Twitter広告が保留中になる原因について解説

Twitter
Twitter広告の保留中に関するアイキャッチ画像

「Twitter広告が保留中となり広告が表示されない」「保留中ではないのに、Twitter広告のインプレッションが0のままだ」

この記事では、Twitter広告の承認プロセスの詳細や審査の注意事項、保留中でないのにインプレッションが出ない要因について解説します。

この記事を読めば、Twitter広告が保留中になっている原因に関する知識が身に付きます。

Twitter広告の承認プロセスについて解説

Twitter広告の審査プロセスイメージTwitter広告が保留中になっている理由は広告審査中である場合が多いです。ここではTwitter広告の審査プロセスや審査落ちの原因について解説していきます。

Twitter広告が承認されない理由は?

Twitter広告の審査では、プロモツイートの審査、次にアカウントの審査という順番で行われます。審査落ちすることが多い要因としては下記の内容が考えられます。

  • プロモツイートの商品の効用について誤解を招く表現が含まれる。
  • 露出の多い画像が使用されている。
  • 実際の商品とは関係ないモデルやテレビ番組の画像が含まれている
  • アカウントが凍結されたものや削除されている。

それぞれの審査項目について確認して自身の広告に問題がないか確認するようにしましょう。

Twitter広告の審査の注意事項

Twitter広告の承認プロセスの解説イメージTwitter広告の審査プロセスについて解説しましたが、下記では広告審査の際に注意しなければならないことを紹介します。

Twitter広告審査にかかる時間は?

Twitter広告の審査にかかる時間は最大2~3週間です。これはリスティング広告やFacebook広告の審査時間より長くなっています。

  • リスティング広告・・・ほとんど1日以内
  • Facebook広告・・・通常24時間以内
  • Twitter広告・・・最大2~3週間

最大2~3週間とされていますが、私が広告審査を依頼した際には1営業日以内に審査が完了しました。

そのため、あくまで上記のスケジュールは目安程度にしておいて、期間を過ぎても広告審査が完了しない場合についてはTwitter社へ問い合わせをするようにしましょう。

Twitter広告の審査に落ちたらどうなる?

Twitter広告の審査の結果、プロモツイートに問題がある場合は、クリエイティブを変更するなどの対応をして、再審査を申し込みましょう。

アカウントに問題があるとされた場合は注意が必要です。広告が利用停止になることもありますし、最悪の場合はアカウント凍結となります。

しかし、アカウントが停止になった場合でも焦らず対応することが重要です。

twitter広告の審査結果メール画像上記は実際に私が受信したメールの一部ですが、このメールに返信することで異議を申し立てることが可能となります。

再度審査をしてもらい、問題がなければアカウントの凍結は解除となります。まずは焦らず問い合わせをするようにしましょう。

Twitter広告のことをより詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】Twitter広告のアカウント開設方法を詳しく解説!

保留中でないのにTwitter広告が表示されない理由

広告の審査は無事に通ったけれど広告のインプレッションが0となっており、ユーザーにリーチできないという場合もあります。

広告審査が完了したにもかかわらず、広告表示がされない場合に考えられる問題を解説します。

クレジットカードに問題がある

Twitter広告が表示されない要因の1つに、クレジットカードを登録していないケースが考えられます。支払い方法が確定されない限り広告が表示されることはありません。

また、クレジットカードを登録している場合でもクレジットカードが限度額に達した場合は広告キャンペーンが強制的に停止します。広告が表示されなくて困っているという方はクレジットカードの情報を確認してみましょう。

広告予算の設定に問題がある

クレジットカードに問題がないことが確認できたら、次に考えるのは広告予算と入札金額です。Twitter広告は入札のため、競合より低い金額を設定していれば当然広告は表示されません。

上記の場合は予算や入札金額を引き上げるか、入札を自動入札タイプに切り替えましょう。

自動入札タイプは広告が表示されるようにTwitterが入札金額を調整してくれるため便利な機能となっています。

Twitter広告のことをより詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】Twitter広告の費用について詳しく解説!

まとめ

Twitter広告の費用に関する画像この記事では、Twitter広告が保留中となっている要因となる広告の承認プロセスや広告が表示されない原因について解説しました。

  • Twitter広告はプロモーション広告とアカウントの両方が審査される
  • 広告の審査には最大2~3週間かかる場合がある
  • 広告が表示されない要因はクレジットカードや広告予算の可能性がある

この記事が、Twitter広告が保留中となっている原因について知りたい方の参考になれば幸いです。

WEBMARKSではお客様に広告の運用代行を行っております。WEB広告でお悩みの方はお気軽に問い合わせ下さい。

WEBMARKSのサービスはこちらを参照

Twitter広告のことをより詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】Twitter広告の運用のコツを詳しく解説!

この記事を書いた人
kiyohitotanaka4311@
kiyohitotanaka4311@
元アフィリエイター、現ライターの活動をしております田中と申します!フリーランスとしてノマド生活をしており、日本はもちろん、世界各国を放浪しています。ライターをしながら、ディレクターとしての仕事とマーケティングの仕事にも力を入れています。趣味はモンストとサッカー観戦。
このライターの記事を見る
TOP