Twitter広告のアカウント作成や広告出稿の方法を徹底解説!

Twitter
Twitter広告のアカウントアイキャッチ画像

「Twitter広告を利用したいけどアカウントの作成方法が分からない。」「Twitter広告の広告出稿の手順を説明して欲しい。」

この記事ではTwitter広告のアカウントの作成方法や、Twitter広告の種類、Twitter広告の広告出稿の手順について解説します。

この記事を読めば、Twitter広告のアカウント作成方法広告出稿の手順が分かります。

Twitter広告のアカウントに関して

Twitter広告の説明画像Twitter広告を利用するにはTwitter広告用のアカウントを作成する必要があります。ここではTwitter広告がどのような広告なのか説明をし、広告用アカウントの作成方法を紹介します。

Twitter広告とは?

Twitterは国内で月間4,500万人が利用しているSNSとなっており、これだけ多くのユーザーにリーチすることができるTwitter広告は広告手法として有効です。

Twitter広告のメリットは下記の通りです。

  • 広告手段の中でもCPC(クリック単価)が安い
  • キーワードやフォロワーに応じたセグメントが可能
  • リツイートなど2次拡散による広告費用は一切かからない
  • リスティング広告などではリーチできない新たなユーザーにリーチ可能

Twitter広告はリスティング広告などと比較すると1人あたりの顧客にリーチする費用が低く押さえられますし、個人の趣味・趣向に合わせたターゲティングが可能です。

今後Twitter広告を利用する個人や企業は増加することが予想されます。

Twitter広告アカウントの作成方法

Twitter広告を出稿するためには広告用アカウントを作成する必要があります。

広告用アカウントはTwitter名と紐づいているため、Twitter広告を出稿しようと考えている方についてはTwitterのアカウントを保有している必要があります。

広告用のアカウントについては下記のリンクへアクセスすれば簡単に作成が可能です。

リンクにアクセスすると下記の画面が表示されます。

Twitter広告アカウント作成画面の画像こちらで「Twitter広告キャンペーンを開始したい」のボタンをクリックするとアカウントの作成は完了し、Twitter広告のキャンペーン作成画面に移動することができます。

Twitter広告のアカウント作成自体は簡単に行うことが可能となっています。

Twitter広告の種類について解説

Twitter広告のアカウントに関する説明画像Twitter広告には3種類あり、それぞれの広告の種類を把握しておくことが非常に重要となります。ここではそれぞれの広告の種類について解説します。

プロモツイート

プロモツイートはTwitterのタイムライン上に表示されるTwitter広告のことです。通常のタイムラインで表示されるだけでなく、Twitterで検索した際にも表示される広告となっています。

