Twitter

Twitter広告とは?広告の特徴やメリット・デメリットをまとめて解説

Twitter広告とはのアイキャッチ画像

Twitterのタイムラインを見ていると「プロモーション」という文字の入ったツイートを目にすることがあります。

これはTwitter広告と呼ばれる広告であり、企業や個人が収益を上げる目的で投稿しているツイートです。

この記事では、Twitter広告とはどのような特徴やメリットがあるのかについて解説していきます。

これからTwitter広告を始めようと考えている方や、Twitter広告について気になっているという方の参考になれば幸いです。

Twitter広告とは?Twitterの基本についても解説

Twitter広告とはについての画像

Twitter広告の特徴やメリットを知る前に、Twitter広告とはどのようなもので、どんな目的で出稿しているのかを知る必要があります。

ここではTwitter広告の基本的な内容について解説していきます。

Twitter広告とは

Twitter広告とはTwitterのタイムラインなどに表示される企業や個人が出稿している広告のことです。

Twitter広告には「プロモーション」という表記があり、通常のツイートとの判別が一目でできるようになっています。

Twitter広告の例に関する画像Twitter広告はTwitterのアカウントを保有している方であれば誰でも出稿することができます。

Twitterのビジネス用アカウントの作成は下記リンクから

https://business.twitter.com/ja.html

Twitter広告を出稿する目的は?

Twitter広告を出稿する目的は個人によって異なりますが、一般的に下記の理由が挙げられます。

  • フォロワー数の増加
  • 特定のツイートへのリーチを増やしたい
  • 外部サイトへ誘導し、商品の販売やメルマガへの登録を促したい
  • 情報を拡散させたい

Twitterは20~40代のユーザーが多く、国内の利用者数は4,500万人に上ります。

これだけ多くの人にリーチができるという点は魅力的であり、あなたの目的を達成するためにTwitter広告は有力な手段となります。

Twitter広告のメリットとデメリット

Twitter広告のメリットやデメリットに関する画像これまでTwitter広告とはどのような広告なのか解説してきました。ここではTwitter広告のメリットやデメリットについて説明します。

Twitter広告のメリットについて解説

Twitter広告のメリットは様々なユーザーにリーチが可能な点はもちろんですが、2次拡散が期待できるという点や、CPC(クリック単価)が安いという点が挙げられます。

2次拡散が期待できる

Twitter広告のメリットは2次拡散され、より多くの人の目に触れる機会があるという点です。Twitterにおける2次拡散とはリツイートのことです。

Twitter広告はリツイートされ、リツイートされたツイートからアクションが行われた場合には広告費用が発生しません。

あなたが出稿した広告が拡散され、拡散されたツイートからアクションが行われた場合に費用が発生しないという点は広告の費用対効果を最大化させるための重要なポイントです。

CPC(クリック単価)が安い傾向

Twitter広告はリスティング広告などその他の広告と比較すると、クリック単価が安い傾向にあります。

キーワード:リスティング広告

【リスティング広告で出稿する場合】:約800円

【Twitter広告で出稿する場合】:約80円

→金額(コスト)は、10倍の差が発生!

リスティング広告は狙ったキーワードで広告を掲載できるというメリットはありますが、広告費用は高くなります。

現在リスティング広告を行っている方は、Twitter広告の導入をしてみることで費用対効果が改善する可能性があります。

Twitter広告のデメリットについて解説

Twitter広告にはメリットがありますが、その他の媒体と比較した際にはデメリットもあります。ここではTwitter広告のデメリットについて紹介します。

Facebookと比較すると顧客情報の精度が低い

Twitter広告のデメリットは顧客情報の精度がFacebook広告と比較すると低い点です。

Twitter広告・・・実名登録不要・誕生日などの個人情報の入力は不要

Facebook広告・・・実名登録・個人情報の入力が必要

Twitterは登録する際に正確な個人情報が入力されているという保障はありません。Facebookと比較すると情報の精度が低い点には注意が必要です。

非公式リツーイトされたものは消せない

Twitter広告は非公式リツーイトされたツイートは削除できません。そのため、他人からリツイートされた後に広告の内容に誤りが発覚した場合は編集できない点はデメリットになります。

