SEO(上位表示対策)

Googleで上位表示するためのSEO対策を紹介!上位表示される仕組みとは?

Googleで上位表示するためのSEO対策を紹介!上位表示される仕組みとは?

「検索結果で上位表示されるにはどんなSEO対策をすればいいんだろう?」「そもそもどんな仕組みで上位表示が決まるの?」

今回は、そういった方向けに、Googleで検索上位に表示されるまでの仕組みと、上位表示を狙うための具体的なSEO対策について分かりやすく解説します。

この記事を読めば、SEOで上位表示される流れが分かり、具体的なSEO対策を行うことができるようになりますよ。

Googleで上位表示される仕組みとは?

Googleの上位表示ページ

Webサイトやブログを管理・運営している方であれば、「Google検索で上位表示を狙いたい!」と思っている方が大半だと思います。

では、Webページはどういった仕組みで、Googleの検索結果で上位表示されるのでしょうか?

ページが公開されてから、Googleの検索結果で順位が決まるまでの大まかな流れは、以下に示す通りです。

  1. クローラー(検索エンジンのロボット)がページを見つける
  2. ページの情報を持ち帰り、検索エンジンにインデックス(記録)する
  3. 各ページの質や状況を評価し、検索結果の順位に反映する

このように、Googleがページを評価して検索結果の順位に反映されることになるので、私たちはGoogleの求めるページを作成しなければなりません

ただ、どれだけGoogleが評価するような良質なページを作成したとしても、Googleのロボットであるクローラーに発見されなければ、意味がありません

つまり、ページ自体の品質を高めながらも、クローラーが認識しやすいページをデザインしていくことが必要なのです。

ページのインデックスについて詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:SEOのインデックスとは?意味と検索エンジンとの関わりを解説

上位表示するためのSEO対策の方法

SEO対策で大切なこと

Googleが求めるような品質の高いページを作成するべきだといいましたが、品質の高いページとは、具体的には「ユーザーを第一に考えたコンテンツ」のことです。

クローラーに認識されやすく、検索エンジンに評価されやすいページを作成するだけではダメで、本質的にはユーザーが満足するものでなければいけません。

例えば、クローラーや検索エンジンがページのテーマを理解しやすいようにキーワードを盛り込むのは大事ですが、過剰にキーワードを詰め込むとユーザーに不信感を与える可能性があります。

そういったページに対しては、Googleもペナルティを課していて、順位を大幅に下落させたり、検索結果から除外したりすることもあるのです。

以下では、上位表示を狙うために、検索エンジンにとって認識しやすく、ユーザーにとっても利便性の高いページにするためのSEO対策を紹介します。

1ページに1つのキーワードを選定する

1ページ1つのキーワードを選定して、ページのテーマを1つに絞ることが、上位表示を狙う上で重要なSEO対策となります。

なぜなら、あるキーワードで検索をしたユーザーは、そのキーワードについての情報が知りたいわけで、関係のない情報は必要としていないからです。

Googleも、そういったユーザーの利便性を高めるために、1つのテーマに絞ったページを検索結果に表示します。

1ページに1つのキーワードを選定する際は、ubersuggestなどのツールを使って、実際にユーザーに検索されているキーワードを探しましょう。

SEOのためのキーワード選定

上記のように、そのキーワードで上位表示する際の難易度を考慮することで、効率よく上位表示を狙うこともできます

ユーザーが実際に検索していて、なるべく上位表示しやすいキーワードを1つ選び、そのキーワードを軸にページを作成しましょう。

キーワード選定の方法について詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:【キーワード選定方法】ヒントは日常の生活や体験に隠れています!

ユーザーの検索意図を盛り込む

何かしらのキーワードで検索をするユーザーには、そのキーワードを打ち込むことによって、悩みを解決したかったり、キーワードに関する情報を得たかったりします。

例)「コーヒー 淹れ方」
検索意図:コーヒーの美味しい淹れ方を知りたい

もちろん、このユーザーの検索意図に答え、美味しいコーヒーの淹れ方を提供すれば良いのですが、さらに深掘りすることで、検索エンジンに評価される質の高いページとなります

例えば、Googleの検索結果に表示される関連キーワードを利用すると、メインのキーワードで検索するユーザーのさらなる検索意図を把握することができます。

上位表示のために関連キーワードをチェック

関連キーワードを見てみると、「コーヒー 淹れ方」で調べるユーザーは、コーヒーを入れる際の豆や水の量、適切な道具、簡単な淹れ方なども知りたがっている可能性があることが分かります。

これらの内容も、ページに一緒に盛り込むことでユーザーの離脱を防ぎますし、またコンテンツの質を高めることができるので、SEO的にも好影響です。

ユーザーの検索意図を把握して、リッチなコンテンツを作成することを心がけましょう。

コンテンツの質を高める

コンテンツの質を高めることは、ユーザーにとって価値があるのはもちろんのこと、上位表示を狙うSEO対策としてもかなり有効です。

なぜなら、質の高いページをサイトに蓄積することで、サイト全体の評価が上がっていき、結果としてページが上位表示されやすくなるからです。

かつては、コンテンツの質が低くても被リンクを集めたり、キーワードを多く詰め込んだりするだけで、上位表示を獲得することができました。

ただ、現在のGoogleの検索エンジンは、ユーザー第一主義を掲げていて、コンテンツの質自体を重要視するようになったのです。

ページの質を高めるための、具体的な施策としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 情報の出所を明らかにして信頼性を高める
  • 実体験や経験に基づいて独自性を高める
  • ジャンルを絞って専門性を高める
  • 関連キーワードなどを確認して網羅性を高める

現在のSEOで上位表示を狙うのであれば、小手先のテクニックは通用しないので、コンテンツの質自体を高める施策を施していきましょう。

コンテンツの質が上がるライティングの方法について詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:Webライティングとは?コンテンツの質が劇的に変わる3つの手順を解説

クローラーが巡回しやすくする

検索エンジンのクローラーがクロール(巡回)しやすいサイトを作る、ということも上位表示を狙う上では欠かせません。

なぜなら、上でも説明したように、クローラーがページやサイトを認識し、その情報を読み取ることで、初めてインデックス(検索結果に反映)されるからです。

クローラーがクロールしやすいサイトを設計する、具体的なコツは以下の通りです。

  • ページ内に関連コンテンツへの内部リンクを貼る
  • SNSを活用して被リンク(外部からのリンク)の獲得を狙う

クローラーは、リンクからリンクをたどって、WEB上のページを巡回しているので、リンクを繋いでおくことは非常に重要です。

ただし、設置するリンクは自然発生的な良質なリンクでなければ意味がなく、関連性のないページへのリンクや、買って集めたリンクなどは、かえってサイトの評価を落とします

あくまで、ユーザーの利便性を考慮した内部リンク、自然に参照されることによる被リンクを設置するように心がけましょう。

上位表示するためのページ公開後の施策

上位表示のためにデータをチェック

上で紹介したSEO対策を行えば、上位表示を狙う土台は出来上がります。

ただ、適切なSEO対策を行ったとしても、公開しっぱなしでは、なかなか上位表示を獲得するのが難しいのも事実です。

なぜなら、上位表示を狙っているキーワードに対してページを作成しているのは、あなただけではないので、ライバルが増えることもあるからです。

また、Googleの検索エンジンは、日々サイトやページの評価を行っているので、順位が常に変動していきます

ここでは、さらに上位表示の可能性を高めるために、ページを公開した後に行うべき施策について、具体的に説明していきます。

検索順位をチェックする

上で説明したように、ページの検索順位は日々変動しているので、まずは、現在の検索順位がどれくらいなのか把握しておきましょう。

検索順位によってもページに打つ施策が変わってきますし、また、行った対策がどれほどの効果があったのか、また失敗したのか確認することができます。

Googleサーチコンソールでは、検索キーワードごとのあなたのサイトのページの平均順位を、チェックすることができます

上位表示のために順位をチェック

[Googleサーチコンソール]を開き、[検索パフォーマンス]→[平均順位]と進むと、上の画像のように、検索キーワードとそれに対応する順位がずらっと表示されます。

一覧の中で、順位の低いキーワード、特に11~30位くらいのキーワードに対応するページを中心に、次に紹介するテコ入れを行っていきましょう。

ページを見直し改善する

ページがなかなか上位表示されない場合、最も根本的な原因となるのが、選定したキーワードに問題があるということです。

選定したキーワードを再度確認し、以下のようなパターンに当てはまる場合は、それぞれに適した対策を打つ必要があります。

  • キーワードに対する競合が多い、または強い
  • キーワードにページ内容が合致していない
  • 検索するユーザーのニーズを満たせていない

競合が多かったり、強かったりする場合は、短時間で上位表示を狙うのは難しいです。
関連するキーワードのコンテンツを増やしたり、内部リンクを貼ったりして、専門性を高めることが、最終的な上位表示に繋がります。

また、ページ内容が合致していない場合にありがちなのが、狙ったキーワードとは別のキーワードで上位表示されるということです。
その場合は、ページタイトル見出しに含まれるキーワードの見直しが必要です。

最後に、検索するユーザーのニーズを満たせていない場合も、上位表示されにくいです。
競合のサイトや関連キーワードを確認し、キーワードを追加して、ユーザーの利便性の高いページに修正していきましょう

ブログのリライト方法について詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:ブログのリライトで成果を上げる5つのコツ

まとめ

今回は、Googleで検索上位に表示されるまでの仕組みと、上位表示を狙うための具体的なSEO対策について解説しました。

ここで紹介した内容は、Googleの検索結果で上位表示を狙うための基本事項なので、必ず押さえて、あなたのサイトやブログに活かしてくださいね。

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST