育成プログラム

Webマーケティングのフリーランスは稼げる!気になる年収は?

Webマーケティングのフリーランスは稼げる!気になる年収は?

「Webマーケティングフリーランスの年収はどのくらい?」「Webマーケティングの年収を上げるには?」

そのような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

年収はピンからキリまでと一概には言えませんが、Webマーケティング職のフリーランス年収は青天井で、スキルさえ持っていればいくらでも年収を上げることができます。

本記事では、Webマーケティングのフリーランス年収と、年収を上げるためのスキルを紹介します。

Webマーケティングのフリーランスがおすすめな理由

Webマーケティングのフリーランスがおすすめな理由

通勤から解放される、海外にいながらも仕事ができるなど、フリーランスの魅力はたくさんありますが、特にWebマーケティングのフリーランスがおすすめな理由は下記の3つです。

  • 将来性が高い
  • 稼ぎやすい
  • 未経験でも可能

自分で仕事量を決めたい、プライベートを充実させたいと考えている方には、 Webマーケターとしての独立がおすすめです。

将来性が高い

Webマーケティングの将来性は高いといえます。

その理由は、インターネットを使ったメディアなどが増えてきている影響で、インターネットの広告費が年々高まっているからです。

実際、2019年にインターネット広告費は、テレビ広告費を追い抜きました。巣ごもり需要も増えて、以前よりSNSやインターネットメディアを使うことが増えていることにより、今後もさらなる需要が見込まれ流でしょう。

参考サイト:2020年 日本の広告費

稼ぎやすい

稼ぎやすいというところも、Webマーケティングのフリーランスがおすすめな理由の1つです。

Webマーケターとしての実績とスキルがあれば、代理店案件を獲得することができます。代理店が紹介している案件の中には、時給換算で2,000〜3,000円の案件が多数あり、実績を増やすことで、それらの高時給案件も取得できるようになります。

また、実務をこなす中で身につけたスキルを、自身のブログやアフィリエイトなどに活かすことにより、収入を増やすことも可能です。

未経験でも可能

Webマーケティングの業務は未経験でも可能です。

ブログやアフィリエイトでの実績を持っている人であれば、Webマーケティング職が未経験でも案件を獲得できます。

実際、過去にWebマーケティング会社に就職した経験がなくても、Webマーケターとして活躍している人は多くいます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターフリーランスの年収は

Webマーケターフリーランスの年収は

Webマーケティングのフリーランスの年収は、平均で約560万円、会社員のWebマーケティングの平均年収は421万円と、会社員に比べてフリーランスの年収が高い傾向にあります。

しかし、Webマーケティングと一口に言っても分野はさまざまなため、年収にばらつきはあります。

さらに、フリーランスのWebマーケティング職は会社員と違い、案件数を増やすことにより、どこまでも年収を上げることが可能です。

案件数を増やすためには、スキルと実績の2つを持ち合わせていることが重要です。

参考サイト:フリーランス白書2020

Webマーケティングのフリーランス案件ごとの相場は

Webマーケティングのフリーランス案件ごとの相場は

Webマーケティングのフリーランスの案件の相場を紹介します。

主な業務は下記の3つです。

  • Webディレクター
  • 広告運用
  • SNS運用

業務ごとに相場感も異なりますので、ここでは案件ごとの相場を詳しくみていきましょう。

Webディレクター

WebディレクターとはWebサイトの設計から、編集、デザイン、システムなど運用に関わる全ての業務を監督、指揮する人のことです。

マーケティング戦略を立案したり、スクジュールの進行管理や、プロジェクトメンバーの選定をしたりなど、業務は多岐に渡ります。

Webディレクター案件の相場感は、約35万円ほどです。
※2021年4月時点の数字です

たとえば、以下のような案件がWebディレクションとしてあります。

  • SEOキーワード選定(記事企画)
  • SEO構成案作成
  • 執筆(薬機法にかかわる記事は別ライターに依頼も可)
  • メディア運用
  • グロース業務

参考サイト:SOKUDAN(ソクダン)
※実際の案件を見るには登録が必要です

広告運用

広告運用とは、Web広告の運用に関わる仕事です。

Google、Yahoo、Facebook、Twitter、LINEなどの企業が提供するプラットフォームを利用して、広告入稿、入札調整、ターゲティング、レポーティングなどを実施します。

広告予算を使い、効果的に売り上げを作る業務です。費用対効果を測るにはCPA(Cost per Acquisition)やROAS(Return On Advertising Spend)などを用います。

広告運用案件の相場感は、約28万円です
※2021年4月の数字です

たとえば、以下のような案件が広告運用としてあります。

  • クライアントのSNS広告運用業務(企画〜入稿・運用〜改善)
  • データ・アクセス分析 (分析ツールの用意有)、ならびに分析結果からの改善提案

参考サイト:SOKUDAN(ソクダン)
※実際の案件を見るには登録が必要です

SNS運用

Webでの集客方法として、SNSの重要性が年々高まっています。

多くの企業が集客方法としてSNSを利用していますが、全ての企業がうまく集客できるとは限りません。

そのため、インフルエンサーやSNSマーケターとして集客ができている人は、企業から重宝されるでしょう。

SNS運用案件の相場感は約25万円です。
※2021年4月の数字です。

たとえば、以下のような案件がSNS運用としてあります。

  • クライアントのSNSアカウント運用(企画〜入稿・運用〜改善)
  • データ・アクセス分析、ならびに分析結果からの改善提案

参考サイト:SOKUDAN(ソクダン)
※実際の案件を見るには登録が必要です

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

フリーランスとして年収をあげたいなら持っておきたいスキル

フリーランスとして年収をあげたいなら持っておきたいスキル

フリーランスのWebマーケターとして年収を上げるために持っておきたいスキルは以下のとおりです。

  • SEO
  • 広告運用スキル
  • SNS運用スキル
  • ディレクションスキル
  • デザインスキル

どれか1つのスキルでも稼ぐことはできますが、2つ以上のスキルを掛けわせることで年収を上げられるので、スキルは積極的に磨いていくのがよいでしょう。

それぞれのスキルについて詳しく説明します。

SEO

SEOはWebマーケターなら必ず身につけておきたいスキルです。

具体的には、キーワード選定や、競合調査、コンテンツの制作、アクセス解析、戦略立案、他にも、タグの設定など、ライティングからテクニカルな部分まで広範囲にわたります。

また、頻繁にGoogleのアップデートが行われており、効果的な施策もその都度変わるので常に勉強をし続けていくことも重要です。

広告運用スキル

広告運用スキルとは、Google・Yahooなどのディスプレイ広告やリスティング広告、Facebook、Twitter、LINEなどのSNS広告を運用していくスキルです。

予算をいかに効率的に使用し、最小限のコストで最大限の売り上げを作り出すことができるのかが問われます。数字を細かく分析して、改善点を常に探していく「分析力」や、人の心を動かすキャッチコピーやキャンペーンを作成する「発想力」などが必要となってきます。

SNS運用

Twitter・Instagramなど、主要SNSの運用がスムーズにできることも、Webマーケターとして稼いでいくには重要なスキルです。

スマートフォンの普及に伴い、日本人のSNS利用も増加しており、特に10代や20代向けの商品やサービスを提供している企業にとっては切り離せない集客方法です。

個人SNSを育て、インフルエンサーとして影響力を持っていたり、企業のSNSアカウント運用経験があったりすると、SNS運用案件を獲得しやすくなります。

ディレクションスキル

Webを運営していくには、デザイナー、ライター、エンジニアなど、さまざまなポジションが関わっています。

ディレクターとして独立していくためには、その全てのポジションを統括し、指示を出したり、マネージメントしたりする、ディレクションスキルが必要です。

Webサイトをスムーズに運用するためには、全体のスケジュールを把握しながら的確に指示を出す必要があります。

デザインスキル

デザインができることも、Webマーケティング業界において需要があるスキルの1つです。

サイトのインターフェイスがターゲットにそぐわないものであれば、ユーザーが離脱してしまう可能性があリます。どういったサイトがユーザーを引きつけるのか、コンバージョンを生み出していくのかなどを知っておくとよいでしょう。

最低限、自分で画像の加工やLP画像の変更ができるスキルがあると、フリーランスとして活躍しやすくなります。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングのフリーランスになる方法

Webマーケティングのフリーランスになる方法

Webマーケティングのフリーランスになる方法を解説します。

基本的に、フリーランスとして活躍するには実績が必要です。実績がない全くの未経験場合、代理店を通しても案件を紹介してもらえない可能性が高くなります。

まずは、マーケティング企業に勤めたり、自身でブログを運営したりなど、Webマーケターとしての実績を作ることが、フリーランスとして独立するための第一歩でしょう。

就職後に独立する

確実にフリーランスのWebマーケターになるには、就職して実績を作るのが一番の近道です。

Webマーケティングの担当者として企業に就職し、業務をこなしていくことで、経験やスキルを磨きながら実績を作り出すことができます。

フリーランスにへの確実な道を進みたい人は、一度就職を挟むことがおすすめです。

Webマーケティング未経験の場合は、転職サイトや転職エージェントに未経験も募集している企業がないか相談してみるとよいでしょう。

独学後に独立する

就職以外には、本などで独学し、自身のブログやSNSで実績を作った後、フリーランスとして独立する方法もあります。

ブログで多くのPVを取得する、SNSで多くのフォロアーを取得するなどの実績を作ることができれば、フリーランスとして独立しても案件を獲得しやすいでしょう。

独学が最も金銭的コストがかからない反面、フリーランスとして案件を取得できるようになるまで時間的コストが多くかかるというデメリットもあります。

Webマーケティングスクールに通う

効率的な方法として紹介したいのが、Webマーケター育成スクールに通うことです。

独学で実績を作ろうとすると、少なくても1年から3年といった時間がかかり、モチベーションを維持するのがとても大変です。

スクールであれば、体系的にWebマーケティングを学ぶことができ、期間も2〜3カ月のコースが多いので比較的短期間でスキルを取得できます。

まだ、独立するのはハードルが高いと感じる方は、マーケティングスクールに通いながら勉強することをおすすめします。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

まとめ:スキルを磨いてWebマーケターとして年収をあげよう

Webマーケティングのフリーランスは、スキル次第で年収をどこまでも上げることができます。

また、Webマーケティング未経験でも、実績さえ持っていれば案件を獲得することも可能です。

Webマーケティング職の需要が高くなってきている今日、将来フリーランスとして独立を考えている人は、早めにWebマーケターとしての第一歩を踏み出すとよいでしょう。

WEBMARKSでは、就職・フリーランスどちらの道でも歩めるように、それぞれの目的に合わせた2つのカリキュラムを用意しています。

Webマーケティングに興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

「【おすすめ】Webマーケティングスクール!未経験・初心者から3ヶ月でWebマーケター!」

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/