<非公式ツイートとは?>

非公式ツイートは相手のつぶやきと相手のユーザー名とコメントを付けてつぶやくのが特徴です。相手のつぶやきを自分のつぶやきとして投稿してしまうので注意が必要となります。

Twitter広告を始める際の5つのステップ

Twitter広告を始める前の5つのステップとはについての画像Twitter広告の特徴やメリットについて説明してきましたが、Twitter広告を出稿する際にはステップを踏む必要があります。

ここではTwitter広告を出稿する際の5つのステップを紹介します。

Twitter広告出稿の目的を決める

Twitter広告を始める際に最も重要なのは目的を決定することです。広告出稿の目的については「商品を販売したい」「多くの人にツイートを目にしてもらいたい」と様々あります。

Twitter広告は目的に応じた広告出稿を行うことができます。

Twitter広告の目的選択の画像あなたの目的に応じて広告配信の方法を選択可能という点は、広告主にとってうれしいですよね。

ターゲットを絞る

Twitter広告はユーザーの関心に応じてターゲットの絞り込みが可能となります。

【Twitter広告のターゲティングの種類】

  • 地域ターゲティング
  • 言語ターゲティング
  • 性別ターゲティング
  • 端末ターゲティング
  • フォロワーターゲティング
  • キーワードターゲティング
  • インタレストターゲティング
  • テイラードオーディエンスターゲティング

まずは、あなたがリーチしたいのはどのようなユーザーなのかペルソナの設定を行い、ターゲットを決定しましょう。

その後、Twitter広告の設定からターゲットの絞り込みを行う方法がおすすめです。

Twitter広告のターゲティングの詳細方法に関する記事はこちらをチェック

Twitter広告のターゲティングの種類や広告の設定方法を紹介

入札額の上限を設定する

Twitter広告はオークション形式です。利用者のリアクションに対していくらの金額を設定するのか、あなた自身が決定し入札を行います。

1つのアクションにいくらまでの金額を設定するのか、事前に決定するようにしましょう。

全体の予算を決定する

予算については1日当たりの上限金額を設定することができます。予算を決定しておけば、予算を上回る金額の請求がされることはありません。

プロモツイート(広告ツイート)のクリエイティブを考える

Twitter広告を運用する際の最後のステップは、プロモツイートのクリエイティブを考えることです。

タイムラインを見る際に、ユーザーの目に止まり、アクションを起こしてもらえるように「サイトをチェック!」や「無料登録はこちら」などの文字を入力するなど工夫しましょう。

Twitter広告の広告の種類についての関連記事はこちらをチェック

Twitter広告の種類3つを徹底解説!選び方のポイントと注意点も

まとめ

Twitter広告とはについてのまとめ画像この記事ではTwitter広告とはどのようなものかについて解説してきました。

おさらいになりますが、Twitter広告には以下のメリットがあります。

  • 目的に応じて広告出稿ができる
  • リーチ人数が多い
  • リツイートで拡散されやすい
  • クリック単価が安い

Twitter広告を始める際には、まず目的を決定し、その後に予算の設定や広告のクリエイティブを作成するようにしましょう。

この記事がTwitter広告とはどのようなものか気になっている方の参考になれば幸いです。

合わせて読みたい!SNS広告に関してはこちらの記事もチェック!

Facebook広告の料金について解説!課金方式や広告予算の種類も紹介

ABOUT ME
webmarks編集部
webmarks編集部
企業や個人様のWEBマーケティング事業支援なら神奈川県・湘南茅ヶ崎のwebmarksにお任せください。SEOによる集客UP、GA解析によるCV増加などクライアントの希望を全力でサポートさせて頂きます。安心価格で丁寧なサポート、お客様の気持ちに寄り添った業務支援を心掛けています。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST