Twitter広告を消す方法!消されにくい広告の作成方法も解説

Twitter
Twitter広告の消し方アイキャッチ画像

「Twitter広告を削除したいけどやり方がわからない。」「ユーザーから削除されにくいTwitter広告の出稿をするにはどうしたらいいの?」

Twitter広告を運用していて疑問に感じる方も多いと思います。

この記事では、Twitter広告の消し方ユーザーから削除されにくい(ユーザーにとってメリットがある)Twitter広告の作り方について解説します。

この記事を読めば、Twitter広告の削除方法やユーザーから削除されにくいTwitter広告の作り方がわかります。

Twitterのプロモーション広告に関して

Twitter広告の説明画像Twitter広告はユーザーに対してリーチする方法として優秀ですが、ユーザーの中にはTwitter広告を好まずにブロックをする方もいます。ここではTwitter広告の説明とリスクについて解説します。

Twitter広告とは?

Twitter広告はタイムライン上に表示される広告のことです。

Twitter広告の例に関する画像企業がプロモーションとして利用していることもありますし、個人が出稿することも可能な広告となっています。

Twitter広告には以下の特徴があります。

  • CPCがリスティング広告より安い
  • 多くのユーザーにリーチすることが可能
  • ターゲティングが細かく、フォローしている人などのセグメントも可能

Twitter広告には多くのメリットがあるため、利用者が近年増加している傾向にあります。

Twitterのプロモーション広告はユーザーの邪魔になる可能性がある

Twitter広告は顧客へリーチできる有効な手段ですが、ユーザーからするとタイムライン上に流れてくる不要な情報と捉えられる可能性があります。

Twitter広告は以下の手順でタイムライン上に表示させないようにすることが可能です。

  1. Twitterのタイムライン上に流れる広告をタップ
  2. アカウントページの設定マークをタップ
  3. アカウント名をミュートにするをタップ

ユーザーは上記の手順を踏めば、指定したアカウントからの広告をタイムライン上に表示させなくすることが可能となります。

それではそういった方に対して適切なアプローチをするにはどうしたら良いのでしょうか。この記事の後半では、魅力的なTwitter広告の作成方法についてもご紹介します。

Twitter広告のメリットに関する記事はこちらを参照

Twitter広告とは?広告の特徴やメリット・デメリットをまとめて解説

Twitter広告のツイートを消す方法

Twitter広告の消し方画像Twitterで出稿した広告を非表示にする方法を詳しく解説します。非表示にするには広告マネージャーのキャンペーンを一時停止する方法とキャンペーンを削除する2通りの方法があります。

広告マネージャーのキャンペーンを一時停止する

Twitter広告を削除したい場合は広告のキャンペーンを停止さえすれば、広告表示を中断することが可能となります。

Twitter広告を一時停止しておけば、ユーザーのタイムラインに広告が表示されることはありません。Twitter広告のキャンペーンを削除する機会は非常に少ないため、多くの場合はキャンペーンを停止させるだけで十分なケースが多いです。

Twitter広告を一時停止するプロセスは以下の通りです。

  1. Twitter広告のアカウントへログイン
  2. 一時停止したいキャンペーンまでスクロール
  3. 停止したいキャンペーンのステータスの一時停止ボタンをクリック

広告を再度運用したい場合は再生ボタンをクリックすれば再びユーザーのタイムラインに広告を表示させることが可能となります。

Twitter広告の管理画面説明画像このように、キャンペーンの一時停止と再び運用をする手続きは非常に簡単です。

広告マネージャーからキャンペーンを削除する

Twitter広告の表示を中止したいという場合はキャンペーンを一時停止させるだけで十分です。しかし、場合によってはキャンペーンを完全に削除したい場合があるかもしれません。

その場合はキャンペーンを削除することが可能です。キャンペーン削除の手順は以下の通りです。

  1. Twitter広告のアカウントへログイン
  2. 削除したいキャンペーンをクリック
  3. キャンペーン管理画面の右上にあるキャンペーンのアクションボタンを選択
  4. キャンペーンの削除を選択

実際のキャンペーンの削除画面は下記をご覧下さい。

Twitter広告の削除画面説明画像キャンペーンの削除に関しても、広告の一時停止と同様に簡単な操作で行うことができます。

注意しなければならない点はキャンペーンを削除してしまうと、これまで収集したデータも削除されてしまうという点です。

キャンペーンを削除する際には事前にデータだけ保管するなどの工夫をし、データは手元に残せる状態にしておきましょう。

Twitter広告の費用に関する記事はこちらから参照

Twitter広告で収入を得ることは可能?広告運用のポイントを紹介!

消されにくい!Twitter広告のクリエイティブのコツ

Twitter広告の訴求方法解説画像Twitter広告はユーザーの邪魔になる可能性があります。

ここではユーザーにとって有益なTwitter広告のクリエイティブを作成する際の注意点を解説していきます。

ユーザーが見やすいTwitter広告は「タイトルを長くしすぎない」、「ユーザーと感情を共有する」という2点が重要となります。

タイトルを長くしすぎない

Twitter広告のクリエイティブを作成する際に注意したいことの1つ目はタイトルを長くしすぎないということです。

理由としては、Twitter広告のタイトルを長くしすぎると、デバイスによっては広告文が全て表示されない可能性があり、あなたが伝えたいことが伝わらないという事態が起こるからです。

また、ユーザーはTwitterを利用する際に全ての文字を読んでいるわけではありません。

タイムラインをスクロールする際に目に止まりやすいのはタイトルが短く、何が言いたいのか明確な文章なのです。

ユーザーと「感情を共有」する

Twitter広告のクリエイティブを作成する際の2つ目ののコツはユーザーと感情を共有するということです。

Twitterのタイムラインを見ているユーザーに対してあまりにも広告らしい文章や、一方的なメッセージはユーザーに届きにくいです。

  • A:今ならダイエット効果のあるサプリが月額2,980円
  • B:最近お腹のお肉が気になっていませんか?

上記の2つの広告文では、Aは商品の金額を前面に出した広告らしい文章となっており、Bはユーザーに対して呼びかけるような内容の文章となっています。

Twitterのタイムライン上に流れてきた際にクリックされやすいのはユーザーに呼びかけるように作成したBの文章である可能性が高いです。

Twitter広告を作成する際には、ユーザー(ターゲット)と対話する感覚で広告文章を作成するようにしましょう。

まとめ

Twitter広告の消し方まとめ画像この記事ではTwitter広告の一時停止の方法や広告の削除方法に関して解説してきました。Twitter広告を停止させたり、削除したりする作業は非常に簡単です。

また、Twitter広告はユーザーから敬遠される可能性のあるツイートとなっています。Twitter広告はユーザーにとって有益な情報を提供するために「タイトルを短くする」、「ユーザーが共感できる内容にする」という2つが重要になります。

この記事がTwitter広告の一時停止や削除の方法で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

Twitter広告の関連記事はこちらの記事を参照

Twitter広告のターゲティングの種類や広告の設定方法を紹介

この記事を書いた人
kiyohitotanaka4311@
kiyohitotanaka4311@
元アフィリエイター、現ライターの活動をしております田中と申します!フリーランスとしてノマド生活をしており、日本はもちろん、世界各国を放浪しています。ライターをしながら、ディレクターとしての仕事とマーケティングの仕事にも力を入れています。趣味はモンストとサッカー観戦。
このライターの記事を見る
TOP