Twitter広告の例に関する画像広告については通常のTwitterと同様にリツイート、お気に入り、返信ができ、広告内容が気に入られれば拡散も期待できます。

商品やサービスのプロモーションに適しており、特徴としてはツイートに対して、「プロモーション」の文言が入っています。

プロモアカウント

プロモアカウントはプロモツイートと異なり、タイムラインではなく、「おすすめユーザー欄に表示されるアカウント形式広告」となっています。

こちらの目的はフォロワー数を増やすことになります。

プロモツイートとの違いはツイート単位の広告ではなく、アカウント単位で認知を促せる点であり、ユーザーには自身のアカウント画面が表示されることになります。

課金方式についてはプロモツイートと同様で、エンゲージメント課金。そのため、表示された広告がフォローされたタイミングで課金がされることになります。

プロモトレンド

Twitter広告の3種類目はプロモトレンドです。こちらは「トレンド欄に表示されているハッシュタグ形式の広告」となります。

トレンドキーワードの項目に並べられており、クリックをすると通常のハッシュタグと同様に検索結果画面に移動します。

ハッシュタグ投稿はリツイートなどで一般ユーザーに拡散されていくため、トレンドに乗ってあなたのツイートを拡散させたいという場合などは有効な宣伝手段です。

プロモトレンドはプロモツイートやプロモアカウントと課金方式がことなり、0時~24時までの24時間表示で金額が決定します。

Twitter広告の種類に関する記事はこちらを参照

Twitter広告の種類3つを徹底解説!選び方のポイントと注意点も

Twitter広告の出稿手順

Twitter広告のキャンペーン作成説明画像Twitter広告のアカウントの作成方法やTwitter広告の種類について解説しました。

ここからは、Twitter広告を出稿する具体的な手順について説明します。

キャンペーンの目的と詳細について

Twitter広告を設定する際に最初に行うことはキャンペーンの目的を選ぶことです。あなたの目的に応じて、Twitterが最も効果的な課金方法を選択し、広告を表示してくれます。

Twitter広告の目的選択の画像上記の画像はあなたが選択可能なキャンペーンの目的一覧となります。

キャンペーンの目的の選択が完了すると次に支払い方法を選択します。

支払い方法の選択の際にはクレジットカードを登録し、1日に消化する広告予算と広告表示期間の総予算の設定を行います。

twitter広告の支払い方法と広告費用キャンペーンの時期も同時に選択しますので、具体的な日付や時間を考えてから設定を行うようにしましょう。

Twitter広告のターゲティングに関する詳しい記事はこちらから参照

Twitter広告のターゲティングの種類や広告の設定方法を紹介

広告グループの設定

Twitter広告のキャンペーン作成が完了したら、次は広告グループの設定を行います。ここで行うのは広告グループの詳細設定とターゲティングの2つです。

広告グループの詳細設定についてはキャンペーンの設定とほぼ同様であり、広告の配信期間と総予算を入力します。

また、ここで入札方法の設定も実施します。入札の種類は自動入札を選択するようにしましょう。自動入札にしておけばTwitterが広告を表示される際に必要な金額を自動的に計算してくれ、広告を表示させます。

twitter広告の入札タイプの画像広告グループの詳細設定が完了したら次に行うのはターゲティングです。ターゲティングの際の設定項目は以下の通りです。

  • 性別
  • 年齢
  • 場所
  • 言語
  • 地域
  • オーディエンス ※特定のキーワードやイベント、興味関心によるターゲティング

あなたのターゲットに合わせて広告の設定を行うようにしましょう。また、ターゲットに関しては1つの設定ではなく、複数の設定を実施し、広告運用をすることをおすすめします。

理由としては最も費用対効果の高い広告設定を見つけるためです。

ターゲットの設定が完了したら、クリエイティブの作成をします。

クリエイティブの作成方法

Twitter広告出稿の最後の設定はクリエイティブです。

クリエイティブの作成は通常のツイートとする際と同様の手順になります。ツイートはまず、文章を入力します。その後画像を選択する場合は画像を選択します。

以前あなたがツイートをした内容を選択して広告を出稿することも可能です。

Twitter広告はプレビューを確認できますので、確認を忘れないようにしましょう。

まとめ

Twitter広告のアカウントまとめ画像この記事ではTwitter広告のアカウント作成の手順や、Twitter広告の種類、具体的な広告作成の手順について解説しました。

Twitter広告はTwitterのアカウントを持っていれば誰でも出稿することができますし、広告出稿の手順も非常に分かりやすいものになっています。

また、リスティング広告などと比較すると広告費用が安くなるという特徴もありますので、広告の費用対効果を改善したいと考えている方におすすめです。

この記事がTwitter広告のアカウントについて知りたいと考えている方の参考になれば幸いです。

この記事を書いた人
kiyohitotanaka4311@
kiyohitotanaka4311@
元アフィリエイター、現ライターの活動をしております田中と申します!フリーランスとしてノマド生活をしており、日本はもちろん、世界各国を放浪しています。ライターをしながら、ディレクターとしての仕事とマーケティングの仕事にも力を入れています。趣味はモンストとサッカー観戦。
このライターの記事を見る
TOP