SEOは今後どうなる?次世代のWebマーケターがやるべき対策とは

育成プログラム
SEO対策ってなに?

28こんにちは。WEBMARKSマーケティングスクールのけいたです。今回の記事は

  • Webマーケターとして働きたいけどどのようなことに気を付ければいいんだろう
  • フリーランスとして働きたいけどWebマーケティングは今後どうなるんだろう

このように考えてる方に読んでもらいたい記事になります。

いまWebマーケティングにおいてSEOを取り巻く環境は大きく変化しています。このような変革期に駆け出しのWebマーケターが知るべきSEOの今後について解説していきます。

そもそもSEOとは

SEOとは「Search Engine Optimization」のことで、日本語では検索エンジン最適化と呼ばれ、自分たちが運営しているウェブページの質を高めることでGoogleやYahoo!などの検索エンジンから評価をもらい、検索エンジンで狙ったキーワードで検索結果の上位に自分のサイトが表示されるように最適化させることを言います。

これらの最適化させるための施策をSEO対策と呼ばれています。下記のリンクではSEO対策の代表的な施策を知ることが出来ます。

過去のSEO対策

一昔前のSEOでは目標キーワードを文章に多く含めて被リンクを大量に貼り付ければ上位表示できてしまう時代もありました。

これは被リンクがたくさんあるということは多くのサイトから評価されている良いサイトだと評価するアルゴリズムが検索ロボットにあったからです。

他にも検索してもらいたいキーワードをページ上に多く載せるほど検索ロボットから高く評価されていたので、キーワードをわざとユーザーには見えないようにした隠しテキストをページ上に過剰に詰め込むことで評価をもらい上位表示する方法もありました。

しかし現在Googleの検索ロボットは急速に進化を遂げています。

そのためGoogleのアップデートにより過去に有効だったSEO対策の効果がなくなり、特に上記のような手法は「ブラックハットSEO」と呼ばれ、現在この手法を使うとGoogleからペナルティをもらうことになります。

下記の記事ではペナルティをもらう恐れがある一昔前のSEO対策を紹介しています。

進化する検索ロボットとSEO

Googleの検索ロボットが発達したことで、上記のようなテクニック寄りのSEO対策だけのサイトは表示されなくなりました。

逆に私達が知りたい疑問に対して的確な答えが書かれてるサイトが上位表示をするという「本質的」なアルゴリズムになってきています。

これはWebマーケターからすれば凄く嬉しいことでもあります

なぜなら小手先のテクニックではなく、人の役に立つサイトを制作して正しい対策をすればおのずとSEOの結果がでるからです。

また検索ロボットが更に発達することで我々Webマーケターが施策を打たなくても本当に良い情報を書いてるサイトを自動で上位表示出来てしまう時代がもうすぐそこに来ているのではないかと考察しています。

コンテンツSEOは今後どうなっていくのか

一昔前はテクニカルな内部SEO対策をすることがSEO対策と呼ばれていました。Googleなどの検索エンジンは今よりもサイトを評価するアルゴリズムが単純だったからです。

なので「タイトルタグに目標キーワードを多く設定する」「ページに目標キーワードを大量に書く」などの、内部SEO対策をやるだけでも順位を大幅に上昇させることも可能だったのです。今ではこの施策はブラックハットSEOになります。

しかしGoogleのアップデートにより複雑なアルゴリズムに進化したため、今までのような内部SEO対策より「ユーザーの疑問を解決する情報が載っているコンテンツ」がSEOにおいて重要になってきています。

下記の記事では現在の代表的な内部SEO対策を紹介しています。

【Googleが掲げる理念】内部SEOからコンテンツSEOへ

なぜここまでコンテンツ重視になってきているのかというとGoogleが掲げる理念にユーザーの利便性を第一に考えるというものがあるからです。

Googleで検索するユーザーの大半は、問題や疑問を解決したい時に検索するかと思います。その検索された問題や疑問の解決方法が乗っているコンテンツはGoogleからしたら検索してきたユーザーをサポートしてくれるビジネスパートナーという立場になります。

なので良質なコンテンツを制作することGoogleに評価され上位表示につながるのです。

Googleの企業理念であるGoogle が掲げる10の事実において

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてく

という文言が一番上にきていることからユーザーのためのコンテンツが重要なのは明らかです。ただ、今まではコンテンツの内容は重視してなかったのかというとそんなことはなく、このGoogleのユーザーファーストの理念は昔からありました

検索エンジンの発達とともにサイトの質をより分析できるようになったことで近年はユーザーのためのコンテンツを作ることがSEO対策になってきているのです。

コンテンツSEO対策ができるマーケターになろう

検索ロボットがより進化すると、コンテンツの内容の薄いサイトはSEO上位表示が難しくなっていきます。そのため今後のSEO対策において、より記事の質とコンテンツの内容が重要になります。

そしてこれらのSEO業界はそのような質の高いコンテンツの記事設計ができるWebマーケターが重宝されるようになっていくでしょう。

内部SEO対策は今後どうなっていく?

これからのSEOは間違いなくコンテンツ重視になっていきます。それに伴い今まで主流だった内部SEO対策の知識は必要なくなるのでしょうか?現段階で内部SEOの需要は非常に高いです。

 

ただ、一昔前のような「検索順位を上げる」ために内部SEO対策をするというよりは「検索順位を下げないようにする、下がったものを戻す」ために内部SEO対策をする方向に変わってきています。

これは車でいうと車検のイメージで、サイトのメンテナンスにあたるため引き続き内部SEO対策の知識は必須になります。

今後のSEO対策でやるべきこと

今後のSEO対策はどのように変化するかをまとめると

  • 「コンテンツの”質”」が評価基準となる
  • 検索エンジンが進化するほど、「他よりも優れたコンテンツ」でなければ上位表示できなくなる
  • コンテンツを設計できるWebマーケターの需要は上がる

今後のSEOはシビアになっていくがその分WEBマーケターの価値も更に上がっていくと思われます。

エモーショナルマーケティングとは?

更にGoogleアルゴリズムが発達すればAIが質の高いコンテンツを自動で設計してくれる時代が来ると思います。
AIに負けないためには感情マーケティング、すなわちエモーショナルマーケティングが必要になると思っています。

感情マーケティングの事例

例えば全く同じビールを同じ値段で売ってるバーが2店あったとします。

  • A店では入店の際「お客さん」と呼ばれる
  • B店では入店の際「けいたさん」と呼ばれる

多くの方がB店に【嬉しい】という”感情”がわくとおもいます。

もしこのB店が高級店で恋人と入店した際に自分の名前を呼ばれたら、その恋人に対して自分は高級店に名前を覚えられるほどお金を持っているというアピールが出来て「優越感」という感情がわくでしょう。

再来店する際、A店とB店で同じ商品で同じ値段なら上記の“感情”をもう一度味わうことができるB店に行く人が多くなると予想できます。以上のことからから

  1. 店舗やサイト内でユーザーに”なってほしい感情”を決める
  2. その”なってほしい感情”を細分化する。例えば「嬉しい」だけじゃなく「なぜこれが嬉しいという感情になるのか」を分析し、その感情になるような施策を実行する。

これが感情マーケティングになります。上記のようなロボットが理解できない人間の”感情”にマーケティングしていく事が近い将来SEOにおいても重要になるでしょう。
そしてこれらのロボットにはできないSEO対策はより価値を増していくと考えられます。

エモーショナルマーケティングついて解説されているページと参考書籍は下記のリンクになります。

コンテンツSEOが学べるスクール

これからWebマーケティングを目指す方はコンテンツSEO対策の知識が非常に重要になってきます。企業がIT化を進める中で

自分もコンテンツSEO学んでWEB担当として働きたい。フリーランスのWEBマーケターとして働きたい

そう思ってる方もいるかと思います。

しかし現在、広告運用を学べるWebマーケティングスクールは多いですが、SEOを重点的に学べるWebマーケティングスクールが殆どないのが現状です。

WEBが全く未経験の人には独学するにも何からてをつければ良いのかわからないかと思います

WEBMARKSのWebマーケター養成スクールのご案内

WEBMARKSが運営するWebマーケティングスクールはこれから標準概念となっていくコンテンツSEOを学ぶことができ、フリーランスとしても独立できるスキルを3ヶ月で習得することができます。

【おすすめ】Webマーケティングスクール!未経験・初心者から3ヶ月でWebマーケター!

現在WEBMARKSマーケティングスクールでは早期申込特典や就職コースでの就職お祝い金100,000円が付与されるなどのキャンペーンを実施しております。

この機会に最先端のWebマーケティングを学び次世代で活躍できるマーケターになりましょう。

この記事を書いた人
英賀 啓太
英賀 啓太
タクシー運転手→YouTubeのビジネスインフルエンサーに感化されIT系を志す→職業訓練校を経て個人デザイン会社でDTP制作とデジタルサイネージ広告の映像制作をやりつつWEBMARKS『オンラインWebマーケター育成プログラム』第2期生としてWebマーケティングを学ぶ。
このライターの記事を見る
TOP