SEO(上位表示対策)

SEO対策の効果が出るまでの期間は?効果が出ない場合の対策も解説!

Webサイトを運営されている方にとって、「SEO対策の効果が出るまでの期間がどのくらいなのか?」とても気になることではないでしょうか。

今回の記事では、SEO対策の効果が出るまでの期間と、その期間を縮めるための方法についてご説明いたします。

SEO対策の効果が出るまでの期間

SEO対策のイメージまず、Googleでは公式に「記事を書いてから○○の時間で検索結果に反映されます」
というアナウンスを出していません。

少なくとも、ある一定の期間は必要になると考えるべきです。

私の感覚では、少なくとも1ヶ月、長ければ3ヶ月~の時間が必要になると感じています。
そこには様々な要因が関係してきます。

新規ドメインと既存ドメイン

ドメインのイメージWebサイトのドメインが新規で取得したものなのか、或いは元々存在していたものなのかによっても差が出てきます。

ドメインというのは、「.com」や「.jp」といった部分を含めたURLのことです。このURLによってWebサイトの場所が決まっています。

ドメインは世界中で一つしかないものです。

ドメインを新たに取得した場合、これから認知されていくものとなりますので、Googleの検索結果に反映されるのに時間を要する傾向にあります。

一方、既存のドメインを使い新たに記事を投稿した場合は、新規ドメインに比べてGoogleの検索結果に反映されるのは早くなる傾向にあります。

ドメインの運用歴もSEOに影響を与える

既存ドメインであっても、取得されてからどのくらいの時間が経っているのかによってもGoogleの評価が変わってきます。

現在、世界中には20億ほどのWebサイトがあると言われ、今この瞬間も世界中で次々と新しいサイトが生まれ続けています。

そんな状況を考えれば、新しいサイトがそのまま検索結果に反映されることは考えづらく、どうしても運用歴の長いサイトが有利になります

特にビジネスサイトであれば、長く運営しているドメインのほうが新規ドメインよりも、Googleからも読者からも信頼を獲得されやすい傾向にあります。

SEO対策では競合の量や質も深く関係している

競合の数はどのくらいか?同じく重要なことは、記載した情報の競合がどのくらい存在するか?という点です。

分かりやすい例で、「どこかでランチのお店を探す」ことを想定してみましょう。

まず日本で一番人口の多い、東京都で検索してみます。340,000,000件出てきます。

東京のランチマップ
次に、人口の少ない鳥取県の場合は45,500,000件出ました。東京都と比べ7倍ほどの差が有りますね。

鳥取のランチマップ
ここまでは都道府県単位でしたが、参考までに市町村も付け加えておきます。最も人口が少ないとされている、北海道歌志内市の場合は、149,000件でした。

北海道のランチマップ
参考:日本の市の人口順位(Wikipedia)

東京には日本の人口の1割が住んでいるわけですし、東京駅、新宿駅、池袋駅、渋谷駅、品川駅…と主要な駅が数多くあります。それだけ、ランチの場所も限りなく存在します。

「東京でこれからランチのお店を開こう!」と考えている人にとっては、たくさんの課題がありそうです。

その反面、人が多くいるわけですから、ビジネスチャンスは確実に存在するはずです。問題は、それをどうつかめるか。

逆に人口の少ない場所では、競合は少なくなりますが、その分ニーズも少なくなる。
その少ないチャンスを確実にものにすることが大切になってきます。

このように、元々の競合が少ない情報に関してのWebサイトを作れば、たとえ新規ドメインであったとしても、SEOの効果が早く発現されることが期待できます。

競合の数とニーズ。そのあたりのバランスを見極めることが重要になってきます。

SEOの効果が出ない!何か対策はある?

ライティングのイメージ折角記事を書いても、なかなか効果が出ず、検索上位に上がってこないとすれば何らかの対策を考える必要があります。

以下、その原因と対策についてお伝えします。

【理由】同じような情報の記事が氾濫している
【対策】コンテンツを見直す

何かを調べようとインターネット検索をした際、同じようなことが書いてあるページが多く表示された。そんな経験はありませんか?

上述のように、Webサイトの数は増え続けています。それだけ、他の誰かが目をつけそうな情報というのは、どうしてもページの数が増えてしまう傾向にあります。

ですからある程度、似通った内容になってしまうのは仕方ないと思われます。同じ人間ですし、新発明を次々と生み出せるようなことは現実的に難しいですよね。

対策としては以下のようになります。

  • 他のページにはない独自の視点からの情報を載せる。
  • 似たような説明、結論だとしても、より深く掘り下げて考えてみる。
  • 一人の意見ではなく、大勢の意見をアンケートでまとめてみる。

【理由】文章が無駄に長すぎる
【対策】全体的な構成を見直す

意外と少なくないのがこの形です。LP(ランディングページ)などでも多くありますが、何が言いたいのかなかなか結論が出てこず、冗長な構成のページを見せられるパターンです。

現在、SEO対策では文字数はそれほど重要視されていないという考え方が主流になりつつあります。

対策としては以下のようになります。

  • 結論を早めに提示できるようにする
  • 文章構成を見直して読みやすい内容にする

【理由】文章が読みにくい、誤字脱字が多い
【対策】文章を見直す

これは単純な理由ですが、シンプルに読みにくい文章になっている場合です。

誤字脱字を気にする人は多く、その印象でサイトへの信頼性も影響が出る可能性があります。常に正確な表現で記載することを心がけたいものです。

対策としては以下のようになります。

  • 誤字、脱字が無いか見直す
  • 「ですます調」「である調」かを統一する
  • 接続詞、副詞が不自然な使われ方をしていないか

まとめ 最終的には来てほしい人に読まれる記事を

SEO対策の効果が出るまでの期間は、ある程度の期間を見ておく必要があります。
そしてその中でも、何よりも文章の内容を良いものにしていくことが最も大切です。

誰に来て欲しいのか?
どんな人に読んで欲しいのか?

そのことを常に念頭において記事を書いていくことが、結局のところ、コンテンツの質を高める最も有効な手段であり、その結果としてSEO対策の効果も早く発現してくるでしょう。

【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST