Twitter広告のポリシーについて要点を解説

Twitter
Twitter広告のポリシーに関するアイキャッチ画像

「Twitter広告を出稿する際にどのようなポリシーを守らなければいけないのか知りたい」「Twitter広告のポリシー違反をしてしまった際にペナルティーはあるの?」

この記事では、Twitter広告のポリシーについて解説し、違反した場合のペナルティーなどについても解説します。

この記事を読めば、Twitter広告ポリシーに関する知識が身に付きます。

Twitter広告の参加資格と広告承認に関して

Twitter広告のポリシーを理解するためには、参加資格や広告承認について知ることが重要です。ここではTwitter広告の参加資格や広告承認について解説します。

Twitter広告の参加資格を紹介

下記のようなケースでは広告掲載のための参加資格がない可能性があります。

  • 新規アカウントは広告審査に時間がかかり、広告掲載ができない可能性もある
  • 広告主のアカウントからの非公開ツイートは広告運用できない
  • 削除済みアカウントや凍結アカウントは広告表示できない

特に注意したいのは、新規アカウントは一定期間運用していなければ審査に時間を要したり、広告を掲載できない可能性があるという点です。

Twitterの広告審査については長ければ2週間近くかかる場合もあるので、新規アカウントで広告を運用する場合は要注意です。

Twitter広告の承認に関して

Twitter広告の承認については、アカウントが参加資格を有しているという点が前提となり、その後広告内容の審査が行われます。

そのため、広告の承認を得られなかったという方は、アカウントか広告のどちらに問題があるのかを把握することが重要となります。

広告が承認されなかった場合、その理由がTwitter社からメールで告知されますので、修正後に再度審査依頼を行うようにしましょう。

Twitter広告のことをより詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】Twitter広告のメリットについて詳しく解説!

Twitter広告の禁止コンテンツと制限コンテンツ

具体的なTwitter広告の禁止ポリシーや制限ポリシーについて紹介します。ここで紹介するコンテンツはTwitter広告での出稿を控えましょう。

Twitter広告の禁止コンテンツポリシーを解説

Twitter広告では、下記に関連するコンテンツ内容の広告掲載は禁止されています。

  • 成人向けの性的なコンテンツ
  • 著作権を侵害するコンテンツ
  • 偽造品や違法な商品・サービスを含むコンテンツ
  • 薬物や薬物関連の商品コンテンツ
  • 絶滅危惧種に関するコンテンツ
  • マルウェアとソフトウェアのダウンロードに関するコンテンツ

これらのコンテンツを掲載していた場合は広告の審査に通らないので注意が必要となります。

Twitter広告の制限コンテンツポリシーを解説

Twitter広告には禁止されているコンテンツの他に掲載が制限されているコンテンツもあります。

  • アルコール関連のコンテンツ
  • 金融商品およびサービスに関連するコンテンツ
  • 賭博関連のコンテンツ
  • 健康及び医療品に関する商品とサービスのコンテンツ

これらの内容を取り扱う際には広告審査に落ちる可能性が高いです。

審査落ちした場合は何が違反していたのか問い合わせを行い、再審査を依頼するなどの対応をするようにしましょう。

Twitter広告の最新のポリシー変更について解説

Twitter広告の最新ポリシー画像イメージTwitter社は毎年ポリシーを見直しています。そのため、注意しておかなければ知らない内にポリシー違反をしてしまう可能性もあります。ここでは最新のTwitter広告のポリシーを紹介します。

政治関連の広告は全面禁止

2019年の11月からTwitter広告の政治関連の広告は全面禁止となりました。

政治関連の広告禁止について、政治的なメッセージは金を使って届けるものではなく、人々によるフォローやリツイートを通じて伝えられるべきであるとツイッター社のCEOは述べています。

これにより、選挙活動に影響を与える可能性のある広告などはTwitter広告で運用することはできません。

Twitter広告の透明性に関する報告

Twitterはユーザー主体の媒体であるため、プロモーションツイートに関して、下記の情報を開示することを決定しました。

  • 当該キャンペーンが配信されている期間
  • 当該キャンペーンに関するクリエイティブ
  • どのような情報を元に自分がターゲティングされているのか

また、ユーザーは不適切な広告についてフィードバックを送信することも可能です。広告運用をする際には、ユーザーファーストの広告を作成することも重要となっています。

Twitter広告のことをより詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】Twitter広告のアカウント作成について詳しく解説!

まとめ

twitter広告のポリシー違反の画像イメージこの記事ではTwitter広告のポリシーを解説しました。

  • Twitter広告は参加資格を満たす必要がある
  • Twitter広告は禁止コンテンツの他に制限コンテンツも意識することが重要
  • 最新の変更で政治コンテンツや透明性についての変更があった

Twitter広告のポリシーを理解した上で広告運用を実施するようにしましょう。

WEBMARKSではお客様に広告の運用代行を行っております。WEB広告でお悩みの方はお気軽に問い合わせ下さい。

WEBMARKSのサービスはこちらを参照

Twitter広告のことをより詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】Twitter広告の運用のポイントを詳しく解説!

この記事を書いた人
kiyohitotanaka4311@
kiyohitotanaka4311@
元アフィリエイター、現ライターの活動をしております田中と申します!フリーランスとしてノマド生活をしており、日本はもちろん、世界各国を放浪しています。ライターをしながら、ディレクターとしての仕事とマーケティングの仕事にも力を入れています。趣味はモンストとサッカー観戦。
このライターの記事を見る
TOP