育成プログラム

Webマーケティングのやりがいとは?【現役Webマーケターが解説】

Webマーケティングのやりがいとは?【現役Webマーケターが解説】

2020年のコロナウイルスの影響で、世の中はさらにデジタルシフトし、Webマーケティングの需要が高まっています。

Webマーケターが重宝されてきているのは事実ですが、誰もがWebマーケティングの仕事に向いているとは限りません。

仕事は「やりがい」を感じられないと、充実した生活を送ることはできないでしょう。

「Webマーケティング業界に転職したいが、やりがいはあるのだろうか?」

「Webマーケターとして仕事をしているが、やりがいを感じられない」

上記のように悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

この記事では、現役Webマーケターが思うWebマーケティングのやりがいや魅力について紹介します。

Webマーケターに向いている人の特徴も紹介しているので、これからWebマーケティングに挑戦しようと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングのやりがい・魅力

Webマーケティングのやりがい・魅力

Webマーケターとして仕事をするのであれば、「やりがい」は不可欠でしょう。

Webマーケターがよく口にするのは、以下のようなことです。

  • 成果が数字で見える
  • 経営に直接影響する
  • 専門的なスキルが身につく
  • 自分の事業にも活かせる

筆者は2020年から本格的にWebマーケターとして活動しておりますが、上記4つは身にしみて共感できます。

成果が数字で見える

Webマーケティングでは、自分が実行した施策の成果が数字で明確化されます。

自分で考えた施策がどれくらい結果として現れたのか、それを数字で判断できるのが面白いところです。

例を挙げると、以下のような数値はWebマーケターが特にやりがいを感じるものでしょう。

  • PV数(ページビュー)
  • CTR(クリック率)
  • CVR(転換率)
  • フォロワー数
  • インプレッション数
  • お問い合わせ数

自分で立てた施策を実行し、成果が数字で分かる点は、Webマーケターとしての醍醐味といえます。

経営に直接影響する

Webマーケティングは、企業の経営部分に直接関わってきます。

「マーケティング」とは、販売やセールスのような直接売るという行為ではなく、売れる状態を作り出すためのプロセスといえます。

企業としては、自社のサービスや物が売れなければ経営はうまくいきません。

現代では誰もがスマートフォンを持ち、Webサービスを使ったマーケティング(Webマーケテイング)が重要視されています。

このため、Webマーケティングば経営に直接影響し、やりがいを感じる人も多いでしょう。

専門的なスキルが身につく

専門的なスキルが身につく点も、Webマーケティングのやりがいや魅力の1つです。

  • SEO
  • SNSマーケティング
  • YouTubeマーケティング
  • Lステップ

上記のような専門的なスキル・知識がある人は非常に市場価値が高いといえます。

それぞれ専門的なスキルが身につくにつれ、自分自身の人材価値が上がり、「やりがい」を感じられるでしょう。

自分の事業にも活かせる

Webマーケティングを仕事にすることで、身に付けたスキルや知識を自分の事業に活かせることが多くあります。

例えば、SEOマーケターであれば、将来的に自分で飲食店を経営したいとなった場合に「WebサイトのSEO対策」や「コンテンツマーケティング」を自分で行うことができます。

YouTubeマーケターであれば、自分で飲食店のYouTubeチャンネルを運営し、Webから集客できるでしょう。

Webマーケティングのスキル・知識は、多種多様に自分の事業にも活かすことが可能です。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングに向いてる人の特徴

 Webマーケティングに向いてる人の特徴

Webマーケティングの需要が高まり、Webマーケターを目指す人も多い中、Webマーケティング職に向いている人はいったいどのような特徴を持っているのでしょうか。

以下のような人は、Webマーケターとして働く場合に「やりがい」を感じやすいと言えます。

  • 数字を伸ばすことが好き
  • 仮説検証ができる
  • 心理学が好き

数字を伸ばすことが好き

Webマーケティングはすべて数字を元に行う仕事であるため、「数字を地道に伸ばすことが好きな人」はWebマーケターに向いているでしょう。

自分がWebマーケターとしてやりがいを感じられるかは、就職・転職をする前に下記のことから確認できます。

  • 自分でブログを運営してPVやCVを増やす
  • 自分でSNSアカウントを運用してフォロワーを集める
  • 自分でYouTubeチャンネルを運営して再生回数を増やす

ブログやSNSを自分自身でやってみてやりがいを感じられるのであれば、正式にWebマーケターとして仕事をする際も「仕事が楽しい」と思えるでしょう。

仮説検証ができる

Webマーケターは仮説検証をしない限り、良い役目を果たすことはできません。

Webマーケティングという分野は不確実性が高く、「100%の正解」というものが存在しません。

例えばSEOの場合、「このキーワードであれば、100%の確率でGoogle検索で1位を取れる」というようなことはないのです。

  • 仮説
  • 情報収集
  • 仮説検証
  • 分析
  • 結論

Webマーケティングの仕事は、このような順序を踏んで進めていきます。

プログラミングであれば100%の正解はありますが、Webマーケティングには正解がないため、仮説検証が得意な人は「やりがい」を感じられるでしょう。

心理学が好き

マーケティングにおいて大切なことは、人の行動心理を理解して戦略を立てることです。

例を挙げると、SEOでは「タイトル名の付け方」によってクリック率が変わってきます。

  • ブログの書き方を分かりやすく解説
  • 【初心者でも絶対に分かる】ブログの書き方を5つの手順で解説

Googleで「ブログの書き方」を検索する際、あなたが初心者だったらどちらをクリックしたくなるでしょうか?

「このタイトル名なら、初心者でもブログの書き方が分かりそう」という心理が働くため、後者の方が多くクリックされるのです。

このため、言葉や心理学が好きな人は、Webマーケティングにやりがいを感じるでしょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターとしてやりがいを感じにくい人

Webマーケターとしてやりがいを感じにくい人

誰もがWebマーケターに向いてるとは限りません。Webマーケティングを仕事にしても「あまりやりがいを感じない」と思う人もいるでしょう。

この記事を読んでいる人の中で、下記のどれかに当てはまる人もいるのではないでしょうか?

  • 完璧主義の人
  • 自分で物事を考えられない人
  • 勉強が嫌いな人

これらに当てはまる人は、Webマーケターとしてやりがいを感じにくいかもしれません。

完璧主義の人

完璧主義で、完璧にするまで物事を進めない人は、Webマーケターとしてやりがいを感じられないかもしれません。

Webマーケティングの仕事をするのであれば、高速にPDCAを回す必要があります。

いつまでも完璧を求めていると、PDCAを高速に回すことができなくなります。

もちろん完璧になるべく近ずくことは重要なのですが、完璧主義になりすぎることはおすすめしません。

自分で物事を考えられない人

Webマーケターとして仕事をする場合、常に自分で物事を考える必要があります。

  1. 自分で戦略を考え立てる
  2. 自分で戦略を実行する
  3. 自分で改善点を見つける
  4. 自分で新たに改善策を立てる

上記のように、すべて自分自身で考え、実行していく必要があります。

「私は人から指示されて強制されたほうが楽」

と思ってる人は、Webマーケティング職では「やりがい」を感じられないかもしれません。

勉強が嫌いな人

Webマーケターに限らず、Web業界の職種は勉強が好きな人が多い印象です。

また、Web業界は頻繁に最新情報が出てきたり、新しいツールが出てきたりするため、勉強を怠ることはできません。

最近では、2020年の12月にGoogleの大きなアップデートが行われ、SEO業界にとっては大きなイベントが起こりました。

<blockquote class=”twitter-tweet”><p lang=”en” dir=”ltr”>Later today, we are releasing a broad core algorithm update, as we do several times per year. It is called the December 2020 Core Update. Our guidance about such updates remains as we’ve covered before. Please see this blog post for more about that:<a href=”https://t.co/e5ZQUAlt0G”>https://t.co/e5ZQUAlt0G</a></p>— Google SearchLiaison (@searchliaison) <a href=”https://twitter.com/searchliaison/status/1334521448074006530?ref_src=twsrc%5Etfw”>December 3, 2020</a></blockquote> https://platform.twitter.com/widgets.js

このような最新情報は、自分自身で入手していく必要があり、無視することはできません。

Webマーケターとして働くには、常に最新情報や技術を学んでいく必要があるでしょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

やりがい・魅力を知るためには実務経験を積む

やりがい・魅力を知るためには実務経験を積む

Webマーケティングのやりがいを知るためには、実際にやってみることをおすすめします。

  1. 自分でブログを書く
  2. 自分でSNSを運用する
  3. 自分でYouTubeを運営する

未経験者でも、上記の3つのことから、Webマーケティングのやりがいや魅力を体験できるでしょう。

より深くWebマーケティングのやりがいを感じたい人は、就職やフリーランスとして活動するのもよいでしょう。

Webマーケターとして就職する

Webマーケターとして就職し、実際に仕事をすることで、「Webマーケティングは自分に向いてるか、やりがいを感じられるかどうか」を知ることができるでしょう。

Webマーケターとして就職すると一口に言っても、2つの種類があります。

  • 事業会社のWebマーケターとして就職
  • Webマーケティング支援会社に就職

どちらの場合でも、Webマーケターとして「やりがいを感じられるかどうか」は確認できるでしょう。

Webマーケターのフリーランスになる

就職だけでなく、フリーランスとして独立し、Webマーケティングの実務経験を積む選択肢もあります。

フリーランスとして仕事をする場合でも、「Webマーケティングの魅力・やりがい」は充分に判断できます。

しかし、完全未経験からフリーランスWebマーケターになるのは難易度が高いため、まずは就職・転職をし、自分に向いてるのか確かめるといいでしょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

まとめ:Webマーケターはやりがいのある職種

もちろん、Webマーケティングの仕事にやりがいを感じられるかどうかは人それぞれです。

しかし、少なくとも下記のような人は、Webマーケターとしてやりがいを感じる場合が多いでしょう。

  • 数字を伸ばすことが好き
  • 仮説検証ができる
  • 心理学が好き

Webマーケティングのスキルは一生の財産にもなり、スキルを活かせる機会が比較的多いです。

弊社では未経験からWebマーケターに就職・転職できるスクールを運営しています。

「Webマーケターとしてやりがいのある仕事をしてみたい」

などと思っている人は、ぜひ一度お問い合わせください。

【おすすめ】Webマーケティングスクール!未経験・初心者から3ヶ月でWebマーケター!

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/