Webライティング

Webライティングに資格は必要?武器になる資格を3つ厳選して紹介

Webライティングの資格を表すイラスト

信憑性が求められるWebライティングの世界で、専門的な知識を身につけるために資格の取得を検討しているライターも多いのではないでしょうか?

資格をもっていれば、クライアントやユーザーの信頼を獲得しやすくなるのも事実です。

ただし、Webライティングの世界は実績が評価の対象であり、資格が信頼の後押しにしかならない側面もあります。

この記事ではWebライターの資格を取得すべきかという疑問を解消するために、そもそも資格が必要なのかを解説し、武器になる資格を紹介していきます。

資格をもっていることが、クライアントからの信頼獲得の後押しにしかならない点には要注意!

そもそもWebライティングに資格は必要?

Webライティングの資格試験のスケジュール

結論からお伝えすると、Webライティングに資格は必要ありません。

大手クラウドソーシングサービスである、クラウドワークスではライターに求められるスキルを次のように表現しています。

編集者やディレクターの要望を読み取る力やクライアントとのコミュニケーション能力も必要です。円滑に取材を進めるためには、取材先への気遣いも求められます。

はじめようフリーランス! より引用

副業の中でもライターというネーミングから、専門的な知識が問われそうなイメージがつきまといます。

ただし、どんなに資格をもっていても、仕事を受注しているライター、自身でブログを運営しているライターに信頼が集まるのがWebライティングの世界です。

Webライティングの表現方法を身につけ、信憑性を高めるために資格を取得するという目的をもつことが何より重要です。

ライターになるための要素をさらに深掘りしたい方はこちらをチェック!

【初心者必見】フリーランスのライターを目指すあなたへ!

武器になる資格がある!Webライティングに役立つ3つの資格を厳選して紹介

Webライティングの資格関係の書籍

Webライターとしての信頼を獲得するためには、資格よりも執筆のスキルを優先する必要があります。

ただし、取得することで、仕事の幅が広がる資格がいくつかあることも事実です。

ここからはライターとしての武器になる資格を、3つ厳選して紹介してしていきます。

武器になる資格1、ファイナンシャルプランナーや宅地建物取引士など

1つ目のWebライターの武器になる資格が、ファイナンシャルプランナーや宅地建物取引士などです。

ファイナンシャルプランナーや宅地建物取引士などの資格を所有することで、お金や財産関係の情報を、高い信憑性をもって発信できるようになります。

また、日本では資格の取得を目指すビジネスマンの割合が高く、ファイナンシャルプランナーや宅地建物取引士は人気の資格です。

そのため、自分自身が資格取得のためにおこなった準備、前もって知っておきたい注意点などの実体験を含めた情報発信ができるようになるのも、専門性の高い資格を取得するメリットです。

ファイナンシャルプランナーや宅地建物取引士の内容を確認したい方はこちらをチェック!

日本FP協会

宅建試験 – 一般財団法人 不動産適正取引推進機構

武器になる資格2、日本語検定

正しい日本語を扱えることを訴求できる資格が日本語検定です。

最近のWebライティングにはさまざまなスキルが求められますが、特に日本語を正しく扱えることに重きを置き、日本語検定資格の取得者だけを対象としているクライアントもあります。

日本語検定一級などのハードルが高い資格をもっていれば、公的機関が運営しているWebメディアに寄稿する際などに有利に働いてくれるでしょう。

日本語検定の内容を確認したい方はこちらをチェック!

日本語検定とは? | 日本語検定

武器になる資格3、Webライティング能力検定

仕事に直結することはほとんどありませんが、Webライティングの基礎知識を体系的に学べるのがWebライティング能力検定です。

Webライターにとって必須とされるSEOの考え方をはじめ、伝わりやすい表現方法や根拠の求め方といった知識を身につけることができます。

ただし、ファイナンシャルプランナーや宅地建物取引士といった専門性を提示できる資格とは、取得する目的が異なるという点には注意が必要です。

あくまでライティング初心者が、Webライティングをする際の基礎知識を身につけることが目的の資格です。

Webライティング能力検定の内容を確認したい方はこちらをチェック!

Webライティング能力検定-一般社団法人日本WEBライティング協会

Webライティングは資格取得に躍起になってはいけない

Webライティングの資格取得に躍起になる女性

Webライティングの世界では、ファイナンシャルプランナーや宅地建物取引士といった資格をもっていることが功を奏する場面もいくつかあります。

コンテンツを運営しているクライアントが、資格取得だけを対象に募集をしているケースも少なからず存在するため、仕事の幅が広がることも事実です。

ただし、Webライターとして、ユーザーに訴求できるライティングスキルがあってはじめて、専門的な知識が武器になると考えておきましょう。

Webライティングでは、「この資格をもっていれば安心」ということがないため、資格の取得だけに躍起になってしまわないよう注意が必要です。

まとめ

Webライティングの資格勉強をする若者

「Webライティングに資格が必要なのでは?」と頭を悩ませるライターも少なくありませんが、執筆をおこなうために資格は必要ありません。

単価に違いこそありますが、ライター初心者でも、クライアントとスムーズにコミュニケーションするスキルさえあれば仕事を受注することができます。

ただし、資格の取得によって、信憑性が増す、仕事の幅が広がるといったメリットが生まれることも事実です。

もし、資格の取得を検討しているのであれば、ライターに求められるSEOやユーザーを惹きつける方法といった基礎を固めつつ、準備を進めることをおすすめします。

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST