収入をアップしていけるでしょう。

ノウハウ1、まずは文字数を意識する

特にライティングを仕事にし始めたばかりの初心者が意識したいことが文字数を意識することです。

自分でブログサイトの運営などをしていた経験がない限り、初めから高い文字単価の案件を獲得するのは難しい傾向にあります。

ライターには専門的な知識はさることながら、納期を守れるスピード感も求められるため、ライティングを仕事にし始めたばかりの段階では数をこなすことが重要と言えます。

ノウハウ2、専門的な知識と実績で文字単価をあげる

文字単価1円未満の仕事を積み上げられるようになったら、自分の専門性を高めていきましょう。

ノウハウ1で紹介したように、ライティングでは案件をこなしているうちに、自分が関心を持ち続けられる分野が次第に明確になってきます。

自分の関心が続く分野であれば、ストレスなくリサーチを続けられ、質の高い記事を仕上げられるため単価もアップしていきます。

まとめ

ライティングの仕事に取り組む女性

ライティングという仕事には、自分の好きなことを好きな時間に発信できるというメリットがある一方で、自分でモチベーションを保たなければならないというデメリットがあることも事実です。

ライターという仕事に興味がある方は、まずは収入を気にせずにいくつかの案件に挑戦してみることをおすすめします。

フリーランスに興味がある方はこちらをチェック!

フリーランスとして副業で働く5つのメリットと3つのデメリットとは?

この記事を書いた人
webmarks編集部
webmarks編集部
企業や個人様のWEBマーケティング事業支援なら神奈川県・湘南茅ヶ崎のwebmarksにお任せください。SEOによる集客UP、GA解析によるCV増加などクライアントの希望を全力でサポートさせて頂きます。安心価格で丁寧なサポート、お客様の気持ちに寄り添った業務支援を心掛けています。
このライターの記事を見る
TOP