SEO(上位表示対策)

SEO対策に効果的な文章の書き方とは?6つのポイントをご紹介

seo対策に効果的な文章の書き方とは?具体的な対応策もご紹介

Webサイトを運営していくうえで、文章を書く作業はその大部分を占めてきます。そしてその文章の書き方次第で、SEO対策の効果も大きく変わってきます。

今回は、SEO対策に効果的な文章の書き方について詳しく説明します。

SEOを意識するならタイトルは最重要!

記事が読まれるかどうか、タイトルで決まると言ってもいいほど重要なものです。さらに、Googleの検索結果から選ばれるかどうかもタイトルで決まります。

  • キーワードを盛り込んだタイトルになっているか
  • 適度な長さを保っているか(短すぎない、長すぎない)
  • 誰が読んでもわかりやすい表現になっているか(専門用語は極力使わない)

このあたりが、タイトルを選定するために必要になる部分です。

タイトルの文字数は「25~32文字」程度が良いです。理由は「Googleの検索結果に表示される文字数は32文字程度」だからです。

長すぎるタイトルは漫然としたイメージとなり、読み手に伝わりにくい印象があります。Webサイトの検索結果を見た後、読み手は瞬間的に「このサイトは有益かどうか」の判断を下して、有益とみなされなければ訪問してもらえません。タイトルの重要性は非常に高いのです。

項目(目次)を系統立てて考える

項目、目次を整えた記事にまとめることが大切項目は本で言う目次にあたります。ビジネス書籍を読んでみると参考になりますが、伝えたいことを理論的にまとめてあり、項目ごとにテーマを決め、その中で伝えるようにしています。

項目を分けることで読み手に全体像をイメージしてもらいやすくなります。また、文章を書く立場から考えても、項目が体系的に組み立てられていれば文章全体の展開をイメージしやすく、無駄の無い文章を書くことにつながります。

もしお手元にビジネス書籍があれば、一度手にとって目次を見てみると参考になることが多くあるはずです。

区切り、改行は読み手の呼吸を意識する

読み手のことを考え、読みやすい文章にするために大切なポイントです。

インターネットの掲示板や質問サイトなどで見かけますが、文章を10行、20行と改行せず、さらに連続で書き連ねたものがあります。これはすごく読みにくくなります。

細かいところまで推敲してから投稿する、とまでは言わなくても、ある程度「言いたいことの区切り」「文章の一呼吸」というイメージでメリハリをつけてあげないと、とても読みにくい文章になってしまいます。

よくあるのは「書いた本人は普通に読めるから大丈夫」という思い込みです。大体、本人はどんな複雑に書いてあろうが、自分が書いた文章なのであまり気にならないものです。読み手の立場になって文章構成を考えたいものです。

また、改行についても同様で、インターネットでは作文を書くのと違い、こまめに改行をいれてあげると読みやすくなります。作文のルールとは違う、インターネット独自のルールを把握して書いていくことも必要です。

句読点をバランスよく打つ

読み手を意識した記事を心がけることが大切これも作文的な話と関係しますが、句点、読点の位置とその量も重要です。ためしに以下の文をご覧になっていかがでしょうか?

【今から全く句読点と改行のない文章を書いてみたいと思います、こういう文章はあまり書いたことがありませんので句読点を打ちたい欲求と戦いながら今必死になって打たないようにして書いています、ここで改行したいですが改行は許されていませんので改行もできません、読点はさすがに必要最低限の箇所で打たないと文章として成り立たないので本来は句点を打ちたいところですが読点でやり過ごしています、さあどうでしょうかこの文章は、ものすごく読みにくい文章になったと思いますがいかがですか?】

ご覧の通り、自分で書いてて嫌になるほど、読みにくい文章が出来上がりました。もちろん、ここまで極端な文章を記事にしてくる人は稀だと思いますが、本質的には同じことです。句読点、改行が少ないと読みにくくなるというのは一目瞭然です。

逆に、読点が「微妙に多い」文章も読みにくくなります。読みやすさを意識するあまり逆に読点が微妙に多くなってしまい、読みにくくなってしまいます。

このあたりはバランスを意識して書いていきたいものです。

結論から入る構成が読み手の興味をひく

記事全体の構成を考えて文章を書くことが大切
まずは結論から入ること。ダラダラと長く引き延ばした挙句、最後にははっきりとした結論が出ないページ…あなたはそんなサイトを読んでみたいと思いますか?

ただでさえ、Webサイトの閲覧はそのスピードが速くなっています。少しでも「このサイトは有益ではない」と判断されれば、読み手に離脱されてしまう恐れがあります。

まず訪問者の興味を引くためにも結論は最初に提示すること。その後に、詳しい説明を続けていくべきです。

文章の内容次第でSEOの効果が変化する

ここが最も重要な部分となります。いわゆる「コンテンツ」そのもの、Webサイトを構成する本質的な部分です。

ここまで書いてきたポイントのどれもが、内容が伴ってこそ意味のあるものとなります。いくら体裁を整えたところで、内容がしっかりとしたものでなければ価値のあるWebサイトには育てることが難しくなります。

  • 何を伝えるのか?
  • 誰に伝えるのか?
  • どんな切り口で伝えるのか?

そういったことを常に考え、価値ある良質なコンテンツとして育てていくことが大切です。
そのためには、一度書いた記事はそれで終わりではなく、必要に応じてリライト、加筆修正を行っていくことも欠かせません。

特にWebに関係する記事など、トレンドの移り変わりの早い内容であればなおさらです。1年前に書いた内容が既に古く、使い物にならないこともしばしばあります。

まとめ

いかがでしょうか?
ここまでのまとめとして、文章を書くためのポイントを一言で言えば「訪問者が読みやすい文章を意識して書く」ということになります。

SEO対策は検索エンジンから評価を得るために必要ですが、一番大切なのは、検索してサイトに訪問してくれた人のためになる記事を書くことなのです。

【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST