SEO対策

SEOに最適なタイトルの文字数を解説!PCとスマホそれぞれ何文字が適切?

SEOに最適なタイトルの文字数とは?

「SEO対策をする上で、タイトルの文字数って大切なの?」「具体的にタイトルはどれくらいの文字数がSEOに最適なの?」

こういった疑問を持っている方へ、SEOに最適なタイトルの文字数や、なぜタイトルの文字数が大切なのかといったことを説明していきます。

この記事を読めば、SEO対策をする上でのタイトルの文字数の重要性がわかり、適切な文字数でタイトルを設定できるようになります。

SEOに最適なタイトルの文字数とは?

タイトルの文字数どれくらいが適切?
結論からいうと、SEOに最適なタイトルの文字数は、30字~35字程度です。

なぜ、これくらいの文字数に収めなければならないかというと、検索結果に表示されるタイトルの文字数には限りがあるからです。

とはいえ、検索結果を表示する端末によっても表示されるタイトルの文字数は違うので、一概に何文字と言い切ることはできません。

以下では、PCとスマホそれぞれの端末で表示する場合の、適切なタイトルの文字数をご紹介します。

PC表示でのタイトル文字数

PCでGoogleの検索結果を表示する際は、30~33文字程度の文字数でタイトルを記述すると良いでしょう。

Google以外の検索エンジンもありますが、Googleは検索エンジン全体の国内シェアの9割程度を占めているので、Googleを意識しておけばほとんど問題ありません

