Webライティング

Webライティングはリサーチが命!リサーチの3ステップを簡単解説

ビジネスライティングのポイント

Webライティングの結果は誰にどのような情報を届けるかを、どれだけ明確にできているかに左右されます。

そして、ターゲットと提供する情報を明確にするためには、執筆前のリサーチが非常に重要です。

この記事では「Webライティングがなかなか進まない」という方へ、リサーチの進め方を解説します。

もともと文章を書くのが好きでライターになった方も、事前の情報収集の不足がスランプの要因かもしれません。

そもそもWebライティングでリサーチに時間を割く意味とは?

リサーチと書かれた積み木

ライターと言えば、記事を作成した成果物、自分のコンテンツへの集客に対する広告料が報酬になる仕事です。

「作成した記事の数が報酬に繋がる」と考えられがちですが、割くべき時間はリサーチ8:執筆2と言われるほど、事前の情報収集に重きが置かれています。

そして、リサーチに大半の時間をかけるべき理由は、ユーザーのニーズを明確にするためです。

例えばビジネスをキーワードに執筆をしようと考えた場合は、ある程度のビジネス経験があれば、誰でも2,000字〜3,000字の記事を作成できます。

ただし、リサーチが不足しているWebライティングは、ユーザーが求めている要素が欠けてしまっていることが珍しくありません。

そして、コンテンツ作成前のリサーチが、ユーザーのニーズを明確にし、ユーザーが読みたいと感じる記事作成に必要なアクションとなるわけです。

Webライティングリサーチの具体例を確認したい方はこちらをチェック!

【ニーズリサーチ】悩みを理解して解決に導く!ブログ成功の秘訣とは

Webライティングに必要なリサーチの3ステップ

Webライティングリサーチをする女性

ここからは、Webライティングに必要なリサーチの3ステップを解説していきます。

リサーチと聞くと難しい印象を抱いてしまいがちですが、自分をユーザーと仮定することでスムーズに作業を進められます。

関連キーワードを確認し、知恵袋やSNSをチェックした上で、検索結果の上位3〜5記事ほどを読み込めば、ユーザーが解消したい疑問を明確にできるでしょう。

関連キーワードを確認する

Webライティングリサーチの1つ目のステップが、関連キーワードを確認することです。

関連キーワードの確認方法には、Googleが提供するキーワードプランナーやサジェストキーワード、関連キーワード検索などの種類があります。

ただし、リサーチの初期段階では執筆するキーワードと一緒に検索されやすいキーワードを把握できれば良いため、1つ1つに神経質になる必要はありません。

Googleの検索画面に「ビジネス」と入力し、「メール」「ニュース」「始める」「種類」といった予測表示されるワードを把握できれば、リサーチの1つ目のステップは完了です。

キーワード選定の具体的な方法を知りたい方はこちらをチェック!

【キーワード選定方法】ヒントは日常の生活や体験に隠れています!

知恵袋やSNSをチェックする

ユーザーの悩みを明確にするために有効な手段が、知恵袋やSNSをチェックすることです。

日常で娯楽に使われるツイッターも、Webライティングに活用する目的をもつことで、ニーズを明確にするためのツールに変わります。

1つ目のステップで確認したキーワードを頭に入れながら、知恵袋に寄せられている質問やSNSにあげられているつぶやきをチェックすることで、「なぜ関連キーワードが検索されやすいのか」を理解できるでしょう。

検索結果の上位3〜5記事ほどを読み込む

Webライティングリサーチの3つ目のステップが、検索結果の上位3〜5記事ほどを読み込むことです。

SEOの基本知識の説明は割愛しますが、ユーザーが求めている情報をわかりやすく解説しているコンテンツが上位に表示されています。

そして、検索結果の上位3〜5記事ほどを読み込むことで、ユーザーの疑問にどのように回答することがベターかをイメージできます。

ユーザーが「ビジネスメールの正しい書き方を知りたい」というニーズをもっている場合には、「ビジネスメールの良い例・悪い例」といった見出しを設ける記事が多く、疑問を解消するために必要な要素を把握できるわけです。

SEOの基本を抑えたい方はこちらをチェック!

SEOで検索1位を目指す理由《検索順位とアクセス数の関係を公開》

①関連キーワード:Googleの検索画面にキーワードを入力し、一緒に検索されるキーワードをチェック
②知恵袋やSNS:使用するキーワードに関するよくある疑問点をチェック
③上位表示されるコンテンツ:ニーズに対する正しい回答方法をチェック

Webライティングはリサーチが記事の質を変える

Webライティングリサーチの効果を示すグラフ

非常にシンプルで誰にでもできることですが、リサーチは記事の質を変えてしまうほど重要なアクションです。

ライターとしての活動をしているなかで、「なんとなく2,000字〜3,000字の文章を書いている」という方は、今一度リサーチの重要性を考え直すことをおすすめします。

自分でWebコンテンツを運営している方はもちろん、クライアントに寄稿している方も、執筆の目的を少し変えるだけで評価を一新することができるでしょう。

まとめ

Webライティングリサーチをする男性

Webライティングのリサーチはユーザーのニーズを明確にするための、非常に重要な準備です。

ライターは記事を書くことが仕事と考えられがちですが、かけるべき時間はリサーチ8:ライティング2とされています。

ついつい難しく考えてしまいがちですが、リサーチは関連キーワードの確認、知恵袋やSNSのチェック、検索結果の上位3〜5記事ほどの読み込み、という3つのステップをこなすだけです。

「Webライティングがなかなか進まない」という方は書き方ではなく、事前準備であるリサーチの仕方にフォーカスしてみることをおすすめします。

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST