ビジネスマインド

世界のソニーを育てた創業者!盛田昭夫とは!?

世界のソニーを育てた創業者!盛田昭夫とは!?

「ソニー」という名は、日本のみならず世界において知らない人はいないと言える企業でしょう。大手電機メーカーで、大学生が就職したい企業ランキングでも上位に入る企業です。

この「ソニー」を井深大と共に創業したのが、盛田昭夫です。

彼は、戦後の日本経済を立て直し、高度成長期の日本を支えた大企業の一役を担った人物の一人です。

今回は、この盛田昭夫についてどんな人物なのか解説していきたいと思います。

盛田昭夫とは

ソニーのカメラ

生い立ち

盛田昭夫の実家は代々続いた造り酒屋で、出生は愛知県名古屋市で1921年1月26日生まれになります。

  • 愛知県第一師範学校附属小学校(現・愛知教育大学附属名古屋小学校)
  • 旧制愛知県第一中学校(現・愛知県立旭丘高等学校)
  • 第八高等学校(現・名古屋大学)
  • 大阪帝国大学理学部物理学科

を卒業しています。

大阪帝国大学では、海軍委託学生となり海軍技術学生として海軍航空技術廠(かいぐんこうくうぎじゅつしょう)に勤務することになります。

大阪帝国大学理学部物理学科卒業後は海軍技術見習尉官として浜名海兵談に入団します。

その後横須賀の航空技術廠に勤務することになり、戦時研究委員会でのちの「ソニー」の共同創業者である井深大に出会います。

その数か月後、井深大が「東京通信研究所」を設立したことを知り、その後東京通信研究所を改組して井深と共に「ソニー」の前身である「東京通信工業株式会社」を設立し、井深大が技術面で盛田昭夫が営業面を担当することになりました。

盛田昭夫は海外でも臆することなく、リーダーシップを発揮し、チャレンジし続け日本でも誇れる「世界のソニー」まで作り上げたのです。

盛田昭夫の主な経歴

  • 1951年(昭和26年)三省堂社長の四女・亀井良子と結婚。
  • 1959年(昭和34年)ソニー代表取締役副社長に就任。
  • 1960年(昭和35年)米国にソニー・コーポレーション・オブ・アメリカを設立し、取締役社長に就任。
  • 1971年(昭和46年)ソニー代表取締役社長に就任。
  • 1976年(昭和51年)ソニー代表取締役会長に就任。
  • 1991年(平成3年)勲一等瑞宝章受章。
  • 1992年(平成4年)英国王室から名誉大英勲章およびナイト爵の称号を受ける。
  • 1993年(平成5年)11月、テニスのプレー中、脳内出血に倒れ、その後、会長の座を退き、ハワイで静養した。
  • 1994年(平成6年)ソニー ファウンダー・名誉会長に就任。
  • 1998年(平成10年)2月23日、フランスからレジオンドヌール勲章コマンドゥールを贈られる。
  • 1999年(平成11年)10月3日午前10時25分、肺炎のため東京都港区の東京都済生会中央病院で死去した。78歳没。

引用:Wikipedia「盛田昭夫」

「ソニー」について

ソニーのロゴ

「ソニー」は初の国産テープレコーダーや、携帯カセットテープ・プレイヤー「ウォークマン」、そしてトランジスタラジオなど今までになかった独創的な製品を開発、販売してその名を世界に知らしめました。

この、井深大と共に創業した「SONY」、ソニー株式会社は、現在東京都港区に本社を置き、テレビや、デジタルカメラ、といった機器から、スマートフォン、ゲーム、音楽、など多岐にわたる分野において事業を展開しています。

ソニー公式HPでは、ソニーという会社について以下のように述べています。

ソニーは1946年(昭和21年)5月、資本金19万円従業員数約20名の小さな会社「東京通信工業」(現ソニーの前身)としてスタートしました。

創業者のひとり井深大は、会社設立の目的を「技術者がその技能を最大限に発揮することのできる“自由闊達にして愉快なる理想工場”を建設し、技術を通じて日本の文化に貢献すること」と、記しています。

そして、「人のやらないことをやる」というチャレンジ精神のもと、数々の日本初、世界初の商品を打ちだしてまいりました。

引用:ソニー公式HP「歴史」

井深大、盛田昭夫が作り上げた「ソニー」という会社は、「技術者が働きやすい場所」というコンセプトから、現在でもよく聞く言葉「イノベーション」「チャレンジ」という精神が受け継がれているからこそ、ここまで世界に躍進できたのです。

今、現在もこのソニー精神に憧れて入社を希望する若者は多くいます。

2020年卒版就職企業ランキング「理系男子ランキング」では、「ソニー」が第1位となっております。

マイナビ2020 学生のための就職情報サイト

2020年卒版就職企業ランキング「理系男子ランキング」

ソニーらしさとは一体何なのか?

それが、こちらの動画「Sony’s DNA」で語られています。

盛田昭夫の主な著書

盛田昭夫の著書

盛田昭夫本人による著書も執筆されていますが、共著による著書もいくつか出版さています。

中でも石原慎太郎との共著でも知られる「NOと言える日本」はご存知の方も多いと思います。

すでに30年近く経ちますが、当時の日本の世界における状況をこの二人の切り口から語られています。

また、盛田昭夫に関する著書もさくさん出版されています。

こちらは一部抜粋したものをご紹介させていただきます。

盛田昭夫の著書

  • 学歴無用論
  • 新実力主義
  • 21世紀へ
  • MADE IN JAPAN [エドウィン・ラインゴールドと共著]
  • NOと言える日本 [石原慎太郎と共著]
  • 21世紀に向けて [デービッド・ロックフェラーと共著]
  • 憂論―日本はいまなにを考えなすべきか [松下幸之助と共著]

盛田昭夫に関する著書

  • ソニー 盛田昭夫―“時代の才能”を本気にさせたリーダー
  • ソニー創業者 盛田昭夫が英語で世界に伝えたこと
  • ソニー成功の原点―SONY SPIRIT-
  • 盛田昭夫語録
  • SONYを生んだ最大・裁量の決断!!-10万台のオーダーを蹴った盛田の決意―
  • 経営の神髄(第4巻)盛田昭夫―世界を制した帝王学
  • 盛田昭夫の自分をもっと大きくいかせー自分の“夢”を実現する男の勉強術・仕事術!

盛田昭夫の名言

盛田昭夫の名言

盛田昭夫は数々の名言を残しております。

「盛田昭夫語録」という著書も出版されていて、彼の言葉は現代の働く人々にとっても、色褪せることなく心に響き、働く社員の指標にもなることでしょう。

彼のマネジメント力の高さを物語っています。

そういった、言葉をいくつかご紹介いたします。

「誤解を恐れずに言うと、私は生意気な人が欲しい。ソニーというのは「生意気な人」の個性を殺さない会社です。思わず腹立たしくなるような生意気な人が、すばらしい仕事をする会社ですよ。そういう人たちの挑戦的な姿勢が、ソニーの原動力です。」

<1982年度新卒採用パンフレット> より

「君たち、ソニーに入ったことをもし後悔することがあったら、すぐに会社を辞めたまえ。人生は一度しかないんだ。そして、本当にソニーで働くと決めた以上は、お互いに責任がある。あなたがたもいつか人生が終わるそのときに、ソニーで過ごして悔いはなかったとしてほしい。」

<新入社員に向けての入社式のあいさつ> より

引用:ソニー公式HP「ソニー語録」

盛田昭夫語録より

  • 「黙っているほうが安全だという雰囲気は非常に危険だ」
  • 「学校の秀才が必ずしも社会の秀才ではない」
  • 「「欲がない人間」「好奇心のない人間」に用はない」
  • 「適材適所というのは自分で決めるものだ 働く場所は自分で選べ」
  • 「否定面にとらわれる人間に限って失敗の理由を一所懸命数え上げたがる」
  • 「まったく違った知識や考えを持った人とまず対話できることこそ大事だ」
  • 「相手の電波が何チャンネルに合っているかを知ってその電波を出せば、
    ちゃんと受信する それがコミュニケーションだ」
  • 「とにかく思い切ってやってみようじゃないか 間違ったらまた変えるのだ」

引用:盛田昭夫オフィシャルサイト 「盛田昭夫」語録一覧

まとめ

ソニーのカメラを持つ女性

いかがでしたでしょうか?

盛田昭夫は十数年前から現在の日本を見越していたともいえる、先見の明のある方でした。それが、いまだに現在の経営者がお手本にする経営力だと思います。

1999年にはタイム誌の「今世紀に重要であった100人」に選ばれています。

そして、ソニーを世界企業まで、成長させたその根底には「実力主義」というものがあるでしょう。

著書や語録でもあるように、学歴や秀才であるという人だけが企業にとって必要のある人間ではないと言っています。

自分と違う意見の人の話にも耳を傾け、今でいうところの、企業においての社員のモチベーションを上げるのが非常に長けていた方だった、こういうリーダーにだったら命を預けたい、そう思わせる人物だったといえるでしょう。

ソニーのホームページ、「ソニーについて」と説明されているページでは、

Values価値観

  • 「夢と好奇心」夢と好奇心から、未来を拓く。
  • 「多様性」多様な人、異なる視点がより良いものをつくる。
  • 「高潔さと誠実さ」倫理的で責任ある行動により、ソニーブランドへの信頼に応える。
  • 「持続可能性」規律ある事業活動で、ステークホルダーへの責任を果たす。

引用:ソニー公式HP「ソニーについて」

とあります。

これは、盛田昭夫がずっと提唱していた、夢と好奇心をもって仕事に取り組む「チャレンジ&イノベーション」としてのDNAが受け継がれているものだと思います。

盛田昭夫は「マネジメント」で有名な、日本のピーター・ドラッカーと言えるのではないでしょうか。

ピーター・ドラッカーについて詳しく知りたい方はこちらをチェック!

マネジメントの父と呼ばれたピーター・ドラッカーとは!?

ABOUT ME
webmarks編集部
webmarks編集部
企業や個人様のWEBマーケティング事業支援なら神奈川県・湘南茅ヶ崎のwebmarksにお任せください。SEOによる集客UP、GA解析によるCV増加などクライアントの希望を全力でサポートさせて頂きます。安心価格で丁寧なサポート、お客様の気持ちに寄り添った業務支援を心掛けています。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST