Twitter広告に必要な費用を紹介!広告の種類や料金体系も説明

Twitter
Twitter広告の費用に関するアイキャッチ画像

「どれくらいの費用があればTwitter広告の出稿ができる?」「多くの予算がとれないため、少額で広告を回したいけど可能?」

今回はそういった悩みを持つ方にて向けてTwitter広告の運用に必要な費用Twitter広告の料金体系を紹介していきます。

この記事を読めばTwitter広告の運用の際に必要な費用や入札金額が分かるようになります。

Twitter広告にかかる費用は?

Twitter広告の費用に関する画像まず始めに解説するのはTwitter広告に必要な費用です。実はTwitter広告には最低出稿金額がなく、少額から運用を開始できるというメリットがあります。

Twitter広告の出稿に最低出稿金額はない

Twitter広告には最低出稿金額はありません。極端な話をすれば、1円から広告出稿することも可能です。

しかし、後述しますが、Twitter広告は入札形式で広告が出稿可能か決定します。そのため、1円の出稿で入札しても、広告が表示されないというのが現実です。

Twitterの公式ページによると、1クリックあたり80円~100円の金額で出稿することを推奨するという文章があります。

Twitter広告の公式ページ

Twitter広告

上記の金額から逆算し、あなたが何人の人にリーチしたいのかを考えた上でTwitter広告の出稿を行いましょう。

Twitter広告にかける費用の計算方法

Twitter広告にかける費用はあなたの予算に応じて自身で計算する必要があります。

計算方法は予算から計算する、リーチしたい人数から逆算する、損益分岐点から計算する、目標売上から計算するなどの方法があります。

<目標>:10,000人にリーチする

<広告出稿金額>:1クリックあたり70円

<予算>:¥70,000

上記の計算をすれば必要な広告費用が明確になります。

また、広告出稿の前に、Twitter広告を出稿する目的は何なのかを確認してから運用を開始するようにしましょう。

リスティング広告を行う際の予算についてはこちらの記事を参照

リスティング広告に必要な費用は?予算の決め方や代理店の選び方も解説

Twitter広告の費用は広告の種類に応じて変化する

Twitter広告の種類に関する画像Twitter広告に必要な費用を知る際に抑えておかなければならない項目としてTwitter広告の種類が挙げられます。

Twitter広告はあなたが選択する広告の種類に応じて必要な金額が異なります。それぞれの広告の種類の特徴を押さえるようにしましょう。

Twitter広告のプロモツイート

Twitter広告の1つ目の種類はプロモツイートです。この広告はあなたのツイートに対してユーザーが何かしらのアクションをした際に費用が発生する広告となります。

プロモツイートのアクションについては下記の項目から選択することができます。

・広告がクリックされた時

・エンゲージメントを獲得した時

・アプリがインストールされた時

・見込み客を獲得した時

・動画が再生された時

プロモツイートはインプレッション(広告が表示されること)の段階では費用が発生しません。

上記の条件の内いずれかをあなた自身が選択し、その目的が達成された時点で初めて広告費用が発生するという形式です。

この場合に必要な広告費用は1アクションあたり、50円~100円となります。

なお、広告に関してはオークション形式となっており、あなたが100円という高めの入札金額を設定していたとしても、競合の入札単価が低ければ、入札金額より低い金額で落札されます。

Twitter広告のプロモアカウント

Twitter広告の2種類目はプロモアカウントです。こちらはアカウントのフォロワー獲得が目的となります。

広告がオークション形式であるという点や1フォロワー獲得に必要な料金が50~100円であるという点はプロモツイートと変わりありません。

プロモアカウントは下記のユーザーに対して表示されます。

・プロモアカウントをまだフォローしていないユーザー

・プロモアカウントと類似したジャンルのアカウントをフォローしているユーザー

あなたのフォロワーを増やしたい場合は、プロモアカウントを有効に活用しましょう。

Twitter広告のプロモトレンド

Twitter広告の種類の最後はプロモトレンドです。

こちらは上記2つの広告とは異なり、24時間限定で、全てのTwitterユーザーのおすすめトレンド部分の最上位に表示されるものとなります。

国別で料金が決定しており、少なくとも400万円以上の費用が必要となります。

必要な金額は莫大ですが、リーチ可能数は2,500万人以上とも言われており、予算が確保でき、多くの人にリーチしたいという方にはおすすめです。

Twitter広告の関連記事はこちらの記事を参照

Twitter広告の種類3つを徹底解説!選び方のポイントと注意点も

Twitter広告の料金体系

Twitter広告の料金体系画像Twitter広告に必要な費用や広告の目的に応じて、1アクションあたりに必要な広告費用について解説してきました。

ここからは、Twitter広告の料金体系や入札がどのようにして行われるのか説明していきます。

Twitter広告の自動入札

広告費用について最も楽な設定は自動入札です。

自動入札にしておけば、Twitter側が自動的に広告表示をするために必要な費用を算出し、広告を表示してくれます。

デメリットとしては、入札が自動で行われるためクリック単価が想定より高くなってしまう可能性があることです。

Twitter広告の上限入札単価

Twitter広告の入札方法の2つ目は上限入札単価を設定することです。

こちらはあなた自身が指定した金額以内で広告を入札したいという場合に使用します。

<あなたの設定金額>1クリック80円

【メリット】80円を超えた金額での落札がなく、予算をコントロールしやすい

【デメリット】競合が80円を超えた金額で入札すると広告が表示されない

競合の入札金額があなたの入札金額を上回っている際に調整は必要ですが、予算をコントロールしやすいというメリットがあります。

Twitter広告の目標入札単価

Twitter広告入札の3つ目の方法は目標入札単価です。こちらはまず、あなたが支払っても良いと考える目標金額を指定します。

Twitter広告プラットフォームはその目標コストに近づく、もしくは下回るようにキャンペーンの最適化を行います。

こちらの入札方法のメリットは平均目標金額が入札されやすいように最適化されるため、競争率の高いオークションを落としやすいという点が挙げられます。

競合の多いジャンルでは目標入札単価は大いに役立つ機能です。

まとめ

この記事ではTwitter広告に必要な費用について説明しました。

Twitter広告は目的に応じて必要な費用が変わっており、プロモツイートやプロモアカウントの場合は1アクションにつき、50~100円の費用が必要です。

また、広告表示についてはオークション形式で入札単価が決定する仕組みとなっており、あなた自身で上限を設けて入札を実施することも可能となります。

これからTwitter広告の運用を行おうと考えている方は、事前に必要な費用を十分計算するようにしましょう。

Twitter広告のターゲティングに関する記事はこちらの記事を参照

Twitter広告のターゲティングの種類や広告の設定方法を紹介

この記事を書いた人
kiyohitotanaka4311@
kiyohitotanaka4311@
元アフィリエイター、現ライターの活動をしております田中と申します!フリーランスとしてノマド生活をしており、日本はもちろん、世界各国を放浪しています。ライターをしながら、ディレクターとしての仕事とマーケティングの仕事にも力を入れています。趣味はモンストとサッカー観戦。
このライターの記事を見る
TOP