Web制作

WordPressが重い!キャッシュ設定でサイトを高速化する方法

wordpressキャッシュ設定している画像

「WordPressが重くて困っている」というあなたに、ぜひ試していただきたいのが、キャッシュの設定です。キャッシュを正しく設定することで、サイト表示速度を改善することができます。

実際にデモサイトでキャッシュ設定を行ってみました。その結果、PageSpeed Insights上で、モバイルのスコアが「90」⇨「94」に、パソコンのスコアが「95」⇨「98」に改善されました

before:モバイル

サイト改善結果

after:モバイル(4ポイント改善)

サイト改善結果

before: パソコン

サイト改善結果

after:パソコン3ポイント改善)

サイト改善結果

以下で具体的な設定方法を解説していきます。

WordPressを高速化するキャッシュのしくみ

wordpressキャッシュ設定している画像

まずは、キャッシュのしくみを理解しておきましょう。WordPressのしくみを理解することにもつながり、サイト改善をする上で役に立ちます。

キャッシュとは

キャッシュとは、1度つくったページのデータを一時的に保存するしくみです。保存データを再利用することで、ページを早く表示することができます。なぜキャッシュが、WordPressの表示速度の改善につながるのでしょうか?

WordPressは、サーバー内にある複数のファイルをつなぎ合わせて1つのページをつくります。具体的には次のことが行われています。

wordpressしくみ
  1. サイトにアクセスする
  2. サーバー内で、WordPressがページを組み立てる
  3. 完成したページをダウンロードする
  4. PCやスマホで表示する

この中で処理に時間がかかるのが、上記2と3です。しかし、ページをキャッシュしておけば、ページを組み立てる時間、ダウンロードする時間を、まるまるカットすることができます。その結果、WordPressのサイト表示速度を上げることできます。

キャッシュには、2通りの方法があります。

ページキャッシュ

WordPressが作成するページをサーバーに一時保存(キャッシュ)しておく方法です。

wordpressしくみ

サイトにアクセスがあるたびにページを組み立てるのではなく、事前にページを組み立てておくことで、ページ作成にかかる時間を省けます。

ブラウザキャッシュ

WordPressが作成するページを、サイト訪問者のブラウザ(Google Chrome,Safariなど)に一時保存(キャッシュ)しておく方法です。

wordpressしくみ

一度ダウンロードしたページを再利用することで、ダウンロードにかかる時間がカットされ、サイト表示速度が早くなります。

事前にバックアップをとろう

キャッシュ保存の画像

サイトの改善を行う前に、必ずバックアップをとっておきましょう。WordPressのバージョンや、プラグイン、テーマの相性などによって、不具合が発生することがあるからです。

バックアップは「BackWPup」というプラグインを使用するのがおすすめです。使い方は以下のサイトが参考になります。

WordPressでバックアップを取る4つの方法(初心者向け)https://saruwakakun.com/html-css/wordpress/backup

WordPressの重いサイトをページキャッシュで高速化する

WP Fastest Chacheの画像

ページキャッシュの設定にはプラグイン「WP Fastest Chache」を使用します。日本語対応しており、設定方法がかんたんなので、おすすめです。ほかに有名なキャッシュ系プラグインには「WP Super Cache」や「W3 Total Cache」があります。お使いのテーマとの相性に合わせて、プラグインを選択してください。

WP Fastest Cacheの使いかた

まずはWordPressの管理画面から、「プラグイン → 新規追加」をクリックしてください。

プラグインインストール画面

検索ボックスに「WP Fastest Cache」と入力すると、検索結果に「WP Fastest Cache」が表示されます。「今すぐインストール→有効化」の順でクリックしてください。

WP Fastest Chacheの設定方法

有効化したら、使用言語を「日本語」に設定します。オプション画面をスクロールして、Languageの項目「日本語」を選択してください。

WP Fastest Chacheの設定方法

設定する項目ですが、チェックが入れられる項目はすべてチェックしてしまって大丈夫です。ここまでで、設定は終了です。PageSpeed Insightsで速度を測ってみましょう。

キャッシュ系プラグインは、テーマによって相性の良し悪しがあります。設定したあとは、サイト表示がくずれていないか、おかしな動きをしていないかを確認してください。

WordPressの重いサイトをブラウザキャッシュで高速化する

htaccessコード

ブラウザキャッシュを設定するには、サーバー内にある.htaccessというファイルにコードを追記します。

.htaccessとは

.htaccessとは、Webサーバーをコントロールするための設定ファイルで、ページやファイルへのアクセスを制御することができます。.htaccessを活用することで、次のようなことができます。

▼URLのリダイレクト処理
あるページから他のページに、強制的に転送する処理のことです。ホームページをリニューアルしてURLが変わったときなどに用いられます。

▼ID/パスワードを要求する
サイトを表示するときに、ユーザーにID/パスワードを要求することができます。

▼独自のエラーページをつくる
ユーザーがサーバー上に存在しないURLにアクセスしたとき、通常は「Page Not Found(お探しのページは見つかりませんでした)」と表示されます。このページを、独自に用意したページに置き換えることができます。

.htaccessの設定方法

WordPressにも.htaccessが必ずふくまれており、ふだんは他のファイルといっしょに、サーバー上にアップロードされています。.htaccessにコードを書き込むには、FTPソフトを利用して、ダウンロードしてあげる必要があります。

手順としては以下のようになります。

  1. 事前にバックアップをとっておく
  2. FTPソフトをつかって.htaccessファイルをダウンロードする
  3. ダウンロードした.htaccessファイルにコードを書き込む(コピペでOK)
  4. .htaccessファイルを保存する
  5. FTPソフトをつかって.htaccessファイルをアップロードする

書き込むコードは以下をコピペでOKです。

# ブラウザキャッシュ
<ifModule mod_expires.c>
ExpiresActive On
ExpiresDefault "access plus 2 days"
ExpiresByType text/html "access plus 1 seconds"
ExpiresByType text/css "access plus 1 days"
ExpiresByType text/javascript "access plus 1 weeks"
ExpiresByType image/gif "access plus 1 weeks"
ExpiresByType image/jpeg "access plus 1 weeks"
ExpiresByType image/png "access plus 1 weeks"
ExpiresByType image/x-icon "access plus 1 weeks"
ExpiresByType application/pdf "access plus 1 weeks"
ExpiresByType application/javascript "access plus 1 weeks"
ExpiresByType application/x-javascript "access plus 1 weeks"
ExpiresByType application/x-shockwave-flash "access plus 216000 seconds"
ExpiresByType video/ogg "access plus 1 month"
ExpiresByType video/mp4 "access plus 1 month"
ExpiresByType video/webm "access plus 1 month"
</ifModule>
# ブラウザキャッシュ

 

WordPressならブラウザキャッシュを設定してページ表示速度を高速化する方法 | Pasolack-パソラック-
https://pasolack.com/seo/browsercache/#i-7

ブラウザのキャッシュの設定をすると、自分のブラウザにもキャッシュが残り、「デザインを変更しても反映されない」といったことが起こります。そうした場合は、スーパーリロードをかけることで解決できます。

まとめ

今回の取り組みで、「キャッシュをうまく利用することで、サイト表示速度を改善できる」ことがわかりました。

サイト表示速度の改善方法は、他にもまだまだあります。以下の記事にまとまっていますので、キャッシュの設定が済みましたら、別の方法を試してみてください。

【Google Speed Update】サイト表示速度を上げるために必要な施策サイトの表示速度を向上させる方法には多くの方法があります。しかし、全て対応するには膨大な時間と手間がかかります。まずは、この記事でお伝えすることから取り組みを始めてみましょう。...
【初心者向け】WordPressが重いときのおすすめプラグイン5選WordPressが重く、サイト表示速度が遅いと感じている方が、プラグインをつかうことで、かんたんに速度改善できるようになります。主に初心者向けに書いています。...
ABOUT ME
テル(webmarksライター)
テル(webmarksライター)
WEBエンジニア / プランナー。食品メーカーで営業、WEBディレクターを経験。人手不足により、サイト制作や広告運用など、幅広く兼務するうちに、ECサイト運営スキルを一通り身につける。Amazon出店時には、10ヶ月で月商7桁達成。2019年に独立。人にキャリアを考えてもらう「キャリアブレスト」の企画も行っている。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST