SEO(上位表示対策)

SEO対策が反映されるまでの時間はどれくらい?原因や対策を解説!

SEO対策が反映されるまでの時間とは?

「自分のサイトにSEO対策を行ったけど、検索結果に全く反映されない……」「SEO対策が反映されるまでの時間ってどれくらいなんだろう?」

今回は、そういった方向けに、SEO対策が反映されるまでの時間はどれくらいなのか、SEO対策がなかなか反映されない場合の原因や対策はどういったものなのかということを、具体的に説明していきます。

この記事を読めば、SEO対策が検索結果に反映されるまでの時間が分かり、具体的な対策を行うことができるようになりますよ。

SEO対策が反映されるまでの時間はどれくらい?

SEO対策が反映されるまでの時間
SEO対策が検索結果になかなか反映されず、「一体どれくらいの時間で反映されるんだろう?」と思っている方は多いと思います。

結論からいうと、SEO対策が検索結果に反映されるまでの時間は、具体的には分かりません

一般的に1か月~6か月程度でSEO対策が反映されるといわれていますが、具体的な数字についてはGoogle側の人間にも分からないのです。

SEO対策が反映される時間について、GoogleのJohn Mueller氏も「明確なラインは設けられない」と、以下の動画で語っています。

検索結果の順位を決めている検索エンジンの、Google側の人間でさえ分からないため、私たちにはもちろん正確な時間が分からないのです

ただ、大切なのは、SEO対策が反映されるまでの時間を知ることではありません。

SEO対策を施したページを正当に評価してもらい、検索結果になるべく早く反映してもらうことが大切なのです。

以下では、SEO対策が検索結果になかなか反映されない場合の原因と、その対応策について具体的に紹介していきます。

SEO対策が反映されるまでの時間が長い原因

時間が経つのを待っている男性
SEO対策が検索結果に反映されるまでの時間が長いと、サイトやブログを運営していて不安ですよね

具体的に対策を打ってから1か月~6か月以上経っている場合は、まずここで紹介する原因が、あなたのブログやサイトに当てはまっていないか確認してみて下さい。

原因がわかれば適切な対策を打って、SEO対策が反映されるまでの時間を短くすることができます。

また、原因によっても行うべき対策も変わってくるので、原因を特定することは大切です。

あなたのサイトの現状を頭に入れながら、以下の原因をチェックしていきましょう。

クローラーがページに巡回しにきていない

クローラーが、あなたのサイトのページに巡回してきていないために、SEO対策の効果が反映されるのが遅れていることも、原因として考えられます。

なぜなら、クローラーがページに巡回しに来なければ、そもそも検索結果にそのページが並ぶことがないからです。

公開したページや、更新したページが検索結果の順位に反映されるまでの流れは、以下の通りです。

  • クローラーがあなたのサイトのページを見つける
  • クローラーがあなたのサイトの情報を持ち帰りインデックス(検索結果に反映)する
  • 検索エンジンがその情報をもとに検索順位を決める

このような流れで、検索結果の順位が決まるため、まずはクローラーにページを見つけてもらうことが何よりも大事なのです。

順位が低いなどの問題以前に、検索結果に全くページが表示されないという場合は、クローラーがページに巡回しにきていないかもと疑ってみてください。

インデックスについて詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:SEOのインデックスとは?意味と検索エンジンとの関わりを解説

ビッグキーワードを狙っている

ビッグキーワードとは、検索ボリュームの大きいキーワードのことです。

キーワード選定を想定している場合、基本的には、1ワードで構成される単一のキーワードと言い換えられます。

SEO対策を適切に講じていたとしても、ビッグキーワード(検索数の多いキーワード)を狙っている場合、検索結果で上位表示されるのは難しくなります

なぜなら、ビッグキーワードは検索数が多いので、その分競合サイトが多く、また強い傾向があるからです。

どれだけ良いコンテンツを作ったとしても、競合が多くて強ければ、検索結果で上位表示を狙うのが難しいのは当たり前です。

SEO対策は適切に行っていて、検索結果には表示されているけど、なかなか順位が上がってこないという場合は、ビッグキーワードを狙っていることが原因かもしれません。

SEO対策が反映されるまでの時間を早める対策

反映時間を早めるSEO対策
上で説明した原因に、あなたのサイトのページが当てはまる場合、適切な対策を講じることでSEO対策が反映されるまでの時間を早めることができます

ここでは、そんなSEO対策の効果が反映されるまでの時間を早めるための対策を、具体的に紹介していきます。

あなたのサイトが抱えている上述の原因に合わせて、以下の対策を活用し、SEO対策の反映時間を縮めていきましょう。

インデックスをGoogleにリクエストする

そもそもページが検索結果に反映されていない場合は、インデックスをGoogleにリクエストするという対策を行いましょう

ページのインデックスをGoogleにリクエストすると、クローラーがページを巡回しに来てくれるようになります。

具体的には、Googleサーチコンソールを利用して、以下のような手順でインデックスのリクエストを送信します。

URL検査
  • Googleサーチコンソールにアクセスする
  • [メニュー]→[URL検査]と進みインデックスして欲しいページのURLを貼り付ける
  • [インデックス登録をリクエスト]のボタンを押して完了です

この流れに沿ってインデックスのリクエストを行えば、クローラーがページに巡回しに来てくれるようになります。

ただし、あくまでリクエストを行うだけなので、必ずインデックスしてくれるかどうかは分かりません

インデックスされる可能性をさらに高めたい場合は、次に紹介する施策も同時に行いましょう

XMLサイトマップを送信する

Googleの検索結果になかなかインデックスされない場合、XMLサイトマップを送信することで、クローラーがサイト内を巡回しやすくなります

なぜなら、XMLサイトマップは、サイト全体の構造を示したものであるため、クローラーが参照することで、サイト構造を把握できるからです。

XMLサイトマップは自分で作成し、Googleサーチコンソールで送信することもできますが、ややこしいのでワードプレスのプラグインを使用するのがおすすめです。

「Google XML Sitemapsプラグイン」

  • XMLサイトマップを作成できる
  • 自動でサイト情報を更新してくれる
  • 詳細な設定を簡単に行える

ワードプレスを使用してサイトやブログを運営している方であれば、こちらのプラグインを利用するのが良いでしょう。

XMLサイトマップをGoogleに送信し、クローラーがサイトを巡回しやすくすることで、サイトのページのインデックスを促進することができます。

ロングテールキーワードを狙う

ロングテールキーワードとは、検索ボリュームの小さいキーワードのことです。

キーワード選定を前提としている場合、2語以上のキーワードと言い換えてもいいでしょう。

SEO対策を適切に行っていて、検索結果には反映されているけど、なかなか順位が上がってこないという場合は、このロングテールキーワードを狙ったページを作成しましょう

なぜなら、ロングテールキーワードは、2語以上のキーワードから構成される複合キーワードであるため、範囲が限定されて検索ボリュームが少なくなるからです。

検索ボリュームが少なければ、一般的にはそれに比例して、競合サイトも少なくなります

ビッグキーワードとロングテールキーワードの検索ボリュームの比較は、以下の通りです。

例)「コーヒー」
ビッグキーワード:
「コーヒー」→約 589,000,000 件

ロングテールキーワード:
「コーヒー 歴史」→約 66,600,000 件
「コーヒー 歴史 アメリカ」→約 11,700,000 件

このようにキーワードが、2語、3語と増えるにしたがって、検索ボリュームが少なくなります。

検索意図が具体的になり、競合サイトが減ると考えられるので、上位表示を狙いやすくなるのです。

サイト全体の評価が高まれば、ビッグキーワードでの上位表示も狙いやすくなります。

まずはロングテールキーワードを狙って検索順位を上げ、サイト全体の評価を高めることを優先しましょう。

まとめ:SEOの反映時間を早めるためには地道な対策を

今回は、SEO対策が反映されるまでの時間はどれくらいなのか、SEO対策がなかなか反映されない場合の原因や対策はどういったものなのかということを説明しました。

一般的に、SEO対策の効果が表れ始めるのは、1か月~6か月といわれています。

ただし、これもあくまで一般論に過ぎず、Googleが公表しているわけではないので、確実な反映時間はわかりません。

この記事を参考にして、SEO対策が検索結果に反映されるまでの時間が長い場合の原因を明確にし、具体的な対策を行うようにしましょう。

そもそもSEO対策とは何なのか詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:SEO対策って一体何なの?初心者でもわかるように解説します!

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST