SEO(上位表示対策)

SEOに強いHTMLタグの構造とは?最適化するための方法を紹介!

SEO対策のためのHTMLタグの使い方とは?

「SEOとHTMLタグの関係ってどうなってるの?」「SEOに最適化したHTMLタグの使い方を知りたい」

今回は、そんな方のために、SEOに強いHTMLタグの構造と、HTMLタグをSEOに最適化する方法を具体的に解説していきます。

SEO対策をする際に、HTMLタグをどうやって使えばいいのか、よく分からないと感じている方は必見です。

SEOに強いHTMLタグの構造とは?

HTMLとデバイスの画面
SEOに強いHTMLタグの構造とは、端的にいえば、検索エンジンの順位を決めるクローラーというロボットが、理解しやすいような記述のことです。

つまり、分かりやすく簡潔なHTMLの記述をすることが大切になります。
なぜなら、クローラーはページを評価する際に、HTMLの記述を読んでページの内容を認識しているからです。

HTMLタグの本来の使い方に準拠して、適切に用いることで、クローラーはページの構造を読みやすくなります

以下では、HTMLタグをSEOに最適化する方法を、具体的に解説していきます。

HTMLタグをSEOに最適化する方法

SEO対策で大切なHTMLタグ

SEOに最適化されたHTMLの使い方をするには、まずは、特に重要なHTMLタグを意識して使うことがポイントとなります。

SEOに最適化する上で、重要なHTMLタグは以下の通りです。

  • タイトルタグ
  • ディスクリプションタグ
  • 見出しタグ
  • alt属性
  • アンカータグ

これらのHTMLタグは、検索エンジンに対してページの情報を示す上で重要なHTMLタグで、またページのユーザーの利便性を高めることにも繋がります。

Googleは、ページの検索順位を決める要因として、ユーザーの利便性を第一に掲げているので、ユーザーの利便性にも影響するHTMLタグを適切に利用することは大切です。

検索エンジンに対して理解しやすいHTMLの使用を心がけながら、ユーザーに対しても分かりやすいページ構造にしていきましょう。

タイトルタグ

タイトルタグ(title タグ)とは、その名の通り、ページのタイトルを示すタグです。

タイトルタグは、ワードプレスやその他の無料ブログなどを利用している場合は、タイトル欄に打ち込めば、自動的に設定されます。

タイトルのHTMLタグ

タイトルタグをSEOに最適化するためには、キーワード選定と、その選定したキーワードのタイトルへの含め方が、重要なポイントです。

  • 1ページに1キーワードを選定する
  • 左詰めでキーワードを含める
  • 本文の内容との整合性をとる
  • 30字前後で簡潔にまとめる

タイトルは、検索エンジンがページの内容を確認する際に、一番始めに参照するポイントなので、ページの内容を端的かつ正確に表すことが大切です。

検索キーワードを含めて、Googleにページが検索キーワードと関連性が高いことをアピールしつつ、SEO効果を高めましょう。

記事のタイトルの付け方を知りたい方はこちら。

関連記事:絶対に読まれる記事タイトルの付け方!5つのポイントを解説します

ディスクリプションタグ

ディスクリプションタグとは、ページのメタディスクリプション(meta description)を記述するためのHTMLタグのことを指します。

Googleの検索結果画面には、ページのタイトルがずらっと並びますが、そのページタイトルの下に記載されているページの説明が、メタディスクリプションです。

SEOで大切なディスクリプションタグの例

メタディスクリプションは、ユーザーがページを選ぶ際の1つの要因になり、特にページのクリック率に大きく影響を与えます

SEOに最適化したメタディスクリプションを記述するポイントは、以下の通りです。

  • 前半に検索キーワードを含める
  • 110字程度で簡潔に記載する
  • タイトルとの整合性をとる

メタディスクリプションは、ページの内容を表す役割があるとともに、検索結果でタイトルと一緒に表示されるので、タイトルとも合わせる必要があります。

また、メタディスクリプションは長すぎると、検索結果画面で見切れてしまうことになるので、なるべく簡潔に分かりやすく記載することを心がけましょう。

見出しタグ

見出しタグ(hタグ)は、その名前の通り、ページのコンテンツ内の見出しを表すHTMLタグです。
見出しタグには、h1~h6まで階層があり、これらを順番に使うことが求められます。

サイト運営初心者によくありがちな失敗として、見出しタグを太字や大きいサイズの文字のように、文章の装飾として使ってしまうということがあります。

この使い方はNGです。なぜなら、見出しタグには「これは見出しですよ」という情報が含まれていて、検索エンジンに見出しとして認識されるからです。

見出しタグ(hタグ)のSEOに最適化された使い方は、以下の通りです。

見出しのHTMLタグ

このように、見出しタグは本文の内容を表す見出しとして使用するとともに、適切な階層構造となるようにh1~h6の順番で設置する必要があります。

また、大見出し(h2タグ)には、上記のように検索キーワードを含むことで、検索エンジンに対して検索キーワードとの関連性をアピールすることができます。

検索エンジンがページの情報を読み取りやすくなるよう、見出しタグはその用途通りに、適切に使用しましょう。

alt属性

alt属性は、別名imgタグともいって、画像が何らかの理由で利用できない場合に表示される、代替テキストを記述するためのHTMLタグです。

alt属性を設定することは、検索エンジンにページを評価してもらう上で重要です。

なぜなら、検索エンジンは画像の情報をそのまま認識することが苦手で、ページの情報も記述されたテキストを中心に理解しているからです。

また、目の見えない人が、ページの音声読み上げを利用する際にも、このalt属性が参照されるので、ユーザーの利便性を高めることにも繋がります

alt属性は、具体的には、以下のようなHTMLタグで記述することができます。

画像のHTMLタグ

この他、ワードプレスや無料ブログといったサイト作成のサービスを利用している場合は、画像を挿入する際にalt属性を設置できるようになっていることがほとんどです。

alt属性は、必ず記述するようにして、SEOに最適化した方法で画像を使用するようにしましょう。

アンカータグ

アンカータグ(aタグ)には、リンクのURLに、代替テキストを記述する役割があります。

リンクを単なる英数字の羅列にしておくのではなく、代わりにテキストを表示することで、リンク先の内容を、前もって把握することができます

アンカータグを設置することの具体的なメリットは、以下の通りです。

  • ユーザーがリンク先に興味を持ちやすくなりクリック率が上がる
  • 検索エンジンがリンク先の情報を認識しやすくなる

アンカータグのHTMLコードは、以下のように記述します。

SEO対策のためのアンカータグの付け方

このように、リンク先のページタイトルや、重要なキーワードを含んだテキストを設定することで、検索エンジンにとってもユーザーにとっても、わかりやすいページとなります

また、そのページと関連性の高いリンクを設置した上で、アンカータグにキーワードを含むと、検索エンジンに関連性の高さをアピールできるので、SEOにもより効果的です。

装飾のHTMLタグはCSSにまとめる

HTMLタグとCSSタグ

文章中の文字装飾をする際、HTMLタグは、基本的にCSSにまとめましょう。

なぜなら、不必要にHTMLタグを乱用すると、ページの記述がごちゃっとして、検索エンジンがページを認識する際の妨げとなるからです。

CSSを使用すると、HTMLタグでそのまま記述するよりも、コードを簡潔にすっきりさせることができます

CSSで文字装飾をおこなうことで、HTMLの記述を簡潔にして、検索エンジンがページの情報を理解しやすいようにしておきましょう。

まとめ

今回は、SEOに強いHTMLタグの構造と、HTMLタグをSEOに最適化する方法を具体的に解説しました。

SEO対策を行う上で、HTMLを最適化して記述することは、非常に重要なので、こちらを参考にして、あなたのサイトに取り入れてみてください。

SEO対策を基礎から知りたい方はこちらをチェック

関連記事:SEO対策って一体何なの?初心者でもわかるように解説します!

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST