【WEBライティング】初心者が記事をスムーズに書く6個のコツ!

コピーライティング
【WEBライティング】初心者が記事をスムーズに書く6つのコツ!

書き進めているうちに内容がまとまらなくなり、1記事を書くのに時間がかかって悩むことありますよね。

記事構築時の悩みを解決して、スムーズに書き進めるためのコツを話していきます。

WEBライティングにおすすめ!6個のポイント

WEBライテイングのポイントは6個あります。

6個のポイントを踏まえて書き進めていけば、読者がついつい読みたくなる記事になります。

ポイント① 何を伝えたいのかを決める

記事を書くときに読み手はどういう内容を知りたいか?を考えてください。

コンテンツ(記事)を届ける際には、読み手のニーズを想像することが非常に大切です!

ポイント➁ 必ず伝えるメッセージは1つ

読者に沢山のことを知ってもらいたい気持ちは分かります。しかし、多くの内容を詰め込み過ぎてしまっては、いくら興味があっても読む気が失せます。

そこで伝えるメッセージを一つに絞って記事を書いていきます。

的を定めると何を言いたいのかが伝わりやすくなります。

ポイント➂ 時間を決める

時間を決めて記事を書くのもオススメです。

はじめの内は、どうしても予想以上に時間がかかるのは仕方ありません。

まずは、1時間1000文字程度と決めて書いてみましょう。

ポイント④ 見出しを先に決める

伝えたいことが決まったら記事の見出しを先に決めます。

見出しに沿った内容を書くとブレが生じにくくなります。記事のボリュームにもよりますが、見出しは3個〜5個くらいあると良いですよ。

見出しが決まると文章内容の問題提起、解決策、その証拠➀、➁、まとめのように記事の構成を決めやすくなります。

ポイント⑤ 伝えたい言葉や単語を書きだす

記事を上手に書こうとすればするほど上手に書けなくなります。それは「何を書けばいいんだろう?」と疑問が多くなってくるからです。

伝えたい言葉や単語を書き出すことで、だんだんとキーワードや単語が整理されてきます。

ポイント⑥ 最後に文章を整えていく

ポイント➀~⑤に沿って書き進めることで、以前よりも記事全体にまとまりが出ているはずです。

そして仕上げに、「日本語がおかしくないか?」という点に気をつけながら何度も読み返しましょう。

最後に、自分自身が読者になってみてください。そうすれば読者が読みたい記事になっているかどうかを見直すことができます。

WEBライティングに必要なこと

WEBライテイングでは、自分の言葉で専門的になりすぎないで読者に気持ちを伝えることが大切です。

これはブログだけでなくメルマガを書く際も必要です。

「誰に?」「何を伝える?」をはっきりとさせて、メッセージを1つに絞っていきます。

だらだら書いていると、無駄が増えるので1つにすることで読者も理解がしやすくなります。

問題提起、解決策、まとめの順に書いていくと読者に受け入れられやすい記事になります。

まとめ

WEBライティングでは、「誰に、何を伝えたいかをはっきりと決めることが大切です。

書きたい内容が決まったら専門的になり過ぎないように注意しながら、自分の言葉で文章を書いていきます。

最後に出来上がった記事は必ず見直しましょう。これを繰り返していけば、あなたの記事は必ず読まれるようになりますよ!

この記事を書いた人
webmarks編集部
webmarks編集部
企業や個人様のWEBマーケティング事業支援なら神奈川県・湘南茅ヶ崎のwebmarksにお任せください。SEOによる集客UP、GA解析によるCV増加などクライアントの希望を全力でサポートさせて頂きます。安心価格で丁寧なサポート、お客様の気持ちに寄り添った業務支援を心掛けています。
このライターの記事を見る
TOP