WEB制作(WordPress)

【最短10分】WordPressが重い!PHPバージョンで高速化

WordPressのphpバージョン更新のアイキャッチ

「WordPressサイトが重いので、PHPをバージョンアップして改善したい」
「でもPHPっていじるの怖そう。簡単に誰でもできる方法知りたい。」

そんな悩みをもつあなたに、WordPressのPHPバージョンを更新する方法を、簡単にわかりやすく解説します

teru
teru
WordPressサイトの高速化で、あなたのサイトを上位表示させて、PVを増やしましょう。

WordPressサイトが重いとき、PHPバージョンを更新すべき理由は?

WordPressのphpバージョン更新すべき理由

WordPressは「PHP」というプログラミング言語で動いています。そのため、PHPのパフォーマンスが上がれば、WordPressのパフォーマンスも上がります。

PHPのパフォーマンスがあがり、サイトがより高速化する

PHPのバージョンを更新すると、どのような効果があるのでしょうか?WordPressの日本語公式サイトには、以下のように掲載されています。

PHPの最新の対応バージョン (現在は7.3) にアップグレードすると、以前のバージョンに比べてパフォーマンスが最大で3倍〜4倍向上します

Update PHP | WordPress.org

PHPを最新のバージョンに更新することで、PHPパフォーマンスが最大3倍以上になるとあります。下記の記事では、PHPのバージョン別にパフォーマンスを計測した結果が掲載されています。

WordPressが高速に動くPHPバージョンは? │ 8wired.jp

検証の結果、最新バージョンでは3倍以上のパフォーマンスが上がったことが、確認できています。

PHPのセキュリティが高まり、サイトがより安全になる

WordPressサイトの高速化とは直接関係はありませんが、PHPバージョンを最新にアップデートすることで、サイトがより安全になります。

PHPは世界的に人気があるプログラミング言語です。そのため、ハッカーの標的にもなりやすいです。その対策として、PHPの最新のバージョンには、最新のセキュリティ機能がなされています。

ちょっと検索しただけでも、以下のように頻繁にセキュリティが改善されていることがわかります。

古いバージョンのPHPを使い続けていると、こういったサポートが受けられなくなってしまいます。怖いですよね…。WordPressサイトを安全に運営するためには、PHPはなるべく最新バージョンにしておくべきでしょう。

WordPressサイトが重いとき、PHPバージョンを更新する方法は?

WordPressのphpバージョン更新方法

では実際に、PHPバージョンを更新する方法を、以下の5つのステップにわけて、わかりやすく解説していきます。

①いまのPHPバージョンを確認する

アップデートをする前に、ご自身のWordPressサイトのPHPバージョンを確認しておきましょう。もしアップデートしてトラブルがあった場合に、元のバージョンに戻せるようにするためです。

レンタルサーバー会社ごとのPHPのバージョン確認方法は以下のとおりです。

エックスサーバー

エックスサーバーは、サーバーパネルへログインし、「PHP」‐「PHPバージョン切り替え」の手順で確認できます。

https://www.xserver.ne.jp/manual/man_program_php_ver.php

ロリポップ

ロリポップは、ユーザー専用ページの[サーバーの管理・設定]→[PHP設定]をクリックしてください。PHP設定エリアで、お持ちのドメインごとにPHPバージョンが確認できます。

https://lolipop.jp/manual/user/php-setting/#p-php-version

その他のレンタルサーバー会社

その他のレンタルサーバーについては、下記リンク先に、レンタルサーバー別の確認方法がまとまっています。

https://github.com/WordPress/servehappy-resources/blob/master/tutorials/hosting-specific/tutorials-ja.md

②WordPressサイトのバックアップを作成する

PHPのアップデートをする前に、必ずバックアップをとっておきましょう

バックアップは「BackWPup」というプラグインを使用するのがおすすめです。使い方は以下のサイトが参考になります。

WordPressでバックアップを取る4つの方法(初心者向け)https://saruwakakun.com/html-css/wordpress/backup

③WordPress 本体、テーマ、プラグインをアップデートする

WordPress 本体、テーマ、プラグインが、古いバージョンのままだと、PHPをバージョンアップしたときに、不具合が起こる可能性があります。あらかじめ最新の状態にアップデートしてしておきましょう。

WordPressのプラグイン更新

WordPress 管理画面の左サイドメニューから「更新」を選択し、すべてを更新してください。管理画面の「更新」に赤い数字が表示されなくなれば、全て最新の状態ということです。

④PHPバージョンとテーマ・プラグインの互換性をチェックする

PHPバージョンをアップデートした後も、お使いのWordPressテーマやプラグインが、正しく動くかどうかを、あらかじめチェックしておきましょう。チェックするには、プラグイン「PHP Compatibility Checker」を使います。

WordPressのプラグイン更新手順

管理画面の「プラグイン」から「新規追加」をクリックします。

WordPressのphpバージョン確認方法

検索画面で「PHP Compatibility Checker」を入力

WordPressのphpバージョン確認方法

「PHP Compatibility Checker」が表示されたら、「今すぐインストール」→「有効化」と進みます。

WordPressのphpバージョン確認方法

インストールしたら、管理画面の左側「ツール」から「PHP Compatibility Checker」を選択します。

WordPressのphpバージョン確認方法

上記写真のように各項目を選択し、「サイトスキャン」を実行します。

WordPressのphpバージョン確認方法

こちらが実行結果です。緑色で「互換性あり」と表示されていれば、PHPをバージョンアップしても問題はなさそうと判断できます。

「互換性あり」と表示されなかった項目については、別のものに代替するか、使用を控えたほうがよいでしょう。

⑤PHPバージョンを更新する

それではいよいよ、PHPのバージョンを更新しましょう。

エックスサーバー

エックスサーバーのPHPバージョン更新は、たったの2ステップ。とても簡単です。

WordPressのphpバージョンエックスサーバー

画像引用:エックスサーバー公式ヘルプページより

まず、サーバーパネルへログインし、「PHP Ver.切替」をクリックしてください。

WordPressのphpバージョンエックスサーバー

画像引用:エックスサーバー公式ヘルプページより

「変更後のバージョン」の欄から、変更希望のバージョンを選択して、「変更」ボタンをクリックしてください。以上で更新は終了です。

【公式ページ/エックスサーバー】PHPのバージョン更新方法
https://www.xserver.ne.jp/manual/man_program_php_ver.php

ロリポップ

ロリポップでPHPのバージョンを更新方法です。

まずユーザー専用ページの[サーバーの管理・設定]にある[PHP設定]を押します。

WordPressのphpバージョンロリポップ WordPressのphpバージョンロリポップ

変更するドメインのPHPバージョンを選択し、「変更」をクリックします。5~10分ほど待てば反映されます。

【公式ページ/ロリポップ】PHPのバージョン更新方法https://lolipop.jp/manual/user/php-setting/#version-change

その他のレンタルサーバー会社

下記リンクから、レンタルサーバー別の更新方法ページが、一覧でまとまっています。お使いのレンタルサーバー会社の名前をクリックして、ヘルプページにアクセスしてください。

https://github.com/WordPress/servehappy-resources/blob/master/tutorials/hosting-specific/tutorials-ja.md

PHPバージョンを更新後、エラーが出たときは?

WordPressのphpバージョン更新でエラー

PHPバージョンを更新したあと、「画面が真っ白になってしまった」などのエラーが起きてしまった場合、以下の手順で対応してください。

PHPバージョンを元に戻す

まずは落ち着いて、PHPのバージョンを元に戻しましょう。やりかたは、アップデートした手順で、古いバージョンを選択するだけです。

あらかじめ確認しておいた、アップデートする前のバージョンに戻せば、サイトやダッシュボードが正常に表示されるようになります。

WordPress 本体、テーマ、プラグインが最新か再度チェックする

PHP Compatibility Checker」をつかって、WordPress 本体、テーマ、プラグインが最新の状態になっているか、もう一度よく確認しましょう。

原因がわからなければ、レンタルサーバー会社に相談

それでも原因がわからない場合、レンタルサーバー会社に相談してみましょう。各社ユーザーサポート宛に、下記を添えて連絡すれば、対応してくれるはずです。

  • サイトのURL:
  • エラー内容:
  • PHPバージョンの変更日時:

ただ、ロリポップに限っては、「データーベース接続確立エラー」が出た場合、次の方法で解消できる可能性があります。以下の記事を参考にすすめてみてください。

まとめ

WordPressのphpバージョン更新終了の画像

PHPのバージョンを更新することで、WordPressサイトが、より早く、より安全になります

ここまで、PHPのバージョンアップ方法について説明しましたが、将来のバージョンアップでも同じ手順で更新できます。PHPアップデートについては、WordPressの管理画面や、レンタルサーバー会社のニュースページでお知らせがあります。定期的に確認するようにしてください。

重くなってしまったWordPressサイトを改善する方法は、他にもたくさんあります。以下の記事に具体的な方法がまとまっていますので、あわせて読んでみてください。

【Google Speed Update】サイト表示速度を上げるために必要な施策サイトの表示速度を向上させる方法には多くの方法があります。しかし、全て対応するには膨大な時間と手間がかかります。まずは、この記事でお伝えすることから取り組みを始めてみましょう。...
ABOUT ME
テル(webmarksライター)
テル(webmarksライター)
WEBエンジニア / プランナー。食品メーカーで営業、WEBディレクターを経験。人手不足により、サイト制作や広告運用など、幅広く兼務するうちに、ECサイト運営スキルを一通り身につける。Amazon出店時には、10ヶ月で月商7桁達成。2019年に独立。人にキャリアを考えてもらう「キャリアブレスト」の企画も行っている。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST