Webライティング

Webライティングにおすすめの本とは?結果に直結する5冊を厳選

Webライティング関連の本

この記事ではライターとしてスキルアップする方法がわからないという方へ、Webライティングにおすすめの本を5冊紹介します。

日本人である以上、ある程度の文章を書くことは誰にでもできますが、ことWebライティングにおいてはWebに集客するためのスキルが求められます。

そして、ライターとして技術を獲得するためには、本から正しい情報を得ることがなにより重要です。

なぜ、Webライティングの能力を本から学ぶ必要があるのか、効率良くスキルアップできる本をしっかりと確認しておきましょう。

Webライティングは本で学ぶ必要があるの?

Webライティング関連の本

Webで情報をチェックできるようになったこともあり、そもそもWebライティングを本で学ぶ必要がないと判断されることが珍しくなくなりました。

実は記事単価にこだわらなければ、比較的簡単に仕事を受注できてしまうため、手軽に情報を集められるWebに頼る人が多くなっています。

しかし、本からWebライティングの情報を獲得することが、結果に直結する方法です。

本を読まずに、Webの情報に頼るライターが多い分、著者の名前が公表されている本の情報に本当の意味で価値があるのです。

【厳選】Webライティングを学べる本を5選

本を読みがらWebライティングをする男性

ここからは、ライターの結果に直結する本を厳選して5冊紹介していきます。

そもそも文章力とはどんなものなのかを学べる初心者向けの本から、ライターとしての価値を見いだせる本までを取り上げます。

自分のレベルにあったものを選択することで、着実なスキルアップを行えるでしょう。

Webライティング初心者におすすめの本2冊

①新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス出版・唐木元著)

①新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス出版・唐木元著)

大手音楽メディアを運営する、ナタリーで実際に行われているトレーニングを題材にしているのが「新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング」です。

Webの掲載される文章と一般的な文章の違いや基本的な例文が掲載されているため、特に読まれる文章をイメージできない方におすすめです。

②10年つかえるSEOの基本(技術評論社出版・土居健太郎著)

②10年つかえるSEOの基本(技術評論社出版・土居健太郎著)

Webライティングの基礎とされるSEOという概念を、わかりやすく解説している一冊が「10年つかえるSEOの基本」です。

SEOライティングは数多くのWebメディアでも取り上げられていますが、「10年つかえるSEOの基本」ほど深掘りして解説されていることはありません。

2015年に出版されている本ですが、その名の通り現在でも十分に活用できるノウハウが盛り込まれています。

Webライティングスキルをさらに高めたい方におすすめの本2冊

③沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉(エムディエヌコーポレーション出版・松尾茂起著)

③沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉(エムディエヌコーポレーション出版・松尾茂起著)

Webライティングをある程度経験した方におすすめの一冊が、「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉」です。

SEOに着目しているという点では、「10年つかえるSEOの基本」との共通点が多い本ですが、600ページを超えるボリュームが大きな特徴です。

ストーリー仕立てでイラストも豊富なため、複雑な内容もすんなりと理解できます。

④100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300(パルコ出版・東香名子著)

④100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300(パルコ出版・東香名子著)

Webライティングの中でも、「100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300」はクリックしたくなる単語にフォーカスした本です。

ライターとしての経験をある程度積み、文章を書くことが得意になってきた段階でチェックすることをおすすめします。

これまで書いてきた文章と、「100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300」に掲載されているタイトルや見出しの例を比較するだけで、ライティングスキルを一段階高められます。

Webライターとしての価値を高めたい方におすすめの本

頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書(秀和システム出版・吉見夏実著)

頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書(秀和システム出版・吉見夏実著)

Webライターとしての能力を確固たるものにしてくれる本が、「頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書」です。

単価にこだわらなければ数多くの案件が用意されているライターですが、実績を積み上げていくとセルフブランディング力が求められるようになります。

セルフブランディング力とは、タイトルや見出しでユーザーを動員するだけでなく、ライターならではの文体や知識といった特徴を指します。

そして、交渉術を含めたブランディング力の大切さを理解するためには、頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書」がもっともおすすめです。

本でWebライティングを学ぶことがライターの価値に繋がる

Webライティング書籍が並ぶ本棚

必要な情報を本から獲得するという習慣をもつだけで、確かなWebライティングスキルを身につけられます。

Webライティングに限ったことではありませんが、本を購入し、必要な情報を入手するためにはある程度のお金が必要になります。

そして、Webライティングスキルを習得するために、わざわざお金をかけることが大切なのです。

プロであれば必要な投資をすることが当たり前とされていますが、初心者はわざわざお金をかける人の割合のほうが少ないため、本から情報収集をするだけでライバルとの差別化を進められます。

まとめ

Webライティングの本とパソコン

特にこれからWebライティングを学ぶ初心者は、できるだけ早い段階から本を使ってスキルアップすることをおすすめします。

本から必要な情報を習得する人が減っていますが、その分正しい情報を持つ人の価値が高まっています。

もちろん手軽さのあるWebから必要な知識を獲得することも有効な手段ですが、情報の正しさという観点では本が圧倒的に優れています。

今回おすすめした本から、自分に必要なスキルを獲得することで、長期的な目線で活用できるノウハウを習得できるはずです。

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST