育成プログラム

【学生向け】Webマーケティングは大学生にとって必須科目

【学生向け】Webマーケティングは大学生にとって必須科目

プログラミングを始める大学生は増えていますが、Webマーケティングを始める人は現状多くありません。

「現在大学生だが、今からWebマーケターを目指すには何をすればよいのか分からない」「Webマーケティングは大学生でも実践できるのだろうか?」と疑問に思っている人もいるでしょう。

この記事では、大学生にとって必須科目と言えるほど大事な「Webマーケティング」について解説します。

大学生のうちからWebマーケティングを学び始めれば、就職活動のアピール材料になります。また、新卒でフリーランスを目指す選択肢も出てくるでしょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

そもそもWebマーケティングとは

そもそもWebマーケティングとは

「Webマーケティング」とは、Webを中心に行われるマーケティングのことをいいます。WebサイトやWebサービスを用いて行われるものです。

代表的なWebマーケティングの種類は以下です。

  • SEO
  • リスティング広告
  • YouTube
  • バナー広告
  • メールマーケティング
  • SNS
  • LINE
  • 動画広告

Webマーケティングがこれまでのマーケティングと大きく異なる点の1つとして、施策の効果が全て数値で見える点が挙げられます。

Webマーケティングが登場する前のチラシや新聞などでは、どれだけの人がチラシを見たのか把握することは困難でした。

現代の大学生でスマホを持っていない人はほとんど存在しないため、どの学生も日常的に「Webマーケティング」に触れているのです。

スマホが普及したということもあり、Webマーケティングの場合は「何をきっかけにサイトへ来たか」「どのコンテンツを何分何秒見たのか」を分析できます。

結果、これまで以上に効率的にマーケティング活動を行うことが可能です。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

大学生でも実践できるWebマーケティング4選

大学生でも実践できるWebマーケティング4選

数多くあるWebマーケティングの種類のなかでも、大学生が「今すぐ実践できるもの」「実践できないもの」があります。

大学生でも実践できるものを把握し、興味を持てるものに挑戦していくと良いでしょう。大学生が「今すぐ実践できるもの」を以下に挙げます。

  • SEO
  • リスティング広告
  • YouTube
  • バナー広告
  • メールマーケティング
  • SNS
  • LINE
  • 動画広告

筆者は、「文字を書くこと」「コツコツ積み重ねること」が好きであったため、SEOマーケティングに挑戦しています。

人それぞれ適性があるため、自分に合ったWebマーケティングの領域を見極めることが重要になります。

①SEO

SEOとは、「検索エンジン最適化」のことです。

GoogleやYahooなどの検索エンジンを意識し、検索上位表示・検索順位アップに結びつける施策を立て、実行します。

Googleで何かを検索するユーザーは、「問題解決」への意識が強いため、コンバージョン(成約)に繋がりやすいのです。

ただ、検索上位を獲得するにはSEOの知識・スキルが必要不可欠です。

  • 自分でブログ・アフィリエイトを始める
  • オンラインスクールを受講して学ぶ

実際に自分でブログ・アフィリエイトを始め、「稼ぐこと」を目的にすると、SEOの重要性に気付きます。

もしくは、オンラインスクールを受講して、1からSEOを学ぶ方法も存在します。

1からSEOを学べるオンラインスクールは日本に数少ないですが、弊社では2020年10月からスクールを運営しております。

②SNS

大学生で、「SNSに触れたことがない」という人は存在しないのではないでしょうか?現代人にとって、SNSは身近な存在になっています。

SNSを仕事にすることが想像つかない人もいるとは思いますが、最近では企業もSNSの運用に力を入れ始めています。


クラウドソーシングサービスである「クラウドワークス」や「ココナラ」を見ても、SNS運用の案件を頻繁に見かけます。

実際のところ、SNSは「投稿の更新頻度」が重要なカギになり、手間がかかってしまうのは事実です。

手間がかかる分、SNS運用に時間を割くのが難しい企業が多いでしょう。

一方で、SNS運用は大学生1人でも始めることができます。自分のアカウントを「実績」に使えば、企業から案件を受注することも可能です。

③YouTube

YouTubeも、大学生にとっては非常に身近な存在だといえます。

誰でも気軽に動画を投稿できる時代になりました。自分で動画を撮り、編集して投稿をする大学生も続出しています。

(出典:【最新版】2020年12月更新・12のソーシャルメディア最新動向データまとめ)

上記のグラフを見ても分かる通り、20代〜30代の若年層のユーザーは合計「2000万人」近くになります。

  1. 自分で動画を撮る
  2. 自分で動画を編集する
  3. 自分でチャンネルを運営する

これをすることにより、YouTubeの知識・ノウハウが確実に身につきます。

「どうすれば再生回数を増やすことができるか」「どうすればユーザーの満足度を高めることができるか」

この辺りのノウハウを企業に提供することができれば、YouTube(Web)マーケターとして企業から案件を受注できるでしょう。

「まずは自分で実践」→「企業に価値提供」をすることができれば、大学生でもWebマーケターとして活動できます。

④note

noteとは、自分自身の経験やノウハウを手軽に共有できるサービスです。

一般的なブログよりもさらに簡単に情報配信をすることができます。大学生にもおすすめのWebマーケティングの一種です。

あなたの周りの大学生で、noteを書いたことがある人もいるのではないでしょうか?

  • 自分の経験を商品化(有料化)してみたい
  • 文字を書いて自分の考えを配信したい
  • ブログは少し手間がかかりそうなので、手軽に文字で自分の考えを表現したい

このような人は、一度noteに挑戦してみると良いでしょう。

また、noteの1番の魅力は、「自分の経験を商品化」できる部分です。

noteを有料で販売し、誰かが買ってくれるようなことが起きれば、Webマーケターへの第一歩といえます。

Webマーケターとは、「WebサイトやWebサービスを用いてマーケティングを行う人」のことを指すため、noteを売るだけでも立派なWebマーケターといえるのです。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

大学生がWebマーケティングを学ぶべき理由

大学生がWebマーケティングを学ぶべき理由

Webマーケティングはプログラミングと同様、非常に将来性の高い分野です。

あなたが現在大学生である場合、今からWebマーケティングを学べば、将来的に市場価値は高まるでしょう。

市場価値が高まるということは、年収も高くなるといえます。

コロナウイルスの影響でオンライン授業が主流になり、自宅にいる時間が増えた今こそ、大学生はWebマーケティングを学ぶ絶好の機会です。

理由①この先の時代必要なスキル

「Webマーケティングの将来性が高い」といえる理由の1つとして、インターネット広告費の増加が挙げられます。

(出典:ウェブ電通報

現代の若者は「テレビ離れ」が進んでおり、「テレビを見るよりネットを見る時間」の方が長いという人が増えてきています。

よって、「WebサイトやWebサービスを用いたマーケティングができる人」の必要性が高まることは確実です。

インターネット広告は、従来の広告(チラシや新聞)よりも多角的なアプローチが可能です。

一方、インターネット広告は比較的安価なので、戦略も立てずに広告を出稿してしまい、広告費を無駄にしてしまう可能性が出てきます。

このリスクを回避するために、広告やマーケティングの効果を最大化し、広告主の利益に貢献するWebマーケターが注目されています。

理由②大学生は時間がある

大学生は、人生の中で最も時間がある期間でしょう。

アメリカの大学生は日々課題や研究に追われ、非常に忙しい日々を過ごしますが、日本の大学は卒業も簡単にできるため時間が多くとれます。

時間があるなかで、サークルや部活に没頭するのも素晴らしいですが、将来に直接つながる活動をする選択肢もよいでしょう。

Webマーケティングを大学生のうちに学べば、将来的に独立もしやすく、起業する際にも間違いなく役立ちます。

  1. 大学生のうちはなるべく遊んでおく
  2. 大学生のうちから将来を考慮してWebマーケティングを学ぶ

どちらの学生が将来成功しやすいでしょうか?

時間のある大学生のうちに、「Webマーケティングのスキル・知識」を身に付けておくとよいでしょう。

理由③マーケティングスキルは何事にも役立つ

一度でもWebマーケティングのスキルを身につければ、将来何をするにしても役立ちます。

  1. 将来会社を設立して起業する
  2. 将来飲食店を持ちたい
  3. 将来なにか洋服を売りたい

どんなによいサービス・物を作っても「マーケティングスキル」がない限り、それを人に売ることは難しいでしょう。

※マーケティングとは、販売(売り込み)をせずとも物が売れる状態を作ること。すなわち「物が売れる流れを作る活動」と言えます。

今後、テレビを見る人の数は減っていき、「WebサイトやWebサービスを用いたマーケティング」がさらに重要視されていきます。

このため、今のうちからWebマーケティングを学べば、将来なにかしら役に立つ機会が訪れるでしょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

大学生でも企業から案件を受注できる

大学生でも企業から案件を受注できる

Webマーケティングであれば、大学生でも企業から仕事を獲得することが可能です。

  • SEO
  • リスティング広告
  • YouTube
  • バナー広告
  • メールマーケティング
  • SNS
  • LINE
  • 動画広告

ただし、数あるWebマーケティングの種類でも、大学生が仕事を受注できるものと難しいものがあります。

上記の中であれば、「SEO」「SNS」「YouTube」「LINE」は仕事を受注できる可能性が高いです。

リスティング広告や動画広告は、「実務経験」が必要であったり、大学生で仕事を獲得するのは難易度が非常に高いです。

筆者の私は大学在学時に、弊社のオンラインスクールを受講し、企業のWebマーケティング案件を獲得しております。

もし大学在学中に、企業から仕事を受注できれば、就職活動でもかなり有利に働くでしょう。

大学生がWeb(SEO)マーケターになる手順

事実上、新卒からWebマーケターを目指せるケースはかなり珍しいでしょう。

Webマーケターは、企業の売上に直接関わるため、重要な役割を担うポジションだからです。

大学生がいきなり企業のWebマーケターとして就職するのは、簡単なことではありません。

しかし、企業からしっかりと信頼を掴み取り、実績を提示できれば大学生でもWebマーケターを目指すことはできます。

正しい手順を踏めば、誰でもWeb(SEO)マーケターになることは可能です。

手順①ブログ・アフィリエイトを始める

まずは自分自身でブログ・アフィリエイトを始めてみましょう。

ブログ・アフィリエイトを始め、アフィリエイト報酬で稼ぐことを目的にすると、「SEO」「Webマーケティング」「Webライティング」の知識やスキルが自然と身につきます。

また、自分でSEOマーケティング行った経験がないと、企業や個人から案件を獲得しても成果を出すのが難しいといえます。

  1. WordPressでブログを開設する
  2. ASPに登録する
  3. ブログを書き、アフィリエイト報酬を得ることを目標とする

月に1〜2万円を目標にしてブログを運営するだけでも、Webマーケティングの知識や能力が自然と身につきます。

ブログ・アフィリエイトは大学生でも簡単に始められるため、非常におすすめです。

手順②オンラインスクールを受講

弊社が運営しているオンラインスクールでは、より「実践的・体系的」にSEOを学ぶことができます。

自分自身でブログ・アフィリエイトを始めるだけでも、SEOやWebマーケティングのスキルは身につきます。

しかし、オンラインスクールを受けることにより、企業に提案する際に必要な知識やスキルを体系的に身に付けることが可能です。

  1. SEO内部施策
  2. コンテンツマーケティング
  3. アクセス解析

主に上記のようなことを学び、企業に提案できるレベルまで到達します。

大学生でも、企業に提案する力がつけば、月に20万円以上の報酬を得ることが可能です。

大学卒業後、企業のWebマーケターになるか、もしくはフリーランスとして活動していく選択肢もあるでしょう。

手順③企業・個人から案件を獲得(就職)

筆者は実際に、弊社(WEBMARKS)のオンラインスクールを受講後、法人企業と個人事業主様から複数のWebマーケティング案件を獲得しております。

まずは自分自身でブログ・アフィリエイトを始め、同時並行でWEBMARKSのオンラインスクールを受講していました。

スクールでは、SEOを1から体系的に学び、実戦でも使えるSEOのスキルが身につきました。

結果的に、現在はフリーランスのWebマーケターとして活動できておりますが、新卒からWebマーケターになるのは一般的に難易度が高いです。

  1. ブログ・アフィリエイトを始める
  2. オンラインスクールを受講
  3. 企業・個人からWebマーケティングの案件を獲得(就職)

しかし、大学在学中に1からSEOのスキルや知識を身に付け、「大学在学中・新卒」でWebマーケターになることは充分可能です。

大学生は人生のなかで最も時間があり、時間をかけてWebマーケティングを学べる絶好のチャンスです。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

まとめ:学生のうちにWebマーケティングを学ぶべき

大学生のうちにWebマーケティングを学べば、在学中に月20万円以上の報酬を得ることが可能です。

Webマーケターになることができれば、アルバイトのような時間を売ってお金を稼ぐ必要はなくなります。より自由度の高い生活が送れるでしょう。

  • 一般的な大学生の5倍以上のお金を稼ぐことができる
  • 就活でアピール材料になる
  • 将来的に起業・独立する際にも役立つ

プログラミングとは違い、Webマーケティングのスキルは活用できる領域がとても広いです。

一度スキル・知識を身に付けることができれば、あなたの一生の財産になります。

時間がある大学生のうちに、Webマーケティングを学び、人生の選択肢を増やしていきましょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/