育成プログラム

Webマーケティングにプログラミングは必要?学んでおいた方がいい言語とは

Webマーケティングにプログラミングは必要?学んでおいた方がいい言語とは

「Webマーケティングとプログラミングどちらを勉強したらよいのか」「Webマーケティングのプログラミングの知識は必要?」

このような悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか。

結論としては、Webマーケターでもプログラミングに知識を身につけておくとよいでしょう。

なぜなら、プログラミングができると扱える業務が増え、自身の市場価値が高まるためです。

本記事では、Webマーケティングとプログラミングどちらが勉強しやすいのか、Webマーケターとしてプログラミングができるメリットを解説します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングとプログラミングはどっちが勉強しやすいか

Webマーケティングとプログラミングはどっちが勉強しやすいか

Webマーケティングとプログラミングのどちらが勉強しやすいかといえば、プログラミングの方が勉強しやすいでしょう。

Webマーケティングに比べて、プログラミングは再現性が高いので勉強がしやすいといえます。

それに比べて、Webマーケティングは再現性が低く、Webマーケティングスクールの数が少ないのが現状です。

しかし、Webマーケティングの仕事とは「Webで物が売れる仕組み作り」なので、ビジネスではより大きな役割を果たします。

どちらを勉強するかは個人の目指す道にもよりますが、フリーランスとして将来独立を目指したい、自身でビジネスをやっていきたいと考えている場合はWebマーケティングから勉強するとよいでしょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターがプログラミングをできるメリット

Webマーケターがプログラミングをできるメリット

Webマーケターがプログラミングをできるメリットを解説します。

Webマーケティング職はデータ収集や入力などの業務が多く、プログラミングができるとそういった業務を簡略化できます。

Webマーケターとしてプログラミングができる代表的なメリットは下記の3つです。

  • サイトについての理解が深くなる
  • 市場価値が上がる
  • 作業を効率化できる

プログラミングができるWebマーケターは希少性が高いため、プログラミング学ぶことによって得られるメリットは大きいでしょう。

サイトについての理解が深くなる

Webマーケターでもプログラミングの知識があるとサイトの理解が深くなります。

基本的にサイトはHTML&CSSの組み合わせできているので、この2つの言語の知識があると、サイトがどのように構成されているか理解できます。

サイトの変更を指示する際にも、知識があれば具体的に指示できるので、エンジニアとのコミュニケーションが円滑になるのもメリットです。

市場価値が上がる

プログラミングができるWebマーケターは少ないため、マーケティングとプログラミングの両方を学ぶことで自身の市場価値が上がります。

Webマーケターでありながら、プログラミングができると作業の幅が広がり、サイトの作成から集客まで全てワンストップでできるため、多くの従業員を抱えられない中小企業などではとくに重宝されるでしょう。

フリーランスとして受けられる案件の幅も広がるため、収入や案件単価を上げたいのであれば、プログラミングの知識があった方がよいでしょう。

作業を効率化できる

プログラミングができると、Webマーケターがよく使うExcelやGoogleスプレッドシートなどの作業を効率化できます。

ExcelであればVBA、GoogleスプレッドシートであればGoogle Apps Scriptなどを使うことで、単調な繰り返し作業を自動化することが可能です。

データ入力にかかる時間を簡略化することで業務の時間短縮につながり、その分の時間を施策を考える時間にあてることができます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターが学習しておいた方がよい言語

Webマーケターが学習しておいた方がよい言語

Webマーケターが学習しておいた方がよい言語を紹介します。

全ての言語を勉強するのは流石に難しいので、どれか1つでも知識を身につけておくとよいでしょう。

学習しておいた方がよい言語と、言語を使えることでどのような効果があるかを紹介していきます。

HTML・CSS

多くのサイトは、HTMLとCSSの組み合わせで出来ています。HTML・CSSの知識があるとサイトの構造を変更できます。

ページの見た目を変更したり、内部SEOで重要なタグの変更をしたりとさまざまなことができるようになります。

社内や外注先と話をする上でも、HTMLの知識は必要最低限持っておきたいところです。

JavaScript

JavaScriptが使えると作業効率が上がります。

Google Apps ScriptなどのツールはJavaScriptの知識が必要です。

また、JavaScriptができるとGoogleアナリティクスでイベントトラッキングが可能になります。(イベントトラッキングと言うのは通常のGoogleアナリティクスでは計測できない行動を測定するための機能)

データ収集・分析はWebマーケターがよく行う業務の一環なので、JavaScriptは身につけておいて損のない言語です。

python

pythonができるWebマーケターはかなりの業務を効率化できます。

pythonを用いて「スクレイピング」を行うことで、サイト内の情報を収集することが可能です。

たとえば、競合サイト上位10記事のタイトルとmeta descriptionを抽出することなどが可能で、ルーチーンワークを簡略化することが可能になります。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティング・プログラミング独学方法

Webマーケティング・プログラミング独学方法

Webマーケティングとプログラミングのどちらも独学が可能です。

しかし、独学するための教材が多数ネットにあふれているため、何を参考に勉強すればよいかわからなくなることもあるでしょう。

そこで、独学するために効果的な方法を紹介します。

無料のプログラミング学習サイト

さまざまな無料プログラミングサイトがあるなか、特に評判がよいのが「Progate」です。

独学で勉強しようとすると、難しい単語が多くすぐに挫折してしまう方が多くいます。

しかし、Progateでは初心者でもわかりやすい学習内容になっており、イラストなども多く使用されているので理解しやすい内容になっています。

目的に合わせたコースを選べるため、自分にあった学習コースで勉強しましょう。

参考サイト:progate

ブログの運営

ブログ運営は、マーケティングを勉強する王道の方法です。

書いた記事のPV数を伸ばしたり、紹介している商品のCV率を上げたりするために、PDCAを回していく過程はWebマーケティングの勉強になります。

どの記事が多くユーザーに見られているか、どの記事のPV数が少ないか、Googleアナリティクスを確認し改善していく作業は企業のWebメディアを運営するのと変わりません。

ブログ運営は、独学でWebマーケティングを学ぶ最良の方法といえるでしょう。

スクールに通う

独学に限界を感じたら、スクールに通うのも1つの手段です。

独学のデメリットとして、学習時間が長いだけでなく、よほど強い意志を持っていないと途中で勉強を挫折しやすいというのが挙げられます。

たとえば、わからない箇所が出てきたときに、その部分を調べるのに時間がかかってしまうのであれば、講師に質問した方が時間の節約になります。

何から始めたらよいのかわからない、早くスキルを取得したいとお考えの方は、スクールで学習するのがおすすめです。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

まとめ:2つのスキルで市場価値をあげよう

Webマーケターにプログラミングの知識は必ず必要ではありませんが、知識があった方が便利になる場面が多いです。

Webマーケティングとプログラミングのどちらから勉強するればよいのか迷っている方はWebマーケティングから勉強することをおすすめします。

Webマーケティングは汎用的なスキルなので、何にでも応用することが可能です。

WEBMARKSでは、未経験からでも3ヶ月でWebマーケターとして活躍できるカリキュラムを用意しています。

Webマーケティングに興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

「【おすすめ】Webマーケティングスクール!未経験・初心者から3ヶ月でWebマーケター!」

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/