Googleの検索結果ページをPCのブラウザで表示すると以下のようになります。

PCの検索結果のタイトル文字数

上の画像では、タイトルは30文字で表示されています。

PCの端末やブラウザの種類によっても多少変わってきますが、30字程度で記述しておけば問題ないでしょう。

スマホ表示でのタイトル文字数

スマホデバイスのブラウザでタイトルを表示する場合は、36~41文字程度が最適な文字数となります。

スマホからアクセスするユーザーは年々増加傾向にあるので、スマホでの表示も気にしなければなりません

具体的には、以下のような形でスマホの画面にページのタイトルが表示されます。

スマホの検索結果での文字数

上の画像は、iPhoneXの画面ですが、こちらも端末の種類やブラウザによっては表示される文字数が変動することがあります。

PC表示のことも考慮すると、タイトルの文字数は30~35字程度に抑えると両方のデバイスに対応することができるでしょう。

スマホに関係するSEO対策についてさらに知りたい方はこちら。

関連記事:ウェブサイトはスマホ対応が必須!メリットと合わせて解説します

SEOでタイトルの文字数が重要な理由

タイトル文字数はSEOで重要
SEO対策をする上で、タイトルの文字数を考慮して記述することは非常に大切です。

なぜなら、タイトルはページの概要を表す最も重要な部分だからです。

以下では、SEOでタイトルの文字数に気を付けるべき理由を深掘りしていきます。

ユーザーファースト

ページのタイトルは、検索結果を利用するユーザーの利便性に大きく影響します。

なぜなら、検索エンジンで検索をしたユーザーはタイトルを参考にすることで、検索結果に並んだページの中から最も適当なページを選ぶからです。

例えば、ページのタイトルにどれだけ有益なことが書いてあっても、文字数が多すぎて見切れてしまっていたらユーザーはそのページを選ばないでしょう。

タイトルが長くて見切れているイメージ

「コーヒー 酸味」で検索したユーザーは、コーヒーの酸味について知りたくて検索をしています。

ところが、上の赤枠で囲ったページのタイトルは、見切れてしまっていて「コーヒーの酸味」について書いてあるページかどうかイマイチわかりません。

「コーヒーの酸味」について知りたいユーザーは、わざわざそのようなページを開く必要がないので、自分の欲しい情報が書いてありそうな別のページを探すでしょう。

ページのクリック率ページ内での滞在時間はSEOにも影響があるので、タイトルの文字数を意識することはとても大切なのです。

SNSでシェアされやすくなる

サイトの外部に対して行う施策を、外部SEO対策といいますが、SNSが普及した現在では外部サイトの他にSNSも意識しないわけにはいきません。

なぜなら、ページがSNSでシェアされると多くの人の目に触れることになり、アクセスが増える他、被リンクを獲得できる可能性も高まるからです。

ページがSNSでシェアされるとページタイトルが表示されますが、検索結果に表示される場合と同様に長すぎると見切れてしまいます

SNSでのタイトル表示

せっかく大事な情報がタイトルに含まれていても、文字数が不適切なばかりに拡散される機会を逃してしまう可能性があるのです。

SNSでシェアされるところまで見越して、タイトルの文字数に気を付けておくと被リンクを獲得しやすくなるでしょう。

被リンクについて詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:被リンクって何?初心者がわかるように外部SEO対策について解説!

タイトルの文字数と同時にするべきSEO対策

文字数と一緒に気を付けるべきSEO対策
ここまではタイトルの文字数について説明してきましたが、文字数を考慮するだけではSEO対策として十分ではありません。

ここでは、タイトルの文字数と同時に意識しておくべきポイントを紹介していきます。

タイトルの文字数と合わせてこちらも押さえることで、SEO効果をより高めることができるので参考にしてください。

キーワードはタイトルの前方に含める

タイトルを設定する際は、狙っている対策キーワードをなるべく前方に含めるようにしましょう。

なぜなら、上でも説明したようにタイトルの後半は見切れる可能性がありますし、前方にキーワードが含まれていると検索キーワードとの関連性をアピールできるからです。

以下のページのようなタイトルは、タイトルを決める際の参考になります。

ページタイトルの好例

上の画像のように、タイトルの前半に対策キーワードを含めるのが基本です。

ユーザーにも、検索エンジンにも、ページの内容が検索キーワードと関連性が高いことをアピールして検索上位表示を狙いましょう。

その他キーワードの入れ方について詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:SEOの効果を高めるキーワードの入れ方は?こだわるべき理由を解説

ページ内容との整合性をとる

ページの内容とずれないように整合性のとれたタイトルを付けることも大切なポイントです。

なぜなら、タイトルにつられてページを開いたとしても、ページの内容がタイトルとずれていればユーザーはすぐにページから離脱してしまうからです。

ユーザーの離脱率が高くなるとSEOにも悪影響となります。

検索エンジンを意識することはもちろん大切なのですが、それ以上にユーザーの利便性を高めることがSEOでは大切です。

ページ内容に則したタイトルを設定し、ユーザーに好まれるようなサイト作りを目指しましょう。

オリジナルのタイトルを付ける

他サイトのページや自サイトの他のページのタイトルと被らないようにオリジナルのタイトルを付けましょう。

なぜなら、Googleの検索エンジンは検索結果に多様性を求めていて、同じ内容のページは同時に上位表示されにくいからです。

Googleもサイト運営者に対して以下のようにアドバイスしています。

各ページに固有のタイトルを付ける

サイトのページごとに固有のタイトルを付けるのが理想的です。そうすることで、サイト上の各ページの違いを Google が認識しやすくなります。サイトで別個のモバイルページを使用している場合は、モバイル版にも適切なタイトルを使用してください。

避けるべき方法:

サイトのすべてのページや多数のページにわたって 1 つのタイトルを使用する。

参考:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

同じタイトルが複数あると、Googleの検索エンジンが混乱してしまい正当な評価を得られなくなってしまいます

過去に作成したページなどを確認し同じようなタイトルにならないようにしましょう。

まとめ

今回は、SEOに最適なタイトルの文字数や、なぜタイトルの文字数が大切なのかといったことを説明してきました。

本記事のまとめは以下の通りです。

  • タイトルの文字数は30~35字程度がSEOに最適である
  • 検索結果やSNSでの表示を考慮するとタイトルの文字数は重要である
  • タイトルの文字数と同時に施策を打つことでSEO効果がさらに高まる

タイトルはページの顔であり、SEO対策においても非常に重要なポイントです。

この記事を参考に、SEO対策をする上でのタイトルの文字数の重要性を理解して、適切な文字数でタイトルを設定するようにしましょう。

タイトル以外の基本的な内部SEO対策について詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:内部SEO対策をご存知ですか!?初心者が抑えるべき7つのポイントとは

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST